子どもたちは完璧なママがほしいのではありません

きれいな部屋が嬉しいのではありません

ただママに笑顔でいてほしいだけ

だから、もう一人で頑張らないで。力をぬいて。

家族を味方につけ楽しく片づける
「勇気づけのお片づけⓇ」の“コツ”学びませんか?


2017年04月26日

039.gif伊勢丹新宿店で成長と自立をサポートする託児(0歳〜2歳)やってます

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

ここのところ
子どもがらみの投稿が続きました。

我が家の娘たちは
ある程度大きくなってきたので

乳幼児の頃の育児を忘れつつあります・・(^^ゞ


昨日も、
幼稚園での講演のご依頼をいただきましたが

忘れた感覚で、誰かにお話しするのだけは避けたい。

片づけノウハウや
コミュニケーション方法を
机上の空論にしたら意味がないと思うんですね。

アドラー心理学は実践あっての
心理学ですから!


しかも、
私が赤ちゃん育児をしていた頃と
今育児をしている方では

抱っこひももベビーカーの形も、
子どもたちが興味を持つおもちゃも違います。


「今」を知っていることも必要だし
「男の子」の生体を観察したい気持ちもあって
(うちは女の子だから・・)

伊勢丹新宿店が行っている
ココイクベビーパークという託児施設で
託児のスタッフとして、働きながら研究をしています。

20170426.jpg

今日も、2歳の男の子と
本気で遊んできましたよ〜(^^)/

んー、かわいいっ♡

おもちゃを、
バシャ―ってカゴごとひっくり返すのとか
「やっぱり、やるよね〜。」って感じです(笑)

20170426-2.jpg

保育スタッフは、
子どもの行動に対して
アドラー心理学をベースに勇気づけのサポートをしています。


また、託児には珍しく

お迎えに来ていただいた際に
託児時間にあった出来事、お子様の成長等を
保育スタッフが説明するフィードバックの時間があります。


普段当たり前だと思っているお子様の行動も
保育スタッフに見てもらうことで

改めて成長に気づくこともありそうですね!



●たまには一人でゆっくり買い物したい
●どうせ子どもを預けるならば
 ただ遊ばせるだけではなくて
 子どもの成長と自立をサポートしてくれる託児なら安心♪

そう思う方は
ぜひ、利用してみてください。


ココイクベビーパークは、ご予約制です。

興味のある方は、


伊勢丹 新宿店では
0〜12歳を対象に、
遊びのプログラムが沢山開催されていますよ♪



これは、ココイクベビーパーク内にある、
今私が一番お気に入りのおもちゃです♡
20170426-3.jpg

子どもが手で握ると
「ふにゃ〜」と何とも気が抜ける音がして

舌がペロッと出ます(笑)

20170426-4.jpg

これ、ついイライラしがちなママにおススメ!

子どもというより
キッチンにでも置いて
イライラしたら、「ふにゃ〜」と凹ませてみてほしい!!

肩の力が抜けて
「まぁいいか!」と育児を楽しめそうです(#^.^#)


参考までに。

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

039.gif心が軽くなり、行動が変わるお片づけのカウンセリング

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

先日、片づけサポートのお試しプランを
体験いただいた方から
感想が届きました。


今回のお客様は、
2歳のお子様も一緒に体験!


カウンセリングで
日常の不便なこと、困っていることを洗い出し
性格や思考を分析させていただき

なんとなく「納戸っぽい」部屋に
役割を与えていきました。

次に、お片づけのお試しで
お客様がずーっとやりたいと思っていたという
タンス等の配置替えをし
今後の片づけの計画を一緒に立てました!

(大型家具の配置は承っておりません。ご了承ください。)


お客様の感想はこちら。


==================
丸山様

昨日はお世話になりました。

今朝、干した洗濯物を片付け、
新たに洗濯して干して〜の一連の動作が
凄くスムーズで感動しました(*^^*)

それと、昨日カウンセリングして頂いたおかげで
心が凄く軽いです。

こどもにキツく当たる回数がめっきり減り驚いてます。

片付けはまだ途中ですが、
凄く面倒に感じてた片付けがとても楽しみになってます!

ありがとうございました( *´︶`*)

==================

Rさん、こちらこそ楽しい時間をありがとうございました!


私のカウンセリングでは
一見片づけと全く関係ないような話をします。

子育ての迷いとか、子どもの好きなものとか
子どもの頃の性格とか
小さいころ親とどんな関係だったか 等

そこから、あなたの性格にあった思考はどれかな〜と
片づけに結びつけるのが私の役目です。


それとー
子連れで片づけ体験してくださる方が多いので
お子さんとお母さんの通訳もします(笑)

子どものおもちゃを見て、
子どもの好きなものやおもちゃの配置から
お母さんに伝えたい「子どもの目的」をお伝えします。

もちろん、私は子どもではありませんので
可能性をお伝えします。


先日も、人見知りで心配だ・・というお子さんが
ポロっと、お話しをしてくれました。

なぜ、このお母さんを選んだかって話を。


「ほかのおかあさんは みんなおこりんぼだったけど
 このおかあさんは、おこらないなーと思って
 おかあさんをえらんだんだ〜。」

「えらんだんだ〜」って。


下向きながら、おままごとしながら
「えっ!今!?」というタイミングで
ポロっっと子どもは話してくれます。

いろんなことを。

子どもたちは、あまりにも自然に
知ったようなことを話すので

妄想を話しているのか、胎内記憶を話しているのか
作り話なのか、考えたことなのか
確かに分かりづらい・・。


今回は、
私の娘たちが胎内記憶を語ってくれる様子と
ピンとリンクしたので
「もしかしたら、今話してくれたのかもしれませんね。」
とお伝えしました。

これは、私の育児体験から来る
通訳の仕方なのかもしれませんね。


カウンセリングというより
そうやって、「物」だけでなく
「子どもの言葉」さえも拾いながら
親子の通訳をして

その家庭に最適な片づけプランを一緒に立てます。


もうじき誕生日を迎えるらしく
お姉さんになりたい欲がめきめき湧いていた子を見て

即興で、お絵かきグッズの場所も
お子さんと一緒に決められましたよ♪



毎回ライブですね!



お試しプランは、
私のお片づけサービスを初めて受けていただく時に
通っていただく、
一番最初のプランです。

その後、お昼休憩をはさんで
2時間の、片づけお試し体験。
合計4時間のサービスになっております。




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png

2017年04月25日

039.gif男の子は片づけができないのか!??

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

片づけの話をお母さんたちとしている時
決まって言われることがあります。

「男の子は、片づけてくれないのよ〜。」
「言ってできる子なら、もう、とっくに片づけてるわ〜。」
「あ”−、うちの子は、ダメダメ!できないから。」

ほんと、もう何度言われたことでしょう〜。

毎度、寂しい気持ちになります。


だからといって、
「いやいや、子どももね
こうやって接すればできるんですって!」

なんて、たたみかけることはあえてしませんが

男の子だって、
片づけをすることはできます!!


今日はその例をご紹介します♪



年長さんの男の子が、
自分ひとりでおもちゃの仕分けをして
片づけの仕組みを作ったと報告をいただきました!

このおもちゃスペースは
お兄ちゃんと妹、2人きょうだいの例です。

20170425.jpg

カラフルですね〜♪
わくわくしてくるおもちゃスペースですね!

ちょっと寄ってみましょうか。

20170425-2.jpg
パずる♡☆
おままごとのおもちゃ☆

幼児らしさあふれる文字で
自分で、おもちゃのお家をラベリング( *´艸`)

こっちは、きょうりゅうのおもちゃ
20170425-3.jpg
きょうりゆう・・・♡

☆☆☆のところには、名前が書いてあります。
きっと、妹には触ってほしくない
“自分だけの”きょうりゅうなのでしょう〜。

こういう書き方を見るだけで

男の子が、「何を大事にしようとしているか」
連想し、共感することができます♪


お母さんが
「☆☆☆くんは、きょうりゅうが好きなんだね!
 まとまって、あそびやすくなったね」
と声をかけてあげたら

「あぁ、ぼくの好きなものを、
お母さんは分かってくれるんだぁ♡うれしいなぁ」
と、お母さんへの信頼度もアップします!

しかも、この子は自分の大事なものを下に置いて
取り出しやすい高さには、
妹のおもちゃを置いてあげてるんです!

この配慮を見て
「うわー、なんて優しいお兄ちゃんなんだろうー」と
私は、ものすごく感心してしまいました!



親が、しまい方を決めるのではなく

「自分なら、おもちゃがどういう状態なら遊びやすいかな?」
と、子ども本人に考えさせてみる。

困っていたら
親が助け船を出してもいいですが


自分で、考えて、
自分で、工夫する♪

だから、「片づけ」という日常の行動が
子どもにとって、自分事になります!


親が、子ども目線で収納しました!という話は
いろんな雑誌や本で見聞きしますが

本当の意味で「子どものことを分かりきる」
ことはできません。

違う人間ですから!


だから、考えてもらって、
お互い何を考えたのかを、伝えあうことが大切です。


親と子の関係が
こういうやりとりを通して
横になっていきます。

アドラー流ですから(^^)/



このスペース作りは
お父さんが子どものスペースを作ってあげようと
収納グッズを購入したことから、スタートしたそうです。

お兄ちゃんが、自分で考え分けてみるとー、
もうちょっと細かく分けたい分類があったそうで

「これと同じサイズを、あと2つ買ってほしいの」
と、要望をお父さんに伝えて

一枚目の写真の個数になりました。


少な目に収納グッズを購入したお父さん
なかなかいいですね!!
(つい、役に立とうとはりきって
 収納グッズを買いすぎてしまうお父さんが多いので・・)


ここでは、お父さんとお兄ちゃんの間で
収納グッズをツールに、
課題解決に向けたコミュニケーションがなされています。


私が
片づけは、勇気づけのコミュニケーションツール
と伝えている所以は、ココです。


物を通して
お互いの物の見方に、関心をもってみてください!!


自分の子が、何を考えているのか・・

「男の子は分からない〜。」
ではなくて

分からないからこそ
物から、その子の興味関心を知る力を
つけてみてください♪



p.s. 片づけシステムを自分で作ったSくんへ

Sくん、がんばったね!
今は、小学校も始まったのね♪どうですか?

これからも、どんどん工夫してみてね。
新しく工夫したことがあれば、また教えてね!!

応援しています♡


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもに片づけを教えたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

039.gif小さな工夫で便利になる〜バックの定位置 小学生編〜

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

今朝、
学習机(作業テーブル)のある部屋の
掃除機をかけようとした時のことです。

あれ?

いつもと違って「色」があることを発見!

20170424.jpg

チラッと見えるんですよね〜、ピンク色が。

「ん??」と思いながら
椅子をどかしてみるとー

20170424-3.jpg
こんな風になっていました!


娘たちのバッグ類は、
クローゼットの中に収納しているのですが

どうやら、自分でS字フックを穴に差し込み
こんな収納スペースを作り上げたようです。



これは、間違いなく
バッグの所有者である、下の娘のしわざ・・。



夕方、返ってきた娘に事情を聞いてみました。

すると、こんな返答が。

「だってー、バックをかける場所は
 お姉ちゃんと一緒だから、
 自分のが取り出しづらいんだもん。

 ここなら、すぐに取れるでしょ!
 すぐ持って、遊びに行けるでしょ♪♪」


取り出しやすく工夫できたことと、
すぐに遊びに行ける!という目的が達成できたことで

下の娘は、ルンルン跳ねておりました (*^_^*)


我が家では、こんな風に

不便を感じたら、
自分でどんどん工夫してごらん〜
と話しています。


自分で考えて、できた!というのは
大人だって嬉しいものです。


私の伝える
「勇気づけのお片づけ」で覚えることは
この3つだけ!!


1.ちょっと不便だな〜、なんか嫌だな〜
 という気持ちに気づく

2.気づいた気持ちに素直になって
 「じゃぁ、何ができるだろう?」と考え対処する

3.対処できた自分に
 「できたね!」と勇気づけの言葉をかけていく



小学生でも、
大人の片づけでも

やっていることは、同じです(^^)/


あなたも、なんかココ不便だよなぁ・・と思う場所があったら
「じゃぁ、何ができるかな?」と考えてみてくださいね。


片づけないといけないから、片づけなくちゃっ
きれいにしないといけないから、やらなくちゃっ

ではなくていいんですよ!


「自分が不便だから、片づける!」


いいお母さんは、部屋をきれいにしているはず・・とか
ほんと、どうでもいいです。

あなた自身のために、
快適空間を作ってみてください。



ちなみに、娘たちのバッグ収納は
クローゼットの中に、こんな風に収まっています。
20170424-4.jpg

使っている収納グッズは
●S字フック と
●プラスチックチェーン
20170424-5.jpg

プラスチックチェーンにS字フックをつけることで
段違いにバッグを吊るせるようになります♪


下の娘は、クローゼットから、
このS字フックをひとつ盗んだようですね・・・笑

20170424-2.jpg


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 収納はこれで乗り切る! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

039.gif『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』感想をいただきました♪

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

拙著『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』
を読んでくださった方が

ブログに記事をアップしてくださいました♡

Sさん、ありがとうございます!!


ブログより抜粋させていただきました。
(↑Sさんブログは、こちらから)

以下、抜粋。
==================
【小さな「できる」の積み重ね。】

私にとって、「なんか汚い」ってことが
多かれ少なかれストレスだったのかということと、

やっぱりそこには
「どうして片付けられないんだろう?」と
自分のことを思って
責めてしまいがちだったことに気づきました。


言うほどきれいになったわけではないけど、
心の拠り所(ローテーブルのスペース)ができたことにより、
そこを見ると「大丈夫、できてる」
と思える自分がいて救われてます。
==================
(途中略)
==================
本を読んで感じたのは、
自分がどうしたいかと言うことを
自分と向き合いながら決めていくことなのかなーと思いました。

物一つにしても、
今要るのか要らないのか、
持っておきたいと思うのかそうでないのか、

この空間を自分ならどういう気持ちで過ごしたいのか、
そのためにはどうするのか。

汚いから片付けないと!というマイナスの動機付けよりは、
こうしたほうがより心地いいな!
と思って片付けられる方が心はとっても楽。

そして、
全体的にはツッコミどころが満載な我が家ですが、
まずは小さなところの整理から初めて、
ぼちぼちやっていけたらなーと思います。

またまた素敵な本に出会えました。
今度はぜひお話が聴けたらなぁ…と思いました。
==================

抜粋ここまで♪

読んで終わりではなく
小さな行動を重ねていただけたことが嬉しいです(*^^*)

ありがとうございます!



私が、本を書いた理由は

片づけに向かう時のイライラと仲良くなってほしい!

いい加減、片づけで
自分や家族を責める人を増やしたくない!

という想いが強くありました。


アドラー心理学は、原因を掘り下げるのではなく
目的に向かって行動を促します♪

だから、必要以上に
自分のことを責めずに、
ただ、素直に未来の「どうなりたい?」に向かって
行動できるんです♪



そろそろ、気づいてください。


ただ物が少なく、きれいな家が「良い」のではないってことを。
収納グッズを使って
見かけを良くすれば「片づいた」のではないってことを。


≪どんなココロで≫
≪(誰と)どう片づけるか≫

が大事だってことを。



それが分かると
Sさんのように、小さなスペースの片づけで
「できた!」と満足感を得られて
必要以上に自分を責めなくなります。

完璧に片づいているわけじゃないのに
気持ちが穏やかになって
「じゃぁ、片づけようかな♪」と身体が動きはじめます。

だから、片づけが続いて、部屋が整いはじめます。


そんなココロ穏やかな片づけって、いかがですか?

「ウリャー!」って気合いが必要な方が、好きでしょうか?



「どうして私は片づけられないのだろう?」と
自分を責めている方は

手にとっていただければと思います。

そんなに、気合い入れなくていいですから。

逆に、肩の力、抜いてみてください(*^_^*)



続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声:本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート