2016年11月24日

039.gif羽生市にて、乳幼児ママ向け講座と保育士研修を行いました

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

今日は、東京で54年ぶりの早い初雪とか。
娘たちは、テンション高く学校へ行きました!


さてさて、
ずいぶん日が経ってしまったのですが

11月8日に羽生市にある

乳幼児ママ向けお片づけ講座
保育士さんに向けて職員研修
をさせていただきました!

とねの会保育園さんは、
いわゆる保育園の運営だけでなく

乳幼児ママに向けた支援センターの運営や、
民間の学童保育として、小学生にも門戸を開いている
とても地域に愛されている保育園でした!


午前中は、保育園隣接の支援センターで
入園前のお子さん&ママ相手にお話し。

20161124-1.jpg

2歳前後のママたちが多く参加してくださいました♪

講座の開催が決まったとたん
ラインで情報がまわって、あっという間の満員御礼だったとか!

日々、お子さんとの片づけ問題で
試行錯誤している様子が伺えました。

ママたち、がんばってますよね!



講座の中では、
・子どもが片づけやすいおもちゃ収納の方法からはじまり
・イライラしてしまう、自分の気持ちへの対処法
・家族で片づけるために
 お母さんが知っておきたいこと3つ
・2歳から始めたい、片づけで磨く子どもの力と
・今日からできる「勇気づけ」の言葉がけ

短い時間内で
ぎゅぎゅっとお話させていただきました!

20161124-2.jpg

こんな風に、お子さんも一緒の講座だからこそ
その場にあるおもちゃ収納を見て、具体的な説明ができたり

すぐその場で
勇気づけの言葉がけを実践していただけるのが
子連れ講座の魅力ですね〜!

20161124-4.jpg

講座の前後には
すっかり子どもたちに相手をしていただき
(おままごととか・・たくさん料理作ってもらっちゃった。笑)

私が癒された時間となりました(*^_^*)

20161124-6.jpg

広〜い園庭を案内していただいた後

おいしい給食をお腹いっぱいいただいてから (うふっ。)

午後は、保育士さん相手に研修スタートです!

20161124-3.jpg

私の目の前には、
先生がとうとう降ろせなかったベビちゃんも参加してくれました♡

講座の始めは、
大きな声で、明るくピリッとスタートする私も

今回ばかりは
「こんにちは〜。はじめましてぇー。」
寝ているベビちゃんを起こさないように
抑え目の声で・・・研修はじめっ!


研修内容は、
事前にいただいた保育士さんの片づけの悩みをもとに
構成しました。

大きく分けて悩みは3つ。

●自分のものだけ片づけて、他のおもちゃは片づけない子がいる
●早く片づけを終わらせたくて、雑に投げ入れる子がいる
●片づけの時間になると、トイレに行こうとする子がいる

どうやら
子どもたち全員に困っているわけではなくて
「特定」の片づけない子に手を焼いていそうですね。



アドラー心理学の概要を説明した後、

「何のために」片づけをするのか?
片づけの目的を探りました。


大人側からすると、
つい片づける子がいい子で
片づけない子が悪い子だと
問題児扱いしようとしてしまいますが・・・


果たして、片づけない子は悪い子なのか?


そんな切り口から

・子どもたちが片づけやすい、片づけのルール作りと

・子どもたち、それぞれの行動のポジティブな目的を探る
 演習をしました。



例えば、4歳の男の子で
片づけの時間になると
いつもトイレに行こうとする子がいたとします。

この「いつも」という常習性がポイント!


たまたま、トイレに行きたいことだってあるでしょう。
(大人だって、そんなタイミングありますから!)

そういう時は、片づけをしなくても
「行っておいで〜。」でいいわけです。


けれど、「いつも」トイレに行こうとするならば
この子には、何か隠された目的があるんですねぇ・・・。

・先生に注目されたいのかもしれない
・トイレに連れて行ってもらう時、先生と1対1になれるから
 二人きりになれるような、甘えるタイミングを
 見計らっているのかもしれない
・一生懸命作ったブロックを壊したくないから
 先生の目をブロックから遠ざけたいのかもしれない


その子を“片づけしない子”としてレッテルを貼るのではなく
ポジティブな行動の目的があるはずだなぁ・・という目で
見てあげる練習をしました。

(困っている子の月齢によっては、
 片づけない目的が無い場合もあります)


この演習では
子どもの片づけない目的を、言い当てることが
大切なのではありません!


何かワケがあって、そうやってるんだよな〜
という目で、子どもを見てあげることが大事。


子どもの行動を分かってあげたいなぁ
という態度

これこそが、その子の「関心に関心を持つこと」につながる
勇気づけの態度なのですね。


もともと保育士さんになろうというほどの方々ですから
ホスピタリティにあふれた方が多い保育士さんの世界。

分かってあげたいなぁと思えば
自然と、話を聴いてみるかもしれませんよね♪



「先生はぼく(わたし)のきもちを分かってくれた!!」

そんな信頼関係を、お片づけをツールに
築いていただきたいのです。

もしも、先生に注目されたい子であれば
一緒に片づけをすることで、
注目してあげることだってできるのですから。


他にも、
・1歳の子が片づけない時は
 保育士側は、どうやって考え、その子をみてあげたらよいか
・自分のイライラの感情の折り合いのつけ方
・子どもへのお願いの仕方等を一緒に学びました。



実は私、
幼いころの夢が保育士さんになることだったんです♪

子どもに関わることは、やっぱり好きで♡
こういう遊具を見ると、テンションが上がります(*'▽')

20161124-5.jpg

保育園は、仕事をしているお母さんの子が集まり
ともに生活をする場所です。

保育士さんは、
お母さんよりも長く一日を一緒に過ごし、

子どもたちにとって初めてのドキドキワクワクな体験を
共に乗り越えていく、大切な仲間です♡

まさに、
困難を克服する活力=勇気
を与えてあげられる存在なんですね!!


園に子どもを任せているお母さんたちも、
先生が「勇気づけ」の態度で子どもに接してくれるとしたら・・・
こんなにうれしいことはないのではないでしょうか!



保育士の先生方と子どもたちが
ともに「横の関係」を築き、

お互いに勇気づけ合う環境をバックアップするために

とねの会保育園さんは、引き続き
片づけの面からフォローさせていただくことになりそうです♪



自分の夢の延長にあたる仕事をご依頼いただいた
勇気づけ仲間でもある、事務長の赤澤さん!

本当にありがとうございました!!

引き続き、よろしくお願いいたします!

20161124-7.jpg

保育園や幼稚園の保育士さん、
児童館の職員等、子どもと片づけに向き合う職種の方に
研修も承ります。

mailme.png




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png