mailmagazine-small.png
kouza-annai.png

2017年02月01日

039.gif北区教育委員会主催、小学生ママに「勇気づけのお片づけ」講座を開催(1日目)

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨日は、
北区教育委員会主催の家庭教育学級講座を担当しました。

20170131-4.jpg

会場につくと、
広ーいホールに、大きな窓!

富士山がくっきり映っていました〜♪
20170131.jpg

今回参加してくださった方は、32名。

定員20人のところ、応募数が多くて
抽選をして、MAX32名のご参加となったようです。

ご応募いただいた方、ありがとうございました!

20170131-2.jpg

講座の中では、
イライラを⇒「やる気」に変換する、
自分の劣等感に関する考え方と

家族の片づけがなぜ難しいのか、を

20170131-3.jpg

子育てするお母さんたちにとって

「イライラ」という感情は
自分にまとわりつく、厄介なものかもしれません。

私自身も、一番苦しんだ感情です。


部屋が片づかないと
つい、「どうして片づかないの?」
「何が悪いの?」「誰が原因?」と考えてしまいがち。

これは、アドラー心理学とは真逆の
原因論の考え方。

・子どもが散らかすから
・旦那が手伝ってくれないから
・母親が片づけを教えてくれなかったから

そんな風に、犯人捜しをしても誰かを責めるだけで
問題解決には至りません。

他人をどう、自分の意見に従わせようかーなんて
考えるやり方は、「横の関係」ではないのです。



そうではなくて、
現状片づいていないなら、まずそれを受け入れて

「じゃぁ、本当はどうなったらいいの?」
「ここから、何ができるだろう?」

目的に向かって、今ここから行動を始める

のが、目的論の考え方。



イライラする原因を探るのではなく
本当はこうしたい!という目的に気づけるようになると


「なーんだ。
イライラしたって、別にいいじゃん。
ただ、対処すればいいのか〜!」

「よしっ、どうする?家族に聞いてみようか?」
「それとも、モノを減らしてみようか?」
「いやいや、定位置を変えてみたらどうだろうか?」

と、自分の感情をエネルギーに変えて
なりたい自分に近づく行動がとれます。


目的を意識すると、
相手を変えるのではなく

“自分が”どう変わればいいのかを
考えることができるんですね!!




イライラの感情ってね
あなたを不機嫌にさせてまで

自分のありたい姿、なりたい姿を
こっそり教えてくれる、存在なんです




今の状態が、これまでの私のベスト。

ここから、何ができるだろうか?

シンプルに。

とにかく、シンプルに

未来に向かって考えてみてください。



講座の最後に、片づけ宣言を行いました。
さぁ、来週が楽しみです!


参加者の皆さま、また来週お会いしましょうー(^^)/





annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446531496

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート