2016年09月01日

039.gif宿題も、片づけも、相談し合える人がいるから安心

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

私たちの地域は、
今日、小学校がスタートしました。

朝から大荷物を持つ子どもたちの姿にはほんと感心。


「学校へ行く」

小学生にとっては当たり前のようだけれど、
すごいことだなぁと思うわけです。



私は、もう小学生できないですよ。

1時間目から6時間目まで机に座ってるなんて・・・
きっとお尻痛くなって、モゾモゾしちゃいます(笑)



昨日は、夏休み最終日ということもあって
ようやく娘たちの宿題をチェックする日。

(それまでも、マル付けはしてきましたが)


今年の夏休みは、
先生からのお知らせプリントをあえてしっかり読まずに
子どもたちに宿題のやり方から順番からペース配分まで
お任せしてみました。


案の定
最後の2日間は、ちょっと頑張らなければいけない状態だったのですが

当の本人たちはさほど焦る様子もなく・・。

夜中まで自由研究のまとめを頑張っていました!


で・・

その間私は何をやっていたかというと〜

横にいて、お手伝い。


ドリルの問題を解くことや
自由研究をまとめることは子どもの課題なので
なるべく手出しをしないように心がけます。


するとね、次から次から、
絶え間ないお母さんコール!!

返事するのが、嫌になるほど(^-^;



娘:「お母さん、答えのマルつけをやって〜。」

娘:「お母さん、この問題の意味が分からないんだけど、どういうこと?」

娘:「お母さん、これってどうやってまとめたらいいと思う?」

娘:「お母さん、文章書いてみたんだけど、見てもらえる?」

娘:「お母さん、ちょっとお願いがあるの〜。」




その度に

私:「あと1ページじゃん!ファイト〜!」

私:「はいよー、見るね〜。どれ〜?」

私:「そうだね〜、どうしたらいいかなぁ?
  お母さんは、こういうアイデアもアリだと思うけどー。」

私:「あなたが一番伝えたいことって、どういったこと?
  何に気づいたの?」

私:「なかなかいいんじゃない♪」

私:「お願いって何?」




「こうしなさい」と指示を与えるわけではなく

“相談できる人”として、横にいました



寝る時間が遅くなろうとも、怒る気になれませんでしたね〜。

だって、本人が一番頑張っていたから。


「大丈夫!やりきろうね!」
「自由研究、イイ感じじゃん!」

どんなに遅くなっても
たとえ寝不足になりそうでも
子どもの「やりたい」を応援してあげたかったんです。


学校へ行く準備は2日前にはできていたので

20160901.jpg

自由研究が完成したと同時に布団へ〜!

即、落ちる 娘!

そんな娘を見て、私はクスクス笑い。




勉強は子どもの課題

お母さんの課題ではありません。

やらなくて困るのは、子ども。
寝不足になるのも、子ども。

だから、お母さんが困らなくてもいい。

これが、【課題の分離】の考え方。



けれど、だからといって見放して
知らんぷりするのではなく

「いつでも相談にのるよ〜。」

というスタンスで
私がそこにいることを心がけています。



課題を分離しつつ

共同の課題
=わたしたちの課題にもできる雰囲気を作る


このバランスのとり方が
私が最も得意とするところ!

片づけにおいても
家族を味方につける最大のポイントです!




今日、上の娘が私にこう言いました。


「お母さんって、たぶんやさしいんだよねー。

でも、『これをしなさい』 とは言わないから

逆にきびしいなーと思うことも多いんだ。

自分で決めるって、大変だもん。」




「決める」って、勇気がいることもあるし
それっ!という気迫が必要なこともありますよね〜。


ちょっと不安を感じた時に
近くに相談できる人がいたら・・・・

すごく安心だと思うんですけどね〜。

どうでしょう?




子育てにおいて
そんなスタンスを大切にしていますが、

この立ち位置は、お客様との関係であっても全く同じ。



私は、あなたのお部屋の定位置は決めません。
何を捨てるかも、決めません。

決めるのは、あなた。


あなたが困っていることはあなたの課題だから。

私は困らない。(冷たいようでごめんね)



だけど、困っているならば一緒に解決しましょう!
相談にのりますよ♪


9月のお片づけサポートも徐々にうまってきています。
年内に片づけたい!!という方。

そろそろご検討ください(^^)/





annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

039.gif旅で実践する、アドラー心理学

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

8月に入って
家族で北海道に旅行に来ています。

20160804-5.png


旦那さんは、旅行を計画することが
大好きなのですが

実は、直前まで私の旅行スイッチが全く入らなくって〜(^-^;


普段、私も自分の好きなことをさせてもらっているので
旦那さんの好きなことにも
付き合おうーくらいのスタンスで
今回の旅行をスタートさせました。


旅に出ていつも思うことはこれ。

旅行は、
子どもと大人の境界線を無くしてくれる!!


私は片づけを通して
大人と子どもは対等な関係なんだよ〜と
伝えていますが、

日常生活では、なかなか「対等」を感じにくい人も
いると思うんですよね。

だって、
圧倒的に親の方が、経験値が豊富だから。

こうすれば、こうなる
というパターンをいくつも持っているから。


対等の関係を体感したい時は
日常ではなくて
あえて、旅から始めるアドラーもアリじゃないかな〜って
思っているんですよ♪


ポイントは、「大人も初体験であること!」


やりたいこと。
食べたいもの。
見たいもの。

20160804.png

それぞれの認知が
これでもか!というほど違うことが理解できるし

みんなが初めてであれば、
それぞれの興味を優先し合えて
自然と、相手の関心に関心を持てます。

旅は
日常生活よりも、相手に共感をしやすい気がするんです。



かといって、
違いを知って
お互いの責任を見極める
課題の分離ばかりにフォーカスしていると

お母さんが子どものイヤイヤにうまく対処できなくなったり
お父さんがショッピングに嫌々付き合わされたり。
誰かが、我慢することに・・・(-_-;)


旅なら一緒に行って帰るという
共同の課題に向かって
家族みんなが納得できる「和」を見つける会話が多くなります♪
自然とね。


例えば、

旦那さんと上の娘は
しきりにカメラを覗き
思い通りの写真を撮るテクニックの話をしていたりします。

20160804-2.png

私はそれほど写真に興味がないので、
一生懸命説明されても、左の耳から右の耳へツツ〜(苦笑)

「どうぞ〜、好きなだけ撮って〜。」と優しく言える。


逆に、やることがなくなった私と下の娘は
てんとう虫を捕まえながら
次に食べるソフトクリームの話をしていたり(笑)

20160804-3.png
誰かが好きなことをやっている間
誰かがガマンしていることはなくて、
Win−Win みんなが楽しく納得できる時間を作りやすい!


このちぐはぐ感と
まとまり感のバランスを常に感じながら

あえてバランスをくずして遊ぶのが
私が好きなことなのかもしれないですね〜。

20160804-4.png


日常では、片づけでアドラーを実践しながら
非日常では旅行でアドラーを実践中。


やっていることの本質は
同じだな〜と感じます。


いつか、旅(非日常体験)×勇気づけ本を書きたいなぁと
ボーっと考えてみたり。
全く何の構想もないですけどね、


アドラーは日常生活だけじゃなくても
使える心理学です♪

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

039.gifキャパオーバーを感じたら・・・

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

気がつけば
10日以上ブログ更新をお休みしておりました。

大変失礼いたしました。

お恥ずかしながら、
完全なキャパオーバーです(>_<)


6月中は、
勇気づけ講座ELMに、入門講座&実践講座
金曜は、公民館でのお片づけ講座があり
お片づけのカウンセリングとサポートにあちこち出向く日々。

それに加えて、
なかので行われた育児イベント「なかの育フェス」開催に
全力を注いでおりました。

徐々にドドドッと報告いたしますね!


ブログに手がまわらない時は
フェイスブックでいろいろつぶやいておりますので、

もしよかったら
フェイスブックをご覧ください。


※友達申請時は、メッセージを添えていただけると喜びます♪



その日のお仕事をこなすこと
プラス、
日々の片づけ&掃除&洗濯&食事の準備
は何とかまわしていたのですが


仕事の事務手続きやメールの返信が滞り
「もう〜、いい加減、わたしに仕事をさせてー!」
という心理状態の中、


昨日から娘の習い事が新たに始まり(苦笑)

新しい人間関係と、
毎週やるべきことがドドーンと増えて

一気に、思考もやる気もキャパオーバー〜〜〜!!


「このままでは、お母さんは
仕事も家事も満足にできなくて、
焦って、とってもイライラします!」

と家族に訴えさせていただきました(笑)


キャパオーバーって
じわじわ歩み寄ってきますねぇ・・(>_<)

何とかギリギリこなせていた状態が
「パンっっ!」とはじける感じ・・・。


もういっぱいいっぱいで
片づけする時間なんて、全くないの!

そんなお客様のお宅に、私はよくお邪魔しますが
今ならリアルにその方の気持ちに共感できます。

日々、待ったなしの育児と食事の用意と洗濯が
優先順位が高いのは明確な事実ですものね。

この「焦る気持ち」は、本当に苦しいー。



キャパオーバーを感じた時、
私は、自分がやりたいことに時間を使うため

「私がやらなくてもいいこと」
「夫や子どもに手伝ってもらえそうなこと」
を考えます。


そして、家族に相談するため、時間を作ります。


今回も、
「ほんとうは、どうなったらいい?」と自分に問いかけ

例えば、こんなことを手伝ってもらえないか?と
考えうる限りの要望を話してみました。

・ゴミ捨てを担当してほしい

・町内会の仕事、PTAの仕事、習い事の父母会などの
 対外的な仕事を、何かひとつでもいいから変わってほしい

・食後の皿洗いなど、家事をもう少し担当してほしい

・娘たちには、夜、お母さんと一緒に寝ない日を作ってほしい
(隣で寝かしつけると、私が寝ちゃうんです…。
 翌朝の罪悪感がハンパない(ToT))

・土曜日、姉の習い事が長時間になる時は、
 妹は学童に行ってみてはどうか

・夜中、ファミレスに外出させてほしい

・お母さんが、ヘッドホンをしてパソコンしている時は、
 話しかけないでほしい

等々

もう、単なるワガママなお母さんです・・・(^^ゞ


でもね、
ワガママだろうが、何だろうが
「きっと分かってもらえる。」と思いながら
私は伝えました。

「今のままでは、心穏やかにはいられません。」と。


私が、真剣に訴えているので、
家族も、どうしたらお母さんの時間が作れるか
アイデアをたくさん出してくれました。


うちの娘たち、
ほんとよくやっている子たちなんです。

片づけについては、すっかり身についているので、
私の書類以外、散らかりっぱなしになることは
ありません・・(苦笑)

それなのに、この状態なんですから
どれだけ、私のキャパは狭いのかと凹みますよ。


昨晩は、娘たちだけで寝てくれて

今朝は、爽やかな顔で起きてきて
家の床のモップがけをしてくれました。

旦那さんは、ごはんが炊けていないことに気づいて
米をといでくれています。


「お母さんが、やらなくちゃ。がんばらなくちゃ!」
我慢して背負い込んで、自分を責めるのではなくて

家族にお願いしてみてはいかがでしょうか?


片づけノウハウや、収納グッズだけで
自分ひとりでの改善を試みるよりも、

やるべきタスクを分担する方が
家族が生活力を身につけることができます。



「本当は、何もかもこなしてみせたい!」
「仕事だって、お母さん役だって、しっかりやりたい!」

そう考える真面目なお客様が多いですが

「完璧にこなしたい」気持ちをグッと飲み込んで、
お願いをするんです。

そうすると、
「完璧じゃない自分」にOKが出せるようになるから♪



新しいバランスは、
今のバランスを一度壊さないと生まれません。




ブスっとしながら、食器を洗う主人を見るのは
昨晩は結構苦しかったです。

私がやらせてしまったなぁ…と。

今朝は娘たちから手紙をもらい
今も、少々の罪悪感と戦っています。

こういうこと、娘たちに言わせるなんて
なんて母親なんだ・・・と。
20160703.jpg

娘たちが、私のやりたいことに協力してくれるから
私も、家族の要望になるべく応える努力をして
一応バランスはとっている“つもり”です。

でも、キャパオーバーは嘘じゃないし
私がひとりで頑張って家事をし、
家を整える家庭を作りたいわけでもない。


生活に必死になるのではなくて

これからは、
お客様と、きちんと向き合うココロの余裕を持っていたい!
というのが、最近の強い気持ちです。


ぜんぶがぜんぶ
あなたがやらなくても、いいはずです。

手伝ってくれた家族がいたら
「ありがとう〜」「助かりました!」
と笑顔で伝えていきたいですね!!



わたし、
見た目より
 (なんか、いいお母さんに見られがちなんですけどー)


かなーり、ワガママなお母さんです!!


やりたいことを「やりたい!!」とお互いに言う。

家族みんなが、
少しずつ妥協しながら、協力しながら
「お互いに、思い切り、やりたいことをやる!」


我慢する家庭は作りたくないから
わたしが先頭きってワガママになっています(^-^;

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

039.gif2010年に決めた、私の育児ビジョン

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

お片づけのプロとして5年目に突入しました。

自分で仕事を始める前は、専業主婦で
地域でママ友と一緒に
英語サークルを主催していた時期があって

その頃は、
別のブログを書いていたんです♪

そのブログを閉鎖しようと思って
久しぶりに記事を見ていると・・

お片づけのプロになろうと決意した時のことや
英語サークルで先生をしていた頃の記事が出てきました。

あ〜、懐かしい。


「何かしたい!」

何がしたいのか、何ができるのかは
全く分からないけれど、

ただママという役だけをしているのではなくて
「世の中のためになることを、何かしたい!」
そんな想いで暮らしていたのを思い出しました。


イライラママを卒業しよう!と2008年9月に決めて
アドラー心理学の本も読み始めて
家庭に勇気づけのコミュニケーションを取り入れようと努力しているのに
実はなかなかうまくいかなくて。

なんとか、子どもと対話しようと挑戦するんだけど
結局、怒っちゃって。

結果的に雷落としている自分に
また凹んで(>_<)

それでも、
「いや、私はイライラしないママになりたいの!」
って、また立ち上がろうとして。。。

そんなジェットコースターのような時期が
私にはありました。

このジェットコースターは
なかなかの忍耐だった記憶が(-_-;) 笑


片づけしながら、自分を勇気づけながら
この育児ビジョンを作りました。



『自分で考える力=生きる力を身につけて、
 自分のやりたいことを
 自由に思う存分やって心豊かに生きてほしい。
 だからそのために、まず健康な身体、
 様々な経験と学力・知識を身につけ、
 健全な精神のもとに生きてほしい』
               2010年1月


育児ビジョンと言っているけれど
当時の私が考えた自分なりの「幸せの定義」です。

死ぬ時に、自分がどんな人生を生きていたら幸せだったと言えるか。

そんな想いをそのまま言葉としてつなげてみました。


私自身が、
「やりたいことを自由に思う存分やりたい!」
「心豊かに生きたい!」ので

娘たちにも、基本「自由に決めてごらん〜」という
信頼をベースとした勇気づけの育児がぴったりなんですね!


勇気づけの育児がなかなかうまくいかない方、
育児ビジョンを「言葉」にして、
書き出してみることをおススメします。

「言葉」として自分の考えがまとまるだけで
心の安定感がぐーんと増します!


あなたにとって
どんな状態が「幸せな人生」でしょうか?


その言葉が、そのまま「育児ビジョン」になります。

そして、「育児ビジョン」は、
あなた自身がそう生きたい!と願っている姿でもあるのです☆

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

039.gif12回目の結婚記念日☆

勇気づけホーム・オーガナイザーの丸山郁美です。

昨日は、12回目の結婚記念日でした。

でも、私の頭の中が
バタバタと忙しくて
ロマンチックな雰囲気のかけらもない(笑)

そんな母の姿を察してか、

またまた、
娘たちが、お昼ご飯を作ってくれました〜♪

今回のメニューは
「中華風レタスつつみ」

20151115.jpg

私が、紙の山に向かっている間に
2人でチャチャっと作ってくれて。
腕上げたな〜、と感心しきり。

この調子でいくと
料理の腕を娘に抜かされるのも時間の問題です(^^ゞ


昼も作ってもらったくせに
夕飯は外食を希望した、私(笑)

食後にずーっと気になっていた、
サンマルクカフェの、デニブランを食べられて
ご満悦な一日でした♪

20151115-2.JPG
一人では食べきれない、ボリューム感♡
太るとは思っても、やっぱり大好き♪
ソフトクリーム♡



生まれて18年、親と暮らし。
大学生になり、一人暮らしを始め。
主人と出逢って、また18年。

そんな、
記念すべき12回目の結婚記念日。


これからは、もう
親との時間よりも、
家族との時間が長くなっていくんだなあ・・と
なんだか不思議な気持ちに。

プレゼント交換だとか
そんな洒落たものは無かったけれど

これからも、
つい見逃しがちな当たり前の生活に感謝して
幸せを感じながら、過ごしていきたいな。



私の場合、
日々の当たり前の幸せに気づかせてくれたのが、
たまたま、
アドラー流お片づけだったんですね(*^_^*)


12月19日(土)
出版記念講演会と、
出版記念パーティーを開催するために
こっそり準備をすすめているんですが


我が家の10年間の歴史と変化を
出版記念講演会の中で
ショートムービーにして
お伝えしようかな〜なんて思っているところ♪

洗濯物が干してあったり、
子どもが思いっきり散らかしていたりの
「日常」を公開してみようかな〜と。

おもしろそうでしょ!


気になる方は、
12月19日(土)
10時〜12時 出版記念講演会
13時〜15時 出版記念パーティー

日程空けておいてくださいね♪




タグ:幸せ気分
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート