2017年04月17日

039.gif収納方法にこだわることをやめてみたら?

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

先週のお片づけサポートでのエピソードです。

お客様は、
お洋服をたくさんもっていらっしゃる方でした。

洋服のパターンを限定してしまうよりも
こんな私にもなれる♪
時には、こんな私にもなれる♪

といった具合に
たくさんの洋服のパターンが欲しい方。

服だけは捨てられないかも・・・と
おっしゃっていましたが

片づけの最初に
「どんな自分になりたいか」
「その部屋の不便なところ」
「本当は、その部屋でどんなことがしたいか」など

片づけの先の目的を明確にしたことで

あれよ、あれよという間に
残す服が選定されていきました!


「捨てる」ことにとらわれすぎない方が
片づけは進みます♪



今回は、ズボンの収納方法をご紹介しますね。

洋服をタンスにしまう際には
「立てて」しまうことが、
最近の定説になっています。

こんな風に、長方形にたたんで
立ててしまうと、服が多く入ります。

20170417.jpg
(娘の服で、再現しています)


今回のお客様は
片づけをする前
ズボンが、全てタンスの外に出ていました。
20170417-2.jpg
こんな風に・・・。
出ているから、ほこりもついちゃって・・。


理由を聞いてみると
ズボンにたたみじわができるのが嫌なので
小さくたたんでしまうのが嫌なんです、とのこと。

確かに、たたみじわのできるズボンってありますよね。


現状から、「たたみじわができると嫌」という
価値観が引き出されました。

ここからは、
「本当はどうなったらいい?」と質問していきます。

・本当は、タンスに服をおさめたい
・本当は、もっと取り出しやすい方がいい
・でも、小さくたたむのはやっぱり好きじゃない

二つ折りならば、タンスにしまっても納得できる
ということになったので

今回は、このような収納方法にしました。

20170417-3.jpg
(娘の服で再現しております。
 実際には、二つ折りにしたズボンの左となりに、
 しわの気にならないジーンズの類をたたんで収納しました。)


アドラー心理学では
あなたは、片づけられない人ではなくて
「片づけないことを選んでいる人」だと考えます。


こだわりやあなたなりの価値観があって
服をたたむことをしてこなかった。

片づけサポートでは
今あるものを見ながら
あなたの価値観を探り、
「本当はどうなったらいい?」という
目的を見つけることが最初のステップ。


出しっぱなしになっている物は
あなたのココロが、納得していない状態なんですね。



目的:
ズボンにたたみじわをつくらない方法で
取り出しやすく収納したい!

ズボンをどうしまったら納得するのかが明確になると

目的をシンプルに叶える方法を
あれこれ考えることができます。

自分の目的が叶えば
片づけだって気持ちよくできますよ!

収納方法は
雑誌と同じでなくてもいいのです。



ぜひ、
「あなたにとって心地いい方法」を
見つけてみてくださいね!!


あなたのココロが納得できれば
気持ちよく片づけることができます♪




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png