2016年10月19日

039.gif完璧じゃなくていい。向上していけばいい。

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。


アドラー流「勇気づけのお片づけ」は

1.アドラー心理学で
 片づけるココロを手に入れてから
 (ココ、大事よー!)

2.片づけの実践「6つのステップ」に進みます


『ゆほびか』12月号では
「アドラー式片づけ術」の6ステップを紹介していただいたのですが

今まで、整理収納について学んだことのある方や
片づけ特集の雑誌を見るのが好きな方は

な〜んだ

どこにでもあるステップじゃない!と思われたと思います。

6step.png

それも、そのはず。

このステップって、
私が、家の片づけや家族との人間関係が円滑にいくようになって
片づけのプロになろうと決めてから

ようやく、片づけに関する本を
なん十冊と読み込んで、平均化して

自分の生活に当てはめたステップなんです。



過去の私は、ステップなんて知りもしないで
アドラー心理学だけで片づけちゃったので・・・。

理論が後付けの人間です。



それでも、
このステップを理解していると、
片づけに向かう行動が、論理的によりわかりやすくなるので

拙著の中でも
紹介しています。


やはり、基本を正しく知っていると便利です!!



では、何がアドラー流なのかというと

それぞれの工程に
常にアドラーマインドが流れていて
不完全である勇気を持ちながら、未来に向かって進んでいく

というところなんですよね〜。



アドラー亡き後に
アドラー心理学をまとめたルドルフ・ドライカース

こんな言葉を遺しました。


「私たちは完璧を求めているのではなく、
向上したいだけなのだということを
心にしっかりとめておきましょう」




私たちって、よりよく生きていきたいんです。


お片づけもそう。

いくら完璧に整理をして
完璧に定位置を決めたとしても

私たち自身が日々向上しているから
物との関係がズレてきます。

変化に合わせて、
まわりにある物が変わることは当然なんです。

数年前に、自分の中で流行っていた服が
今年見たらなんかピンとこない・・とか、
よくありますよね!


ちょうど4年に1度、うるう年を作って
地球の軌道と太陽の位置を調整するように

私たちにも
定期的な「見直し」が必要です♪


こういう考え方だからでしょうか。

私の片づけには、「リバウンド」という言葉は出てきません。

「生活と物の関係が、ズレてきちゃってるようなので
見直しのタイミングですねー!」って程度です。




あなたが片づけについて
どのようなイメージを持っているか分かりませんが

片づけは
死ぬまで続く作業です。



アドラーは

「生きているということは、劣等感を持つこと」

という言葉を遺していますが


私に言わせれば

生きているということは、散らかすということ。
生きているということは、片づけるということ。


そんな感じ。

散らかさないように必死になることは、自然ではないし
片づけるために必死になることも、自然ではない

散らかしたら、片づければいい。

そんな感じ。



だからね、
完璧の罠にひっかかって、
片づけが進まないようならば

完璧をいったん手放して
らせん階段のような工程をイメージしていただきたいのです。

20161018.jpg

らせん階段なんて、嫌かしら??

死ぬまで上り続けるなんて、
疲れちゃいますもんねーー!!




でも事実、あなたの人生は、まだまだ

まだまだ 続きます。



だからこそ、階段を上り続けられるように、
片づけを軽くこなす方法を知ってほしいのです。


たまには階段にこしかけて、
ぼーっとしたっていいじゃないですか♪

手すりを滑りたくなったら
ちょっと滑って、下の階に行ってみてもいいじゃないですか♪



そのくらい
片づけに対して
ある程度の距離感と心の余裕をもってほしいんです。


片づけのことばかり考えない生活ができれば

あなたの本当にやりたいことが
思う存分できますよ!!(^^)/



「6つのステップの中で どのステップが一番大切ですか?」
と聞かれるとき、いつもこう答えます。


6つのステップをクルクルと
回せるようになることが大切です!!


とね!


「捨てる」は、「A整理」の中の
たったひとつの選択肢でしかないと
私は考えています。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

039.gifそれでも「片づけないあなた」が求めているもの

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

今日は、楽しみにしていた17日!
後ほど、理由はブログで紹介しますね♪

先週は、
開催しました。

20160517.jpg

何とかして片づけに向き合わなくては!
と思っていらっしゃる参加者の皆さまなので

いい加減言い訳せずに
行動するしかない!

ということを、十分すぎるほど分かっている。
頭ではね。

入門セミナーの中では、

片づいている部屋も
片づいていない部屋も
あなたの目的に沿っています
という話をします。

あなたの目的に沿った、最善の策が
今のお部屋の形に現れているんですね!

これを伝えると
みなさん 

イテテテ・・・・
丸山さんって勇気づけだから
褒めてくれると思って来たのに・・・
意外と厳しいわ・・・
なんて本音が出ます。


あなたは、片づけしなくちゃ!とは思うんですよね、
それなのに、やらない。

私の場合は、
ダイエットしなくちゃ!と思うのに、やらない。(^^ゞ


やりたいなら、素直にやればいいのに、
私が、ダイエットしない目的って何だろう・・・って
週末ちょっと考えてみたんです。


結局、完璧なスタイルじゃなくて
ぷよっとした部分がたくさんある私でも愛してくれるかどうか
相手の愛を確かめているのではないだろうか・・・と。


「こんな私」だけどいいですか?
って、すでに自己否定からスタートして

他人の愛に甘えることで、
不安を消してるのかな、と気づいちゃったんです。


あなたは、そんな一面持っていませんか?


人は注目されたい生き物。

たとえ「いい加減、片づけろよ!」と怒られても
無視されるよりは、注目していてもらえるわけです。




片づけができない私とも
こうやって生活をしてくれている。
まだ、見捨てられてない。まだ、大丈夫・・・。

そのラインを確かめたいのでは?と。


これは、子どもたちがあえて悪いことをして
わざとお母さんの気を引こうとするのと同じ心理です。

子どもっぽい行動なんですよね(^-^;


ダメな自分を認めてくれる人は、
本当にありがたい存在です。
その人がいてくれるだけで、心強いしほっとする。

我が家の場合は、
家族みんなが「不完全」だと思ってるから

宿題が終わらずに暴れる娘を
「あ〜、毎日だもんねぇ、よく頑張ってるよねぇ。」と見守れる。



でもね、
だからといって、課題に向き合わない自分に
注目しつづけてもらう必要はないわけで。

ありのままも大切だけれど
私はどちらかというと
「変化するあなた」を応援したい!と思います。


あなたが片づけたいなら、すればいいんです。

あなたが片づけたくないなら、家族に頼ったっていいんです。

家族が、
納得して役割分担ができて
結果として家庭がまぁるく運営できれば、
それでいいんじゃないですか。

課題への向き合い方は
必ずしも「あなたが片づけできること」だけが
答えではありません。

20160517-2.jpg

そのための、コミュニケーション方法と片づけの理論を学ぶ講座
アドラー流「勇気づけのお片づけ」実践セミナー0期生を
いよいよ来週スタートさせます。


講座の最後に、受講者のおひとりに質問してみました。

「もし、あなたの目の前に
 『片づけたいけれど、片づけられないんです…』
 『こんなわたし、ダメなんです…』
とウジウジしている人がいたら、
あなたは、その人を“ダメな人”だと思いますか?
その人に何て声をかけてあげたいですか?」
と。


そしたら、Sさんはこうおっしゃいました。
「ダメな人なんて思えません。
 ただ、頑張れーって応援したくなります。」って。


ねっ。


あなたが思っているほど
まわりの人は片づけができないくらいで
あなたを嫌いません。

苦手な部分を克服しようと頑張っている人を
応援しない人なんて、いないでしょう。


けれど、
もし、課題から逃げているのが見えたら
がっかりしてしまうかもしれない。

あなたの可能性を、
あなた自ら閉ざしているように見えてしまうから。


自分にダメ出しして、
自分の課題から目を背けているとしたら、
そっちの方がよっぽど、もったいないです!


「“片づけられない私”という自己イメージに
いつまでもしがみついていなくていいんですよ!」
という言葉に目を潤ませながら頷いてくれた受講生さんは、

家に帰って仲間に宣言した通りに、
サクッとキッチンの作業台の上を片づけてみたそうです♪

ほ〜ら、
片づけノウハウや、収納グッズに頼らなくても
できちゃうんだから♪


入門セミナーに出た方は、
今のところ100%の確率で、整理をスタートできています。

今まで何冊も本を読んだのに、片づけができなかった方。
一緒に取り組みませんか?



自分にダメ出しして、
それでも成長したいと必死に願って
右往左往しているあなた。

そういうあなたの人間味あふれるところが、
私は大好きです!


あっ、だから、ダイエットしたいのにやらない〜
みたいな自分のことも、
結局大好きなんですよ、わたし(^^ゞ

自分の変化も、あなたの変化も応援していきます!


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

039.gif片づいていない物からのメッセージ

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

※お食事中の方は、後ほどお読みください。


今朝、寝ている私のもとに娘が来て、こう言いました。

「おかあさん〜・・・
 はいちゃった・・・・。」


飛び起きる、わたしっ!

「えっ!?
 だいじょうぶ?
 どこにはいたの?」


若干落ち込んだ様子で涙ぐんでいる娘といっしょに
慌てて、娘たちの寝室へ。



「どこで吐いちゃったの?」

「ここ・・・」
と娘が指さしたのは、

跡形もなくきれいになった寝室の机の上でした。


「じぶんできれいにしたの?」

「うん・・・ティッシュでふいた・・・」

「どのくらいはいちゃったの?」

「うんとー、これくらい・・・。」

「どんな色してた?」

「わすれちゃった・・・」



「そっかー。
 びっくりして自分できれいにしたの?
 ありがとう。ひとりで頑張ったのね。

 でもさぁ、どのくらい吐いたかとか
 見てみないと、〇〇ちゃんのようすが分からないよ。

 こういうときは、そのままでもいいんだからね。

 具合悪いときは、
 ひとりで頑張らないで、大丈夫よ。

 お熱、測ろうか。」



お食事時でしたら、失礼いたしました。

子どもたちって、突然体調崩しますよね?

そんなとき
たとえ汚物であっても、
子どもの体調を親が見て、状況を把握するために
「物」は大切です。


たまたま食べ過ぎて吐いたのか、
具合悪くて吐いたのか、
咳き込んだ勢いで吐いたのか

きれいに拭かれてしまっていては、
状況を把握するための
貴重な情報が無くなってしまうわけです。


こうやって「物」は、
わたしたちに持ち主の状況を伝えてくれます。

離乳食で初めての食材や
初めての固さに挑戦するときも
きっと、お母さんは子どもの体調を知るために
身体から出てきた「物」を見ることでしょう。


ダイニングテーブルに山積みの書類も、
キッチンボードに出しっぱなしになっている調味料も、
出窓にある、すっかり枯れたサボテンも
わたしたちにメッセージをくれます。


「物」は、ポジティブなメッセージを伝えてくれます
と私は伝えていますが

今回ように
あなたに有益な情報をくれると解釈すると
分かりやすいかもしれません。


分かりやすいエピソードだったので
二度寝する娘を横に、
慌ててブログを書いてみました。



あなたの家の物は
どんなメッセージを発信してくれていますか?

自分自身の状況や気持ち、
家族の状況をお互いに「物」を通して観察して

「快」を感じる物を残し
「不快」を感じる物からは卒業していきましょう。


すると、
「快」だけが残ったお部屋が作られていきますよ。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

039.gifお片づけは、つらい。なんておもったら、おおちがい!

おはようございます!

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

昨晩、娘がおもしろい詩を読んでいたので
紹介させていただきます♪

===================
 なんておもったら

        佐野美津男

パンやさんは
ほかほかのパンばかり たべている
  なんておもったら
  おおちがい

ようふくやさんは
いつもあたらしいズボンをはく
  なんておもったら
  おおちがい

びょういんの かんごふさんは
びょうきをしない
  なんておもったら
  おおちがい

マドロスさん(=船乗り)は パイプくわえて
カモメとあそんでばかりいる
  なんておもったら
  おおちがい

よっぱらいは
なまけものでしょうがない
  なんておもったら
  おおちがい

へいたいさんは
くにをまもってくれている
  なんておもったら
  おおちがい


このほかにも
<なんておもったら おおちがい>
なものが うんとある

そしてすこしは
ほんともある
  それをぼくらは
  さがしてみよう

======================

いかがでしたか?

軽〜く、考えさせられる詩ですよね。


アドラー心理学には
「認知論」という考え方があります。

人はそれぞれ、自分だけの眼鏡をかけていて
見るもの感じるもの全ては
「その人固有の認識である」ということなのですが


なんておもったら、ってこと。
たくさん、ありませんか?


私のお客様の中には

「お片づけの宿題があったら、出してくださいねー!
 片づけの宿題を出してほしいと思うなんて、
 こんな自分に、びっくり!」

「お片づけが、楽しい時間になるなんて〜
 もう、びっくり!」

「過去の片づけられない自分を許せるなんて、
 もう、びっくり!」

とおっしゃってくださる方が多くいます。


お片づけがつらい。
なんておもったら、おおちがい!!
ですよ(^o^)丿

お片づけは、
捨てなきゃいけないものでも、
こうしないといけない!と強制されるものでもありません。

もっと自由に、
もっとのびやかに
あなたらしさを追求して
生活をラクに。ラク〜にする手段です。


出版の日取りがようやく決まり
(次のブログか何かで、紹介します!!)

年内は、頭フル回転ですが
11月はあと3名。
12月は数名のご予約をいただけます。


年内に「心が満足する片づけをしたい!」
と思っていらっしゃる方。

ご連絡くださいませ。

お試しプランからのスタートが人気です♪


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

039.gif近道は、片づけの具体的なやり方を教えてくれる人!

勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美です。

前回のブログにも書きましたが
日曜日は、
私も卒業したJAPO
お片づけのプロ養成コースのお手伝いに行きました。

最後に「宣言文」とともに、皆さん卒業!

皆さんの、キリリと引き締まった
やる気に満ちた表情を見て
私も、やる気をいただきました。



今、お片づけ業界では、
様々な資格があります。

どんどん、いろんな団体が立ちあがっています。


けれど、ここまで
お片づけの「事業、ビジネス」のやり方
ぎゅっと凝縮して教えてくれる場所は、
無いのではないか?
と思うのです。



私が、JAPOで学ぼう!と決意した決定的な一言は

かの有名な思考は現実化する、
第5章の一文でした。

『専門知識を得るためには、
 その知識を最も集中的に教えてくれるところで
 学ぶといい』

「最も集中的に」
という言葉に、導かれて
私はJAPOに通いました。

家庭でのお片づけも似ています。

いざ片づけをしようとすると、
つい、手元にある雑誌を読みふけってしまったり・・・。
スマホをいじってしまったり・・。
そんなこと、ありませんか?

雑誌や、本をかいつまんで読んで
収納ノウハウを眺めても、

具体的に片づけという行動をしないと
片づきません。

だからこそ、近くに
『具体的に』教えてくれる人がいるって
大切だと思うのです。


しかも、集中的に!

私みたいな
お片づけ作業を一緒にしてくれる人といると、
その人の考え方や、
判断の基準、思考の仕方を学べます。

これこそが、
ノウハウなんじゃないかと思うわけです。


10月は、大掃除にもお片づけにも
うってつけの季節。

窓を全開にして、
(今日は、ちょっと風が強いけれど 笑)
一緒にお片づけ、はじめませんか?

今なら
「今年中に、すっきりしたい!!」を
叶えられますよ♪

気になる方は、



p.s.
日曜日のランチは、
ご一緒させていただきました。

お二人とも、
今、大人気の講座を展開する、団体の理事!

磯ヶ谷ふき子先生は、
ルームスタイリストのプロを養成していらっしゃいます。

橋口真樹子先生は、
親・子の片づけインストラクターを養成していらっしゃいます。

いやぁ〜、私は恵まれております♡
おいしいご飯を食べながら、
幸せな時間をかみしめておりました(笑)

「どんな人と付き合うか」
環境は、大事だ〜!と
改めて感じた一日でした。



annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png