2012年12月07日

039.gif中野区立北原小学校での講演会2

12月に入って、中野区北原小学校にて2回目のPTA講演会を行いました。

20121201-2.jpg

今回ご参加くださったのは、働くお母さん方が中心。

参加人数が前回よりも少なかったので、

より「今」ママたちが困っていることに話題が集中しました!!


低学年のお母さんからは、「おもちゃが捨てられなくて・・・」という悩みが。

それぞれが抱える問題に対して、お互いにアドバイスや解決方法を提案し合います。

私が主導しなくとも、ディスカッションは盛り上がりますね(笑)


そんな中、特別参加の女の子が何か言いたそうに私を見てくれたので、
「今なら言っていいよ。」と発言を促してみました。


「なんでもかんでも捨てちゃうのは嫌だよ。遊ばなくてもとっておきたいのもあるから、私の意見も聞いてほしい!」



気持ちを伝えてくれて、本当にありがとう!!

親側に主張があれば、同じように、子ども側にも主張があります。


親子でディスカッションしてみるのも面白いかも!と思いましたね。


他にも、今回多かったお悩みは、中学生・高校生の男の子をどう片づけに向かわせたらいいか・・・というものでした。

ここにも、親側の主張。
子ども側の主張が存在します。

低学年のうちなら、ゲーム感覚でお片づけの手伝いに加わらせることもできますが、思春期に突入すると、どこまで手を出したらいいのかお母さん方はとても迷うようです。


お母さんと、息子さんは別の人間。

親側の「これが、きれいな状態」というラインがあれば、子ども側にも、「これくらいが、片付けた状態」というラインがあることを認めてあげてください。


お母さん1人が家で片づけ担当になるのではなくて

家族みんなでお片づけができるように子どもたちの主張を批判せずに、まず聞いてみる。

そして、お母さんの期待を伝えてみる。

ある程度大きくなったら

たとえ心配でも、失敗しそうでも子どもに任せて見守る。


そういうギアチェンジが必要なのかもしれません。

お片づけをきっかけに、家族とのかけひき!?コミュニケーションを大いに楽しんでいただきたいと思います⤴

20121201.jpg


以下、参加して下さった方々から感想をいただきました。
(掲載に許可をいただいた方のみ載せさせていただきます。)
108.jpg
●片付けに関するストレス(特に片付けられない息子に対する悩み)から、少し解消され、気持ちも少し楽になりました。
●内容のみならず、スピーチの手法や引きつけ方が参考になりました。
●親と子供は感じ方が違うので、親のアプローチのしかたを変える方法もあるという部分が、参考になりました。
●家の中を「整理度」と「スッキリ度」でグラフ化してみるのが、一目瞭然というか、わかりやすかったです!
●自分の問題点も分かり、スッキリしました。


2回にわたり、講演会の開催手配をして下さった委員会の皆さま。
大変お世話になりましたm(__)m

ありがとうございます💓



annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png