2017年02月04日

039.gif出逢い満載の一日

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨日は出逢い満載の日♪

午前中は、マキノ出版さんへ。

昨年10月に発売された
雑誌『ゆほびか』12月号「掃除と片づけ」特集の中で
「アドラー式お片づけ」がとても好評だったようで

春の「掃除と片づけ」特集の
お声をかけていただきました!

12月に発売されたムック本
『最強運を呼ぶ「掃除と片づけ」
よい売れ行きのようです♪

少しでもお役に立てたようでほっといたしました〜。


いつかお逢いしたいと願っていた
西田編集長にご挨拶する機会をいただき

うれしくて、うれしくてっ
テンションMAX(^^ゞ

20170204.jpg
(写真では、必死に気持ちを押さえてます〜。笑)

私のことを紹介してくださり
あたたかなお心遣いを感じました。

お人柄がそのまま出ている西田編集長のブログ
文章にぐんぐん引き込まれます♪

自分について書かれた部分は
ドキッとしました。
もちろん、いい意味で(*^^*)


3月発売の企画に向けて
担当編集者のSさんと一緒に、全力出しますっ!

みなさん、楽しみにしていてくださいね♪



夜は、
「クリエーターとメディア関係者、メディアに出たい人の交流会」
に参加しました。

出逢いの場は、
人なつっこいはずの私でもド緊張〜。

出逢ってくださった皆さま
ありがとうございましたm(__)m


午前中に続いて、テンションが上がったのは

20170204-2.jpg

岡田さんとは、
昨年、雑誌『CHANTO』の4月号
一度共演させていただいていたのです〜!

20170204-3.jpg

20170204-4.jpg

参加者リストでお名前を拝見して
逢わずには帰れないっ!と思った方でした。


ひとくちに「片づけ業界」と言っても
いろいろな面から、片づけたい人をサポートする仲間がいます。

岡田敏子さんは、捨活(すてかつ)アドバイザーの名のとおり
なかなか捨てられない方の片づけスイッチを
楽しく明るくポンッと押してくださることでしょう。


「この人に会いたい!!」
「この人と一緒に片づけたい!!」

そんな風に思える片づけのプロが、
きっとあなたの片づけを導きます♪

ぜひ、ご自身の勘を信じて
あなたに合った「片づけのプロ」と出逢ってくださいね♪


雑誌『CHANTO』は、今年も
3月発売号でお世話になります♪

自宅撮影を終え、あとは校正を待つのみ。

雑誌『ゆほびか』の特集とは
また違ったアプローチですので
どちらも読んでいただけるとうれしいです。


どうしても、ひとつの雑誌の特集では
アドラー流「勇気づけのお片づけ」
語りきることはできません〜。

小間切れに、私の思考回路を
お伝えしていこうと思います!


まるっと知りたい方は
拙著「あなたのお部屋がイライラしないで片づく本」をお読みいただき
講座へいらしてくださいね!

直接会って、お話ししましょう〜(*^-^*)



ありがたいたくさんのご縁に感謝しつつ

丸1日経って、やっとこ名刺の整理を始めました。(笑)


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

039.gif書評をいただきました♪よむタメ!vol.820

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

『読書の方法−自分を成長させる本の読み方』(きずな出版)
の著者でもあり、
最近は小学生にも 
読書を人生に活かす方法を伝えていらっしゃる

拙著を読んで、感想を動画でアップしてくださいました!




「できないところではなく、
 できているところに目を向ける」

私の伝えたいど真ん中を読み取っていただき
本当にうれしく思います。

久木田さん、ありがとうございます!!


久木田さんのYouTubeチャンネルでは
様々なジャンルの本が紹介されています。

ビジネス本から、小説から、マンガまで!


私は、勉強のためとか、何かの知識を得ようとして
本を読むことが多いのですが
どうしても好みの本ばかり読みがちで・・・。

純粋に「楽しむ」ために本を読むことを
忘れてしまっていたなぁ〜と
久木田さんのチャンネルを見ていて思いました!



お客様のお宅に行って本棚を見ても

その方の趣味や、今一番興味のあることが見えるのはもちろん
コンプレックスまでが、「本」に現れます。

本棚に何を残すかで、
なりたい自分が見つかったりもするんですよ♪


久木田さんによると、本を人生に活かすには、
全ての文章を読む必要はなく

1)面白そうなところから読む
2)必要なところだけ読む
3)1つ知ったら、それ以上読まない

そんな読み方もアリなんですって!!

しかも、『読書の方法』には、
その本を卒業するときは・・・なんて目次が。

手放すこと=「卒業」という言葉が一緒で
とても嬉しくなりました。


本は読み終えることを目的にしたらもったいないです。
あなたの人生に活かさないとっ。


●どんな本を読んだらいいかな〜。
●表紙は見たことあるけどどんな感じなのかな〜。
と思っている方

おススメいたします♪


私は、知識の不足を補う本ではなくて

ココロが疲れた時に「元気になれる本」とか
泣きたいときに「泣けるテッパン本」とか

そういう本を、もう少し増やしたいなーと思いました(笑)



私の本については
「最初から読もうとすると
片づけがしたくなって、読み進められないんです〜。」
という感想をいただいたこともあります。笑

ありがたいですm(__)m
一応片づけ本ですから。

「読む時間がなくて、読めないんです〜。」
という方には、

「チャプター4から読むのもいいかも♪」」
と伝えています(*^^*)

片づけ本には珍しい
「自分を勇気づける100のメッセージ」(P209〜P216)を
何度も、何度も読み返してくださる方も、いらっしゃいます♡

本って、いろいろな読み方をしていいんですね!!

あなたのお部屋がイライラしないで片づく本 -

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

039.gifオリンピック選手の姿から感じたこと

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

昨日、リオデジャネイロオリンピックが閉幕しました。

オリンピックは、
ニュースや特別番組で結果を知ることが多かった私ですが
閉会式はリアルタイムで娘と見ました。


オリンピック選手の皆さんからは、
精神性の高さを学ばせていただきました。

お互い競い合う仲だけれど
お互いに応援し合う姿。

自分の目標に向かって
全身全霊で試合に臨む姿。


運動音痴な私には
「すごいっ!!」
「すごいっ!!」
しか言葉にならないほど

人間の身体能力のすばらしさと
可能性を見せていただきました。


本当に、ありがとうございます!!


今年のオリンピックは
メダルの獲得数がとても多かったようですが

メダルをとれたからOK。
とれなかったからダメってわけじゃないことは
応援している側が感じていることじゃないでしょうか。


銀メダルで泣いて悔しがる選手。
入賞して、仲間と抱き合う選手。

結果じゃなくて

自分の目的にどれだけ添えたかが
選手たちの大きな判断基準になっていることが
垣間見れました。


だから、
銀メダルだと、悔しくて仕方なかったり
入賞して、うれしかったり。
参加できたことこそが喜びだったりするのでしょうね。


4年後には、東京でオリンピックが開かれます。

娘たちの小学校が
ちょうど≪オリンピックなんちゃら推進校≫ (笑)
という名前を与えられて活動しているので

オリンピックは、そういう意味でも注目している行事。



個人的には、

「日本の在り方」が
世界をリードする時代になるのでは・・・と期待しております。



経済大国としてリードするのではなく
物作りが発達した国としてリードするのではなく

人がそれぞれ個性を発揮して協力して、快くひとつのものをなす国
としてリードできないものかと。


どんな人もダメな人はいなくて

み〜んな まんまるなんだよー、
み〜んな 価値のある存在なんだよーと

日本の日の丸がそんなことを伝えるツールになれたら
すばらしいよなぁと一人ボーっ考えていました。


ほら、
まんまる。

20160823.jpg

今、片づけができずに悩んでいるあなたも
今、片づけ問題で家族のだれかに嫌悪感を感じているあなたも
今、自分だけが家事に追われて「ずるいっ!」と叫びたいあなたも
今、子どもの寝顔を見て幸せ気分なあなたも
今、時間がなくて必死なあなたも
今、変わりかけてる自分を実感しているあなたも

み〜んな、まんまる。はなまる。


「あなたは、ダメじゃない!」

「あなたには、あなたである価値がある」

「家族で暮らしながら、『総和』を見つけることができるから!」

「もし、あなたが整理が苦手でも、
 家族としてまんまるでバランスをとればいいんだから!」


そんなことを、
私は、片づけを通して伝えていきます♡




ちっぽけな活動かもしれないけれど

自分だけが良いのではなく、
家族のために自分を犠牲にするのではなく
「みんなが心地いい」は、作れると思うから!


オリンピックを見ていても
やっぱり片づけに思考が行き着くのでした。笑


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

039.gifジブンスキーライフという名前の由来

私は長野県の、山あいで育ちました。
20130523.JPG

小さな頃大好きだったのは、祖父母と一緒に
耕運機(こううんき)の荷台に揺られて田んぼや畑に行く時間。

それともう一つ。
家族でこたつを囲む時間でした。

どちらの時間も、嬉しかったこと。悲しかったこと。
悔しかったこと。迷っていること。

家族に、たくさん話を聞いてもらい、励まされ
「私は私。私なら大丈夫。」という感情を温めながら成長しました。


どんなに凹んでも、落ち込んでも、
前を向いて生きてこられたのは、
祖父母や両親が私に与えてくれたこの気持ちのおかげ。

自分を励まし、勇気づけてくれる人がいたことに感謝しています。


私がアドラー心理学と出会ったのは、
2005年、最初の子どもがお腹にいる妊婦の時でしたが、
子どもの頃からずーっと勇気づけにふれていたのだと思います。

そんな想いからか、
今も、自分のことが好きな大人に育ってほしいという願いが
育児の中心となっています。


家庭では「自分を好きになろう!」と伝えているのに、
仕事では、別のことを伝えようなんて
私はそんな器用な人間ではありません。

私があなたに伝えたいのは、
娘たちに伝えたいことと全く同じ。

「あなたは大丈夫。
 もっと自分を好きになっていいんだよ」
ということ。

だから、ジブンスキーライフという屋号をつけました。

ジブンスキーだなんて、
なんだかナルシストみたいで、
初めは口に出すのも恥ずかしかったんです💨
それでも、言わなきゃいけない気がしました。

私をここまで育ててくれた家族や、
今まで関わってくださった方への恩返しをするために、
ぴったりな気がしたから。


そして私は、あなたに勇気と自信を届ける方法のひとつとして、
「お片づけ」という手段を選びました。

お片づけはモノを通して目に見えて成果が出るので、
自分のことを知り、そして好きになる、いい練習になるからです。


“いつも”きれいな部屋でなくてもいいと思います。

お母さんの感情が安定する部屋で、
子どもたちと、たくさん会話をしてあげてほしいと願っています💓


ジブンスキーライフとは、

そんな私の昔の記憶〜今ままでの、
大きな時間の流れから生みだした言葉なのでした。

※ジブンスキーライフの略称である
 「ジブスキⓇ」は、丸山郁美の登録商標です。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美10:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

039.gif子育ての イライラ克服 3姉妹本

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

今日は、子育てのイライラを克服したい!!
と願っているママにおススメしたい
3冊の本の紹介です!

もう〜見てみてー

20160317.jpg
この3姉妹のようなタイトル♡


左は、拙著。

アドラー心理学の理論を、
お片づけで実践するとこうなるよ〜という
家族を味方につける片づけ本です!

イライラの感情はどう考えたら味方になるのか!
きれいをキープする具体的なステップや
自分や家族にどんな言葉をかけたらいいのか、
そんな方法を紹介しています!



真ん中の本は、
私が受講生として、勇気づけELM講座を受けた時に
同じグループで、共に学んだ仲間である

「イライラしないママになれる本」

アドラー心理学で、野口さんの子育てがどう変わっていったかを
リアルに書いてある、まさに体験記!

野口さんが、お子さんへの勇気づけを始めるきかっけや
まず初めにやってみたこと。
その後のお子さんたちの変化。

勇気づけの技術から→その後の母としてのあり方まで

今、子育てに悩んでいるママならば
「うん、うん」「そうなの〜」と共感しながら
ぐんぐん野口さんワールドに引き込まれると思います☆

子どもが思春期に突入した後も
アドラー心理学は効果的なんですね!!

野口さんの、くすっと子育てに
励まされるママは多いはず♪



そして右の本は
川井道子さんのご本。
「イライラしない子育ての本」


私は直接は、川井さんを存じていないのですが

この本のイラストを担当した
池田八惠子さんと、仲良くしていただいてます☆

池田さんの描く子どもたちは、
無邪気で、子どもらしい素直さがあって
この絵のタッチが大好きなんです〜!

実は、池田さんのイラストは
ちょうど娘の使っている
さんすうの教科書の中にも登場!

知っている人が描いたイラストが教科書に出てる。
それだけで、
さんすうが好きになっちゃう娘は、単純です(笑)

20160317-.jpg

本の内容も、アドラー心理学ではないけれど
子どもとの「横の関わり」がベース。

特に、片づけができない子に伝えた
ドイツ人のお父さんのエピソードには感動しました!!


ぜひ、イライラ克服のための姉妹本を
お手にとって読んでみてください☆



週末には、
イライラしない子育てシンポジウム
というイベントに行ってきます!

20160317-3.png


今日のブログ記事は
「イライラ」という言葉ばっかりですが(^^ゞ

そのくらい、ママたちにとって
真剣に克服したい!
自分の気持ちの折り合いのつけ方を、早く見つけたい!
とーっても大きな課題なのだと思います。


アドラー心理学と出会って、
私自身、感情的に怒ることは本当に減りました。

自分が、本当は何にイライラしているのか
イライラの元にある、本当の気持ちに
自分で気づいてあげられるようになったからです。


イライラ=よくない感情という意味づけだったものが

すっごく愛おしい、大切な感情
という意味づけに、すっかり変わってしまったんです。


本の中にはちょこっと書きましたが
「あっ、イライラ発見っ♪やったー!」
なんですよ・・私。


感情自体は、きっと変わってません。

ただ、私の意味づけが変わっただけです。



イライラ克服本をこうやって並べて
必死すぎる自分を笑い飛ばしちゃってほしいです!!

「あー、わたし、相当頑張ってるわ〜!」って (^−^)


力が抜けたら、
目の前に立ちはだかる「困難」は
子どもとともに成長するための「ギフト」に変わります!

一緒に、イライラを味方につけて
とびきり幸せなママになりませんか〜☆

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート