mailmagazine-small.png
kouza-annai.png

2016年09月18日

039.gif言葉ではなく、「物」で勇気づける。

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

3連休中に、軽い衣替えを済ませ
娘たちは今日、おNEWの服を来て
雨の中ルンルンで学校へ行きました♪

新しいものって、ワクワクしますよねっ♡


さて、前回は
という話をしたのですが

私が暮らしの中で、かな〜り意識している

「物」で勇気づける
「物」から勇気づけてもらう

というエピソードをひとつ、書いてみたいと思います。



先日、
上の娘がこんなことを突然言い始めました。

「ねぇー、おかあさん〜、
習い事が続かないわたしって、ダメかなぁ・・・。」



前日の宿題で、日記のテーマが、
「わたしの習い事」という題目だったんです。

クラス全員、同じテーマで。


娘は、今、習い事をしていません。

なので、今までやったことのある習い事について書いて
提出したようでした。


今年の7月に、始めようとした習い事もあったのですが
数回行って雰囲気が合わなくて、やめたんです。

この件については、
彼女の言い分がとてもよく理解できたので
私も納得して。

自分で「やめたいです」と先生に言うのを
応援しに、最後は会場についていきました。




そんなことが夏休みにあって

今回、「習い事」についての日記。


クラスの中で習い事をしていない子は
ほとんどいない状況ということもあり

「続けられないわたしって、ダメかなぁ・・」
という発言が出てきたのでしょうね。



幼稚園の頃は、

同じく幼稚園から、ピアノ教室に通って
小学校2年生で辞めて。

一時だけ、プール教室に通ったこともありました。


だけど、どれも続いていない。



私は、娘に言いました。

「そうだね、続けられないことも今までいくつかあったね。
悔しい?悲しい?

今までのものは、
自分に合わないから“続けない”ことを選んだだけで

続けていることだってあると、お母さんは思うよ。

「ゲームやめなよ!」って言っても
全然やめないじゃん〜(笑)


“続けられないわたし”じゃなくて

たまたま、そのことについては続かなかった。

それだけじゃないかなぁ・・・。」



娘が、“できないこと”に注目していることが分かったので

できていることもある!と
視点を変えようとしたんですね〜。

まずは、言葉で。


けれど、
時に、言葉が逆効果になってしまうこともあることを
実感しています。


特に、母が勇気づけを仕事にしていることを
娘たちは理解していますから

最近は、言葉を素直に受け取らない時があるんです。

10歳を過ぎたころからでしょうかね・・。


「お母さんは
何とか勇気づけしようとしてるでしょ!!

「“勇気づけ”“勇気づけ”ってうるさいんだから!!」

ってね(^-^;



「今、言葉がうまく機能していないなー」と感じたとき
私は「物」に助けてもらいます。


今回は、写真整理のついでに
アルバムからこの写真を探して
翌朝娘が座る場所へ、置いておきました。

20160918.jpg


朝、「おはよう〜。」
と起きてきた娘。


写真をチラっと見て、手にとりました。



「それね、あなたがもうじき5か月になる頃の写真。

絵本を読み始めた頃でね

『おつきさまこんばんは』 が好きでさ〜。

あれから、10年、あなたは本を読んでいるんだね〜!」



娘は、何にも言わずに
写真をじーっと見ていましたよ。

何を考えていたんでしょうね・・・。





言葉ではなく、
「物」で勇気づける。
「物」から勇気づけてもらう。


私は、こんな風に「物」を見て、使っています。


言葉には、力があります。

特に、アドラー心理学に出会ってから
自分が発する言葉に敏感になりました。


だけど、言葉は時に非力です。


発する人の意図と
受け取る側の意図が同じとは限らないから。

あまりに「言葉」に頼ってしまうと
言葉でコントロールしようとし始めます。

だから、私は言葉に頼る勇気づけに偏らないように気を付けて
何よりも、態度を大切にしています。


でもねー、態度って見えない。
そこで「物」に助けてもらうというわけ。


「物」には想いが宿る。
言葉で伝えられないものを、伝えられる
と信じているから。


子どもたちが小さい頃よりも
これから思春期に向けて
物による勇気づけは効果を発揮するのでは?と思っています。


きっと、言葉の量は減っていくだろうから・・・・。




「物」も大切な大切な生活の仲間です。



「物」を恐れなくていい。

「物」を排除しなくていい。

「家族」と「物」と、ともに暮らしていく。



そんな感覚で生きています。


続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年08月23日

039.gifお父さんの虎の巻!「せんたくの、たたみかた」

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。


突然ですが

あなたのご主人、家事は得意ですか?


私の旦那さまは、

結婚当初は
まったくといっていいほど、家事をしたことがなく・・・(*_*;



十数年かけて
ひとつひとつ、伝えながら

育てさせていただきました('ω')ノ


といっても、生活のために分担が必要だからやっているだけで
好きにはなれないそうですが。



Yシャツのアイロンを
任せられるようになったのは大きかったですし
(給食着のアイロンもすっかりお任せ〜♪)

今では、洗濯機の終了音
「ピー、ピー、ピー。」に

私よりも先に気づいて、洗濯物を干してくれます。



あ〜、ありがたいことです。


それなのに私ったら
洗濯物の干し方が気になったり

今度は皿洗いも!!と
ついもっともっと!と要求しそうになってしまうのです・・・( 一一)

ごめんなさいねぇ。


裁縫さえなければ
もう一人暮らしもできそうね!!

いや〜、よかった、よかった!!

(わたし、ガンバッタ!人ひとり育て終わった気分〜♪)



そんな中、何度も何度も
質問と回答を繰り返しているのが洗濯たたみ。


夫:「これでよかったっけ?」
私:「あー、こうやってほしいのよぉ」

夫:「これでよかったっけ?」
私:「だからー、そうじゃなくてぇ・・・・」

夫:「これ、誰のくつした?」
私:「それは、私の!!!」

夫:「このヒラヒラ、どうやってたたむの?」
私:「ヒラヒラしてても一緒だからー。まず床に広げて〜」


たたみ方が違ったからといって
別にどうということもないのですが

家族がみんな同じたたみ方であれば
収納時に見た目がまとまって助かります。



とうとう繰り返される質問を見かねた(!?)2年生の娘が
お父さんにプレゼントを作ってくれました。


「せんたくの、たたみかた」
20160823-2.jpg

おお〜〜、すばらしいじゃないですか!

20160823-3.jpg

なんということでしょう〜。
この、ざっくりとした、ポイントを得た絵!!

(ふりがなふってあるのは、謎。 笑)

20160823-4.jpg

しばらくは、虎の巻として
使っていくそうです(^◇^)

※これは、あくまでも我が家のたたみ方です。



できないところをダメ出しして

矯正するのではなく

どうやったら相手ができるようになるかを考えて

工夫して伝える。




勇気づけは言葉だけはありません。

どうやら
娘の方が勇気づけ先生ですね〜〜〜!


洗濯物のたたみ方に関しては

「分からない人には、具体的な行動を見せる」
というブログ記事の中でも書いたことがあります。

ポイントは、たたみ始める時の服の向きですよ!!

あとは、なんとかがんばって、
長方形にしてみてくださいっ!(笑)




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年07月16日

039.gifなぜ、お片づけを仕事にしているのか?

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

今朝、
Facebookでシェアされている、
ニュースの記事を見ました。

by Yahooニュース。


この記事を読んで
私がなぜ、お片づけの仕事を始めたのか
原点を思い出したので
ちょっと書いてみようと思います。



学生の頃は、外国語の先生になりたかった私。

その夢があきらめきれず
娘が幼稚園の時には、ママ友達とえいごサークルを開いて
英語の先生もどきをやっていたこともあったんですよ〜。

1時間のレッスン中、歌ったり踊ったりしながら
「あなただって、えいご話せるよ!」と
いっぱいいっぱい子どもたちを勇気づけました。

子どもたちのキラキラした瞳が大好きで♪

子どもを観察するのが、楽しくて仕方なかった。


でも、
ある日のレッスン後、
ひとりのママが自分の子どもにこう言ったんです。


「帰るわよ!早くしなさいっ!
 何度言わせるのよっ!
 もう、あんたなんか私の子どもじゃなきゃいいのに!」


先ほどのニュースの2番目に出てくる、
「呪いの言葉」でした・・・。


その一言が、当時の私の胸にも深〜く刺さり、
私は激凹み。

そのママを変えたい、とかではなくて

人に怒りの感情を投げつけると、
このくらい人を委縮させてしまうのか・・・・

私もこうやって娘を怒り、
今まで委縮させてしまっていたのか・・・と
母としての在り方を猛反省したんです。


で、
徐々に英語サークルの活動に違和感を抱き始めました。

たった1時間だけ楽しく英語で遊べても、
これじゃぁ意味がないじゃないか!

お母さんがイライラしてたら
私たち他人が頑張って勇気づけても
子どもたちの心は、
家に帰ったとたん、すぐにボロボロになっちゃうじゃないか!

子どものために、ママをサポートしたい!

もっと根本からママをサポートするために
私にできることは他にないの??

「家庭」なんだよ、家庭!!


家庭の雰囲気を変えるために、
私がやってきたことは・・・。

家族の関係を良好にするために、
私は、何をやってきた?

私が今、できていることで
ママたちの役に立てることは何?



そんなことを
何か月もグルグル考え〜、
整理収納の講座に出てみたりして

ようやく見つけたのが

子育てが始まって、
自分のイライラと向き合いながら試行錯誤してきた

「“家庭に入り込んで”ママを勇気づけるお片づけ」を
提供することでした。


だからでしょうね。

私の基本コンセプトは、
「きれいな部屋を作ること」ではないんです。

見た目を気にしないわけではないですが
最重要課題ではありません。


『家族みんなの感情が安定する住まいづくり』
がテーマ。

片づけをしながら
扱っているのは、、、あくまでもココロです。


「呪いの言葉」の衝撃が、
ボランティア活動から起業へ方向転換した
私の原点だった、というお話しでした!


タグ:勇気づけ
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年06月11日

039.gif子どもを尊敬するって、どういうこと?

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

以前、20名のお母さんたちに
勇気づけの子育て講座を開催している時、

こんな質問をいただいたことがありました。


「丸山さんの言いたいことは分かるんですけど

でも、子どもを尊敬しようと思っても、
相手は実際小さいし、
まだまだできないこともたくさんあるし。

面倒見てあげることは必要だし。

尊敬して、信頼して、横の関係を築くって、
ピンとこないんです。

『横の関係』を築こうと考えると
まるで、自分の価値を下げているように感じてしまって

なんだか、納得いかないんですけど・・・。

どう考えたらいいですか?」



あなたはどうですか?
同じように思った方もいると思います。



アドラー心理学では、
相互尊敬・相互信頼を大切にしていると
ブログで書いてきましたが、

漢字から、
言葉の意味は何となく理解していただけると思います。


相手の存在を大切にするってことかな。
相手を尊重することかな、と。


大人でも子どもでも、命の価値には変わりはない。

それは、“頭では”理解できる。



でも、実際何からはじめればいいか分からないのよー!
という方に、

私は、こんな風に伝えてみました。


「子どもの行動を
おもしろがってみてはどうでしょう?」
と。


尊敬しよう!
信頼しよう!

と気合いを入れるのではなくて

ただ、おもしろがるのです。




道路の白線の上を、平均台に乗るように歩く子どもを見て
おもしろがる。

「何やってるんだ!?この子?」



トミカを、必死に一列に並べている子を見て
おもしろがる。

「何だか、不思議なことやってるわ〜、この子。」



パスタを口の中に入れたり、出したりしながら食べている子を見て
おもしろがる。

「変なの〜。器用なことやってるわ〜。ありえないわ〜。」




講座の中で
「うちの子どものおもしろいところ自慢」をしてもらうと
話に花が咲いて、止まらなくなるんですよねー笑

で、
「子どもって、すごいよね〜!」
という結論が出てきたりします。


ほら、子どもって、なかなかすごい!


この感覚が、
尊敬のスタートでよいのではないでしょうか?




アドラー心理学の本を読んでいくと
漢字が多く出てきて、

なんとなく概念的で、勉強したようになることも多いのです(^-^;

本を読み始めた頃の私がそうでした。


尊敬しなくちゃ!
信頼しなくちゃ!

なんて、肩に力を入れなくても大丈夫ですよ♪


自分と違う生き物を
ただ、おもしろがって観察してみてください。


おもしろがると
自分の価値観と相手の価値観に、いい距離が作れます。

その適正な距離感が

子どもの能力に気づいたり、
自分のできているところに目を向けられたりといった余裕に
つながってくるのだと思っています。




産後、赤ちゃんの抱き方すらよく分からない私は、
保育士をしていた母親の見よう見まねで、
育児をスタートさせました。


母は、とにかくジーッと観察する時があるんです。

手も口も出さずに

ジーーーッと。


「おもしろがって、観察すると
子どものやりたいことが見えてくる」というのは
母の行動から教えてもらいました。



私の育児は、おもしろがることをベースに

勇気づけのコツを学んで
できることから、ひとつひとつ加えていったんですよ〜!

イライラとニコニコを
何度も、何度も、繰り返しながら・・・。

(あっ、今も、繰り返しながら・・・・笑)



勇気づけのコツは、

ぎゅぎゅっと凝縮して学びました♪

私の講座を受けてくださった方には

勇気づけのコツ12個を毎日確認できる
≪勇気づけのコツ早見表≫をプレゼントしています(^^)/

勇気づけのコツ早見表2.png

ついガミガミ子どもを叱って、悩んでいる方。
ほめない叱らない、勇気づけの子育て方を知りたい方。
自分の育児に自信をもちたい方。

6月14日(火)〜、7月8日(金)〜スタートする

学んでその日のうちに
家に帰って使えます☆



p.s.今朝、上の娘は起きた後に
タンスの上でこんなことをしていたようです。

(あえて広げて置いてあるところが・・・・アピールか??)

20160611.jpg
「勉強しなさい!」なんて言わなくても
自分がやりたければ、やるんですね〜。

ドリルをするタイミングが、あまりにも気まぐれすぎて

なかなかおもしろいですっ (笑)


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg

2016年06月09日

039.gif片づけたければ、報告・連絡じゃなくて、相談!!

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

先月から
アドラー流「勇気づけのお片づけ」実践セミナー0期
スタートしています。

同時に、
5月末から、片づけのカウンセリングとサポートに
多く入らせていただいているのですが


片づけに伺う度に思っていたことが
最近、確信に変わりました。


〇片づいていない家庭。
〇片づいているのに、空間が冷たく、
 何かギスギスしている家庭。


両方に足りないものは、
片づけノウハウではなく
会話である!!



夫婦の会話のこともあるし、
親子の会話のこともあるんですけれど

絶対的に会話が足りないと
多くの方と話しをして感じています。


会話をしていないので、
家族のことをしっかり理解できていない。

それなのに
片づけは、しないといけないと信じているので
お互いに思惑や予想で行動し始めるんですよね。


「この収納方法なら、“きっと”便利だろう」

「このおもちゃは、“きっと”もう使わないはず」

「勝手に捨てても、“きっと”バレないだろう」と。


けれど、物の持ち主は、
まったく別のことを考えていたりして・・・(>_<)


その誤解や、コミュニケーションのギャップが

〇片づかない現実
〇お母さんは片づけているけれど、
 家族が理解していない
〇実はひっそりと、家族がお母さんに不満を持っている

という状況を作っていきます。



みなさんに聞くとね、
決して仲が悪い家庭というわけではないんですよ〜。


むしろ、一緒にお笑い番組とかを見て
笑いあうことを楽しんでいる家庭も多いし

週末は、家族の時間を作って
レジャータイムにしています〜♪という方もいらっしゃる。


言葉は交わしているんです。



問題は、言葉の種類。



社会人になってから、
報告・連絡・相談=ホウレンソウをするように!
って習った方は多いと思うんですけれど、

コミュニケーションのギャップがある家庭は

報告連絡だけで成り立っていたりします。


夫:「今日は、仕事で飲み会あるから、夕飯いらないよ。」

妻:「そうなんだー、わかったー。私は軽く済ませちゃおう。」

夫:「そういえば、来週は、出張になったんだ。」

妻:「はいよー。」

夫:「俺の旅行バッグ、どこやった?」

妻:「階段下の収納に入ってるから、見てみて。」

で出張の日の前夜

夫:「明日早いから、5時に起こして。」

妻:「えっ!5時〜!?」

 (あはっ、ドリフでそんなのあったねぇ・・笑)

とかね。




母:「明日、学校で図書の時間あるのよね?準備した?」

子:「準備できたよー!」

母:「今日は学校でどんなことがあったの?」

子:「Oくんが、鼻血出して、ティッシュ貸してあげたんだー。」

母:「ティッシュ、持っててよかったじゃん!
  明日からも忘れないで、用意しなさいね。」

とかね。



報告と連絡を怠らなければ、
正直、家庭はそれなりにまわります。

もしよかったら、やってみてください♪



ただし、このままでは
自分のことを家族に分かってもらっている
自分の存在を肯定してもらえている

という感覚は、育ちにくいんです。

片づけたければ、
相手を知る必要があります。


だから、報告・連絡に加えて
相談することを意識してほしいのです。


「わたしは、こう思うけど、あなたはどう?」
「俺は、こう思うけど、子どもたちはどうだろう?」
「お母さんは、そういうけれど、わたしはこうしたいの。」

相談して、
お互いの意見を伝えあって、認め合って、
答えを見つけ合って

やっとこ

「あぁ、わたしの意見を尊重してもらえた。」
「夫は、私のことを大切にしてくれている。」
「お母さんは、僕のことを見ててくれる。」
「わたしは、ここにいていいんだ。」

そんな、相互の信頼関係が築かれます。



アドラー流「勇気づけのお片づけ」入門セミナーでも

片づかない原因は、
人間関係に問題があった!

ということをお伝えしています。

実践セミナーでは、
ぜひ身につけたい、「2種類の人間関係」について、
あなたの暮らしに落とし込む形で
コミュニケーション方法+片づけ法を学んでいきますよ〜。


入門セミナーの後に、実践セミナーへ進んだ方から
こんな感想をいただきました。

===========================

いくみさんから学んで良かった、と思います。

片付けで悩んでいたけど、
ただ片付けをなんとかしたいのではなく

家族の関係を良くしたかったのだな、
とあらためて思います。

=======================

自称、お片づけジプシーのOさんは、

現在は、自分を勇気づけながら、
家族を勇気づける方法を着実に実践して

無理なく、片づけを進めていらっしゃいます♪


次回の、
アドラー流「勇気づけのお片づけ」入門セミナー

7月7日(木) (七夕だぁ☆彡)
10時〜新宿にて開催します!
20160517.jpg20160430-3.jpg


そして、片づけにも、育児にも、仕事にも使える
勇気づけコミュニケーションを学ぶ講座ELM(えるむ)

来週6月14日(火)からスタート!
20160315-5.jpg20141119.jpg

アドラー心理学を取り入れながら片づけをすると、
自分も満足、家族も満足を
両立できるようになります♪


mail6_4.png


遠方の方や
まだお子さんが小さくて〜という方は、

まず始めにお読みいただけるとうれしいです!




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー10/19スタート!
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート