2016年11月05日

039.gifずぼらなら〜、ずぼらな状態でラクに過ごせる方法を考えよっ

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

お客様のところに伺うと
私の考えていることと
お客様が感じていることのギャップを感じます。


そのギャップとは・・・

「片づけできないわたしは、ダメな人なんだ…」
とお客様自身が感じているということ。


私は、どんなお部屋に行っても、
ダメな人が住んでいるなんて
今まで思ったことも感じたこともないんですよね。

ただ、

「この人は、何のために、
 何をがんばっているんだろう・・」

その謎を解こうとして、
カウンセリングをスタートしています。


私のところに来てくださるお客様は
まじめで優しく、人当たりのいい方が多いんですよ〜♡


根がまじめなので

・片づけができない自分はダメなんだ。。。
・片づけなんてできて当たり前なのに、
 私はずぼらで、そんなこともできなくて。。。
・面倒くさがりだからできないんだ。。。


なんて風に、
自分を責めてしまうわけです。


片づけが苦手な方は、
「片づけができる人」
になろうとして、私に問い合わせをしてくださいます。

とてもありがたいです。


でもね、私はお客様に伝えています。

「片づけができる人」になろうとする努力は
とてもいいと思うけれど

だからといって、
今の自分を否定してたら変われませんよ、と。


今まで、曲がりなりにも必死で頑張ってきた自分を
否定するなんて、苦しいじゃないですか。

頑張っているのを一番知っているのが「自分」なんだもの。

それを、「今のあなたはダメです。」なんて
自分が自分を苦しめる必要なんてないですよ。


外ではそれなりに人間関係もうまくやっていて
仕事もそれなりに頑張っていて
園の仕事や、学校の仕事にも携わっていて
時間に追われながら、家族の面倒も精一杯みている、つもり。

だからこそ、
唯一、ずぼらになれる場所が
家の中だったりするんじゃないかしら?

家族の前では
面倒くさがりな自分でも許してもらえるかも・・・って
がんばっている自分に注目してもらいたいんじゃないかしら?


私なんて、
疲れた日に、外出予定がなければ
一日パジャマ姿でいたりします(^^ゞ

そういう面では、夫が一番しっかりしていて

私と娘たちがずぼらちゃんです。



自分がラクであることが基準なので、

色褪せよけのためにひっくり返して干した服は
そのままひっくり帰った状態で、クローゼットにかけてあります。

20161105.jpg

収納方法についても、
しばらく凝っていた時代があったのですが

今や、これ以上見栄えを気にすることに
意味を見出さなくなってしまいました。


「誰のために、きれいにしているのか!」
ってところに気づいちゃってね。

「あ”〜結局、人目を気にしてるだけじゃん。」と。


雑誌で、きれいなお宅の写真をみると
「すごいな〜。」とは思いますが、それまでです。


私にとっては
どんなに見栄え良く片づいているか、よりも

どれほど家族が安心しきって暮らしているか

の方が、大切な指標なんです。


もちろん
見た目に美しい収納を目指すことが、やりたいことならば
思う存分取り組んで楽しむのも、いいことだと思います。


あなたなりの幸せを
家の中で、思う存分叶えてほしいんです。



オシャレな収納
見栄えのよい収納をしたい方は
そういうプロの方がたくさんいらっしゃいますので
私ではなく、他の方のところにお問い合わせください。


もし、あなたが
片づけをラクにこなせる方法を見つけて
家族の協力を得ながら、自信をもって笑顔で暮らしたいならば
お役に立てると思います。


他人の目線が入ると、

「あっ!お兄ちゃんの服と、弟の服
収納グッズを右と左に分けただけで便利になるじゃん〜〜!」

「コップの位置と、乾物の定位置を逆にしただけで
便利になるじゃん〜!」

なんて発見があったりしますよ。




ずぼらなら〜
ずぼらな状態のままで、
どうやったらラクに過ごせるか考えてみませんか?

面倒くさがりの自分を認めてあげて
面倒くさくても、
元に戻せる「片づけのしくみ」を作ってみませんか?


片づけをしていくうちに、
「ずぼらな私」「面倒くさがりの私」というセルフイメージが

「パッと片づけられる私」「家族にお願いするのが上手な私」
に変わっていきます!



私の片づけサポートでは、
あなたのライフスタイル(思考・行動のクセ)を変えずに、

思考や行動の良いところに注目して
あなたがラクになる方法を提案させていただきます(^^)v



どのサービスがいいか迷っている方は、
こちらの記事を参考に
あなたに合ったサービスを選んでみてくださいね↓↓↓


チャート方式で、ご案内します♪

20161105.png


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年06月05日

039.gif片づけが苦手なママこそ、子どもを勇気づけられるんです!

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

先日、もうじき3歳になるお子さんのいらっしゃる
Yさん宅に片づけに伺いました。

ママは、物が捨てられず、片づけに悩んできた方で
一気に片づける系の本を読んでみたものの
挫折しつづけていたそうです。

ところが、
「これならできるかも!」と希望が持てたようで
お片づけの依頼をいただきました。


お宅にお邪魔すると、まずはカウンセリングを開始。

一見片づけの問題とは関係なさそうな
子育ての悩みなども伺います。

Yさんが、悩んでいたのは、
お子さんのトイレトレーニングでした。


あと少しで3歳になるTちゃん。
どうやら、おまるに乗ることを断固拒否して
1年が経っていたそうなんです・・。


そんな相談を受けつつ、
Tちゃんの成長と可能性を本気で信じながら

「ママがお片づけがんばりたいから少しお話ししていい?」
「ありがとう〜。」
とだけ声をかけて、カウンセリングに集中。


となりの部屋で静かに遊んでいたTちゃんが、
しばらくすると・・

ぷりんとしたおしりを出して登場しました〜(*^_^*)


私はおもわず
「わ〜、かわいいおしりねー♪」
「うちのお姉ちゃんたちのおしりもかわいいのよ〜。」

なーんて無駄口をたたきつつも、
トイレに注目せずにそのままカウンセリングを続行。


相手をしてくれないので、静かにとなりの部屋に行ったTちゃんは
またしばらくして

「ママ〜、おまるでおしっこでたー!!」
と報告に来ました!!


もう〜、ママはびっくり!!(@_@)



「どうして?なんで?このタイミングで???」
「うっそー!信じられない!」

もうね、喜びすぎて逆に声にならないの!


ママがおまるの処理をしている間
人見知りの(らしい・・)Tちゃんは、
ちょっと得意気に、私のおひざに乗ってきました♪


初めて会った30分前とは比べものにならない表情に、

「Tちゃんおめでとう!
 ママ、すごく喜んでくれたね!
 よかったね〜♪うれしいね〜!」

と声をかけながら、
私の方がこらえきれずに目から涙がツツ〜〜(笑)


=========================
お友達がトイレでするのを見ていて
ちょうど時期だったこともあるかもしれないけれど

母親が成長しようとしている姿に影響を受けたのでしょうか?

娘の成長を先生と共有できて嬉しかったです!
=========================

と、その後Yさんからメールが届きました♪


お母さんが、自分の課題に向き合おうとしている気持ちが
お子さんにも伝わったのかもしれませんね〜。


大人だって子どもだって
誰かと一緒にがんばれたら、うれしいもの!!

ひとりではなかなか頑張りがきかなくても
一緒ならやってみよう!!
って思えることもありますよね!


こんな成長の一幕に遭遇できるなんて〜(#^.^#)

ちょっとお姉さんになったTちゃんは
その後、一緒に片づけを手伝ってくれました♡

Yさんも娘に負けじと、お片づけに集中されていました!



お子さんと一緒の片づけも
私の接し方や言葉がけが参考になるようで意外と人気です☆

子どもを片づけに巻き込む方法を
リアルで見れますからね〜♪



私が帰宅後、Tちゃんは
「あたしねー、いくみせんせーだ〜いすき♪」
とお話ししてくれたそうで、

そのメールを読んで、もう私はキュンキュンっ(≧▽≦)



お片づけが苦手なママは、
「こんな私じゃダメだ〜。」と
育児にも自信を無くしがちですが

とんでもない!

それは大きな誤解です!!


Yさんのように、
子どもと一緒にお互いの課題に向き合えるママこそ
子どもに勇気を届けられます!


「完璧じゃなくてもいい。
 失敗してもいい。
 少しずつ少しずつ、できるようになればいい。」

試行錯誤するお母さんを見て、
子どもたちも、そう思えるはずです。


私はよく勇気づけELM講座の後に話すんです。

完璧な人が人を勇気づけるんじゃなくて
不完全な人が、人を勇気づけるんだよ!って。

(そういいながら、ELM講座のランチ後に
お財布忘れたことが発覚したこともあったっけ〜(^^;))


自分のために片づけるもヨシ。

子どものために片づけるのもヨシ。

変ろうと努力するあなたを、応援させてくださいね。


Yさん、今回は本当におめでとうございます〜!
一緒に一歩一歩片づけていきましょう〜!


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年05月26日

039.gifカウンセリングは、妄想タイム♪

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

身体が動きやすくなって
お片づけにうってつけの季節♪

カウンセリングや片づけサポートのご依頼を
多くいただき、あちこちと出回っています。

昨日も1件カウンセリングにお邪魔しました。


お客様から困っている場所、
困っているアイテムについて伺いながら

私が考えていることは〜
「この家の間取りをどう使ったら、
この家族が幸せに暮らせるか」


多趣味なお母さん、
家でも仕事をするお父さん、
毎日の学校の宿題と、塾の宿題でなかなか忙しい子どもたち

そんなメンバーで、この間取りで暮らすならば
どういった導線が理想的か。

あなたの家族の「行動」に焦点を当てます。



「もし、私がこの間取りで住むならば
こうやって使いたいなー。」

「きっと、こうやって使ったら便利だろうなー。」

行ってしまえば、カウンセリングは、妄想タイム(笑)
お客様と、私とで、どんどん妄想していく!


例えば、
リビングには、家族で共有するもの「だけ」を置いて、
個人的な荷物は、それぞれの部屋に置いてみたらどうでしょう?

とか、

家族で共有するものを、
リビングの入り口にあるクローゼットにまとめて
リビングの一角を、子どものスペースにしてみるのもアリかも?
とか。


その間取りに住む、
その家族の趣味や仕事、時間の使い方を伺って

お客様のありたい姿や行動を
もっともっと具体的に引き出していきます。


すると、1日の行動が見えてくるんです。

こんな風に・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
爽やかな朝。
お母さんは、お父さんと子どもよりも30分早く起きる。

お父さんと子どもたちが「おはよう!」と起きてきたとき、
お母さんはキッチンで食事を作っていて

朝食ができあがる前に、
ダイニングテーブルの上でお父さんはパソコンをささっとチェック。
朝から、何枚かプリントアウトした後に

そのまま、パソコンを脇にずらして、
4人での朝食がスタート。

家族で「おいしいね〜。」なんて顔を見合わせながら
もぐもぐ・・・。

子どもたちはここぞとばかりに、いろいろ報告。

「今日は、家庭科でゆで卵作るんだよ!」とか
「運動会の練習で、かけっこ1番になったよ!」とか。
「昨日の帰り道、鳥のひなを見つけたんだー!」なんてね。

家族で会話するって、楽しいな〜なんて感じながら
朝食後は、自分でパソコンを片づけてから
旦那さまが出勤。

子どもも、満足した様子で、夜の間に用意してあった
ランドセルを背負って
「いってきま〜す!」と元気に登校。

家族が出かけていった後の家は、
個人の物が、それぞれの部屋に収まっていて
リビングの片づけも、あっという間に終わって。

さぁ、ここからママ時間!

洗濯物を干したら
ココナッツオイルを入れた熱いブラックコーヒーを用意。

自分の仕事を、リビングでスタートする〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それは、それは、リアルにイメージをして
妄想話を膨らましていくんです。

するとね、

どこに、何を置いたら、
その妄想した姿が叶うか、人の「行動」から
物の置き場の予想が立ち始める。


私は、お客様の「ありたい姿」のイメージを
とことん共有していくんですね。


「おっ、いいですね〜それ!
朝から、とっても気持ちいいじゃないですかー!」

「確かに!
この場所に、パソコン置き場があったら、
旦那さま、すぐに戻せますよねー!」

なんて、次々にヨイ出ししながら(笑)


私の語っている姿がずれていれば、

「丸山さん、そうじゃなくてー
お父さんの椅子の後ろでは、
子どもがランドセルを取らなくてもいいように
そこは、導線が交じらないようにしたいんですよ〜。」
と、伝えてもらっています。


作りたいのは、あくまでも
あなたの家。
あなたの家族が暮らす部屋。


私の理想を押し付けないように、
細心の注意を払っています。


あなたが怖がらずに発言できる環境を整えながら、

私は、せっせと
何通りもの、暮らしのイメージを
言葉で伝えていくんですね〜。

だから、どんどん選びとってほしい!


片づけは、イメージから
と私は伝えています。


何をイメージするか、が実は大切。

家族の「動き、行動」をイメージする。

どこに何を収めるか
どんな収納グッズが便利か・・ばかりを考えていると
肝心な「部屋の用途」を忘れてしまいがち。

まずは、部屋の役割り決めをして
視野を広げていきます☆


さらに、やる気スイッチを入れたい場合は、
その動きに
「会話」のイメージをのせる!


家族の会話が想像できるようになると、
物の定位置のヒントが出てきて

お片づけのやる気スイッチも
いつの間にか「ON!」になりますよ!


あなたは、その部屋で
家族とどんな会話をしたいですか?


今どんな会話をしているか、ではなく

これから先
どんな「会話」をしたいか!
を考えてみてくださいね♪



考えてもよく分からなくって・・・という方は、
一緒に妄想トーク、しませんか?

あなたは、すでに理想の姿を
ちゃんと持っているんですよ♪


どこから片づけたらいいのか分からない・・・という方には
カウンセリングとお試し片づけがセットになった
お試しプランが人気です☆

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年02月17日

039.gifお片づけサポートで、なりきりごっこ!?

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

月曜、火曜と続けて
お片づけサポートに伺っていました♪♪

月曜日のお宅では、リビング収納を見直し、
昨日のお宅では、キッチン全体の見直し。


お客様のお宅にある家具や収納スペースに
お客様が「快」を感じるように
アドラー心理学についてもちょいちょい話しをしながら
物を整理し、収納していきます。


昨日は、
「この方法って、
今、丸山さんが考えたんですか?」
と質問いただきました。


私にとっては、当たり前のことだったので
「そうですよー。」
と軽く答えたのですが、

「なんで、そういうこと思いつくんですか〜!!」
とお客様は、口をあんぐり。


2人で顔を見合わせて、大笑いしました。


私のお片づけサポートでは、
「捨てましょう。ここに置きましょう。こうしましょう。」
とは言いません。
(多分、言っていないと思います・・。)

「これ、ほんとはどうやって使いたいんですか?
 ここにあったら、便利じゃありませんか?
等々、沢山質問をしていきます。


そして、あなたに沢山の質問をしながら
私はこっそり、
“なりきりごっこ”をしてるのかもしれません(^^ゞ



もし、私がこのお宅に住んでいて〜
旦那さまが大きなテレビでスポーツ観戦するのが好きな人で〜
息子くんが、おもちゃをたくさんひっくり返すタイプで〜
甘えん坊の猫ちゃんがいる、とすると〜

そうしたら、
このリビングは、
家族みんなにとって、何よりも自分にとって
どうやって使ったら、心地良いんだろう?



もし、私がこのお宅に住んでいて〜
頻繁にお客様が来る家で〜
春には庭に梅の花がたくさん咲いて〜
6月には豊かに梅が実って〜
旦那さまは、すぐに本やマンガ本を買ってくる人で〜
私はパンを焼くことが趣味だったら〜

そうしたら、
このキッチンは、
家族みんなにとって、何よりも自分にとって
どうやって使ったら、心地いいんだろう?


どうやって使ったら
ラク〜に、
笑顔いっぱいの毎日を過ごせるだろう?



究極、そんなことしか考えていないのだと思います。


仕事を始めた頃、
娘にも聞かれたことがありました。

「ねぇ、お母さんは家でもお片づけをして
どうして、他の人の家でもお片づけしたいの?」って。

その時は
「ほんとね、わざわざ人の家片づけなくたっていいよね。」
娘の考えに納得しそうになりましたが


いろいろな地域の、
様々な間取りのお宅に伺って
これまた、自宅にはないような物がたくさんあって。

私一人では、人生をかけても経験できないような
素敵な環境や、過酷な環境で暮らしている方がいて。

全く触れたことのない趣味をお持ちの方がたくさんいて。



片づけをしながら
私は、なりきりごっこのように
自分の人生の幅を広げてもらっているのだと思います。


まるで、
何人分もの人生を一度に生きてるみたいに。


そんな感覚が
楽しくてたまらないのかもしれません。

女優さんみたいでしょ!(笑)



・子どもが5人いる、育児に全力投球の友人。
・男の子3人を育てているママ友の愚痴。
・夫婦2人で暮らしている方のお互いの距離感。
・二世帯住宅に住む方のお姑さんへの気遣い。
・バリバリ仕事に生きる友人の、今興味あること。


お客様だけでなく、知り合いから、友人&身内まで
様々な環境で暮らす方の話は、
そのまま、お片づけの作業に生きています。


自分が「共感力」のある人かどうかなんて、分かりませんが

なりきり力は、相当ある方なのかも!?



私が導くアイデアは、
あなたの暮らしがベース。

だからこそ、整理も収納も、
既成概念にとらわれないことを大切にしています。



あなたが気持ちをラク〜に
便利に過ごせますように・・・。


こんな気持ちで、お手伝いをしております(^−^)

20160217.jpg
こんな自分自身の経験が↑、
赤ちゃん育児のママや、いたずら猫ちゃんのいる家庭の定位置探しに生きてきます!


P.S.
あなたの生活そのものが、
そのまま、誰かのためになる!!
お片づけのプロは、そんな仕事です。


お片づけのプロになりたい方♪
お片づけのプロ養成コースを開講しています。

お片づけのプロになるための説明会も4月、5月に行われますよ〜。
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2015年11月08日

039.gif親の家の片づけで、親と自分の過去にOKを出す

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

昨日は、お片づけサポートに伺いました。

以前、ブログでもご紹介した

1カ月にわたって
数回お片づけに入らせていただいたのですが
昨日が最後。


驚くべき変化が現れてきました〜!


今回のお宅は、
いわゆる「親の家の片づけ」

40年前の、洋服や手芸用品が
大きな茶箱に入って、
何箱も出てきました。

親のものがほとんどだったので
片づけスタート時は、
要不要の判断に時間がかかりました。

私のお片づけサポート史上
ゴミ袋の数が一番多かった家庭です。


けれども、この1カ月で
お客様の片づけのスピード、手の動かし方
判断力がみるみるアップ‼

アドラー心理学の「目的論」を用いて
「これからどういう家庭にしたいか」
という未来の姿を、何度も思い描いていただいたことで

残すべきもの、手放してもいいものの境界線が
しっかり見えていたようでした。


「親の家の片づけ」だけでなく、
自分の物であっても

片づけに慣れない方は、
ついあっちもこっちもと
キョロキョロしてしまうのですが、

要不要の判断基準ができると、集中力が違います。

まぁ、でも
ここまでは、普通に片づけに慣れればできること。


アドラー流お片づけの醍醐味は
ここから〜〜!


まず最初に
私が段ボールゴミをまとめていると…

「それ、俺たちがやるから大丈夫ですよ‼」
と、旦那様と息子さんが
こちらからお願いしなくても
声をかけてくださいました‼


正直なところ
初回はご家族を巻き込むだけで大変だったので
も〜、わたしひとりで感激!

その上、
粗大ゴミとして出すことになった大きなタンスを
息子くんが、
外に出そうとしてくれるではありませんか‼

さすがに1人では大変で
家族みんなが手伝います。


「もうちょっと、ななめにして行こう。」
「うしろ、大丈夫?」
「ここ持った方がいいぞ!」
「せーの!」

などと、会話を重ねながら。

大きなタンスだったので、
じつはかなり大変だったと思います。

けれど、私はあえて手伝いをせず
家族だけでやりきってもらいました。

家族で片づけをやりきる

私はこれがとても大切なのではないかなーと
お客さまの姿を見ていて思いました。


業者さんが入ってお金を出せば
いちいち家族の会話の時間を作って、
面倒なやりとりをしなくても
家は片づくのかもしれません。

親の家を片づけたいという、
表面的な目標は達成できます。

だけど、
あえて、親の持ち物に向き合って、時間を使って

「自分がどういった歴史のある家庭に生まれたか」を知り、
「その歴史をどう受け継ぐか」を考えることは

自分らしさを発見することにも
つながると思っています。


最後に、
お客様ご自身の物も整理。

10pほどもある分厚い専門書たち。

お客様が学生時代から必死に学んできた本を
私も驚くほどに、ポンポンっ!と手放しました。

そして、一言。

「もう、だいじょうぶ!
 これ、ぜんぶ、私の頭に入っているもの♪」


この一言に涙が出そうになった私です。

お客様は、確実に、物に頼らずとも
今の自分にOKを出せた瞬間でした。


帰り際、
初回時には、目も合わせてくださらなかった
お母様と10分ほど話をさせていただきました。
お母様のお部屋に招き入れていただいて・・・。

「丸山さん、わたしね。
 結構いい人生だったと思うのよ。」

すかさず、
「まだ人生終わってませんからー!」
「ここからですからー!」
突っ込ませていただきましたが(笑)

お母様も1カ月間の片づけで、
物の山と向き合い、過去にOKを出せたようでした。


このお宅の未来は明るいぞ!


ゴミの山をたくさん運んで
プルプルする腕を抱えながら
一人、ワクワクがおさえられずにいた私です。


アドラー流お片づけは、
過去を手放し清算する片づけではなく、

過去を受け入れるお片づけ
のような気がしています。

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png