2016年04月25日

039.gif片づいていない物からのメッセージ

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

※お食事中の方は、後ほどお読みください。


今朝、寝ている私のもとに娘が来て、こう言いました。

「おかあさん〜・・・
 はいちゃった・・・・。」


飛び起きる、わたしっ!

「えっ!?
 だいじょうぶ?
 どこにはいたの?」


若干落ち込んだ様子で涙ぐんでいる娘といっしょに
慌てて、娘たちの寝室へ。



「どこで吐いちゃったの?」

「ここ・・・」
と娘が指さしたのは、

跡形もなくきれいになった寝室の机の上でした。


「じぶんできれいにしたの?」

「うん・・・ティッシュでふいた・・・」

「どのくらいはいちゃったの?」

「うんとー、これくらい・・・。」

「どんな色してた?」

「わすれちゃった・・・」



「そっかー。
 びっくりして自分できれいにしたの?
 ありがとう。ひとりで頑張ったのね。

 でもさぁ、どのくらい吐いたかとか
 見てみないと、〇〇ちゃんのようすが分からないよ。

 こういうときは、そのままでもいいんだからね。

 具合悪いときは、
 ひとりで頑張らないで、大丈夫よ。

 お熱、測ろうか。」



お食事時でしたら、失礼いたしました。

子どもたちって、突然体調崩しますよね?

そんなとき
たとえ汚物であっても、
子どもの体調を親が見て、状況を把握するために
「物」は大切です。


たまたま食べ過ぎて吐いたのか、
具合悪くて吐いたのか、
咳き込んだ勢いで吐いたのか

きれいに拭かれてしまっていては、
状況を把握するための
貴重な情報が無くなってしまうわけです。


こうやって「物」は、
わたしたちに持ち主の状況を伝えてくれます。

離乳食で初めての食材や
初めての固さに挑戦するときも
きっと、お母さんは子どもの体調を知るために
身体から出てきた「物」を見ることでしょう。


ダイニングテーブルに山積みの書類も、
キッチンボードに出しっぱなしになっている調味料も、
出窓にある、すっかり枯れたサボテンも
わたしたちにメッセージをくれます。


「物」は、ポジティブなメッセージを伝えてくれます
と私は伝えていますが

今回ように
あなたに有益な情報をくれると解釈すると
分かりやすいかもしれません。


分かりやすいエピソードだったので
二度寝する娘を横に、
慌ててブログを書いてみました。



あなたの家の物は
どんなメッセージを発信してくれていますか?

自分自身の状況や気持ち、
家族の状況をお互いに「物」を通して観察して

「快」を感じる物を残し
「不快」を感じる物からは卒業していきましょう。


すると、
「快」だけが残ったお部屋が作られていきますよ。




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437124506

この記事へのトラックバック
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート