家族を味方につける「勇気づけのお片づけ」は
以降、新HP内にブログをアップしてまいります。
https://jibunsuki-life.com/

過去記事については、少しずつリライトし移転します。
移行途中はご不便をおかけしますが
ご了承くださいますようお願いいたします。
このブログは、2018年末を目安にクローズとなります。
新しいHPをブックマークしていただけると幸いです
よろしくお願いいたします。

2018年02月16日

039.gif新事実!?片づけられる人=捨てられる人、ではなくていい。

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

今日は、とある雑誌の企画でカウンセリングをしてきました。
発売されたら、ブログでもお知らせしますね!

90分のカウンセリングで、お客様の悩みがみるみる紐解けていきました。
スタート時は、到着地点がまったくイメージできていなかったのですが、お話を伺って「その人らしさ」「その人の片づけの目的」がつかめると、一気に対処法が見えてきます。

あーだこーだと一緒に考えるのは、本当に楽しいですね♪


今回のカウンセリングでも、
『アドラー心理学で家じゅうスッキリ!片づける極意』
のライフスタイル診断(お片づけ編)p26〜p34が絶妙なヒントをくれました(*^-^*)

自分の研究結果に救われホッとしてみたり(笑)


アドラー心理学で家じゅうスッキリ! 片づける極意 (人生が大好転! 自分も家族も幸せになる!) -
アドラー心理学で家じゅうスッキリ! 片づける極意 (人生が大好転! 自分も家族も幸せになる!) -


お客様からは「私は片づけができないと思っていたんです。そうじゃなかったとは一番の驚きでした!」と感想をいただきました。

片づけのカウンセリングを通して、自分で自分を暮らしにくくしている「意味づけの勘違い」に気づいてくださったのが、うれしかったですねー!

その「勘違い」について書いてみます。



「私、片づけられないんです!!」
そう自己紹介する方は、大勢います。

そんな方に読んでいただきたいのですが

もしかして、あなたは

片づけられる人=捨てられる人
だと解釈していませんか??

そして、捨てられない自分を
「あ”−、ダメだ、私は片づけができないんだぁ‥」と自己否定の理由として使ってはいませんか?

いかがでしょうか?



もう、「捨てる」だけに注目する時代は終わっていると私は考えています。


もちろん、片づけるためには、捨てる力も必要です。

けれど
片づけられる人=捨てられる人
という解釈があなたを苦しめているのであれば

あなたは違った新しい解釈を「今、ここから」選びとることだってできるのです!





私の考える片づけられる人の定義は、

片づけられる人=自分にフィットする部屋を作れる人
です。



どうでしょうか?



大好きで大好きで、どうしても手放せないモノがあるとして
それが、「あなたらしさ」を表現するモノであるのだとしたら

どうして「捨てなきゃ、捨てなきゃ」と焦って疲れる必要があるのでしょうか?


そのモノを捨ててしまったら
大切な「あなたらしさ」をどう表現したらいいのでしょう?

どうやって「自分の部屋」で安心感を得たらいいのでしょう?

モノをたくさん所有していても、「あなたらしさ」を中心に考えてさえいれば、無秩序に散らかった部屋にはなりません。
不思議かもしれませんが、ちょうどあなたにフィットする量に収まります。



あなたにとって、「片づけられる人」はどんなイメージがありますか?

ぜひ、あなた自身の意味づけを考えてみてください。


そして、その意味づけが自分を苦しめていると気づいた場合は、新しい意味づけを作ってみてください♪
自由に!



annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


posted by 丸山郁美00:17 | Comment(0) | 片づけの前に考えるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

039.gifお片づけサポート4月以降料金改定について

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

4月以降、お片づけお試しプラン、お片づけサポート各種セットの料金を改定させていただきます。
リーズナブルにご利用したい場合は、いまのうち、3月までにご予約くださいませ(^^)/




私のお片づけサービスでは、まずはじめに


その後、あなた希望とお部屋の状態に合わせて、何回の片づけ作業をするか相談をしていきます。

いくつか決まった部屋を片づける場合は3回プラン、家じゅうの片づけをする場合5回プラン(+α)を選ぶ方が多いです。


お片づけサポートに進んでいただいた方には、作業後1か月のメールサポートが付いております。


これまでは、メールの数も少なく済んでいたので、ほぼボランティアのつもりで取り組んできたのですが、個別にメールをするのはなかなか時間のかかる作業です。

それぞれの家庭にベストな提案を心がけ、グッズを紹介するにしても下調べに時間を要しますので
4月以降、料金改定をさせていただくことになりました。


料金は上がりますが、しっかりお支払いいただく分、まるでおまけ同然だったメールサポートを、きちんとしたサービスとして提供してまいります!


例えば、お片づけサポートを1回頼んでいただくと

1回の作業を依頼するのではなく、
1か月のサービスをご購入いただくのと同じことになります。

仮に、1か月に1回のペースでお片づけ作業を入れていくと
3回プランは、3か月のサポート
5回プランでは、5か月のサポートが得られます。


通常、何かの行動を習慣化する際には、21日間続けることが必要だとよく耳にしますが
今まで片づけが苦手だった方が、21日間で本当に習慣化できるかというのは、正直微妙です。

人によるところも大きいですが、21日で一旦は習慣化されたとしても、1か月程度で元に戻る力も働いてしまうのです。。。

実は、そんなお客様を何人か見てきました。


片づけのプロと一緒なら片づけができた!
それも大切な体験なのですが

私は、「自分ひとりでもできた!」「片づけのプロの力を借りずにできた!」とあなたに体感してもらいたいのです。

自分でできた!という自信が、あなたの新しい暮らしの習慣を作っていきます。



もう、片づけに悩み続ける人を減らしたい。

感情の波、モノの量の波を感じながら、「日々の暮らしを楽しめる人」を増やしたい!


そう願うからこそ、値上げを決めました。


これは、私自身の覚悟の現れでもあります。


これから先、一生、死ぬまで片づけは続きます。

はい。。。
残念ながら、一度片づけただけでは終わりません。

一生、続きます。


だからこそ、自分に無理のない片づけを身につけてほしいのです。
もう片づけで悩まなくなるために。


あなたも、この春お片づけの習慣化にチャレンジしてみませんか?

mail.png

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


posted by 丸山郁美23:41 | Comment(0) | お知らせ・ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

039.gif北区教育委員会主催、家庭教育学級にて「勇気づけのお片づけ」講座を開催

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

1月30日、2月6日、2月13日と3回にわたって
北区教育委員会主催の家庭教育学級を担当しています(*^-^*)

北区での講座は、昨年に続いて2年目。

昨年は2回講座だったので、今年受講される方はお得です(笑)


インフルエンザが流行る中ですが、心理学からアプローチする「勇気づけのお片づけ」で、3週間で片づけマインドに変化を起こしますよ♪

今回は、1日目の講座の様子を。

講座のテーマは
『イライラをやる気に変換!片づけられない本当の原因を知る』でした。

20180131.jpg

「お片づけボードR」を使った講座は、定番です。
20180131-2.jpg

〜♪〜♪〜♪ 1日目の感想 ♪〜♪〜♪〜

●気持ちよく片づけができるように、自分の考えを変えてみたいと思いました。
●“人それぞれ価値観が違うから片づかない”ということに納得しました。
●どうしたら「やるぞ!」のスイッチが入れられるかを知りたくて参加しましたが、心理学からのアプローチでナルホド!と思いました。来週も楽しみです。
●日々、理想と現実のギャップにイライラしているのだと気づきました。
●自分ひとりで何とかしないといけない気がしていましたが、「うちはどうするか?」を家族みんなで決めればいいんだと知れて良かったです。ちょっと気が楽になりました。
●とても為になりました。私は片づけが苦手だと思い込んでいたことに気づきました!
●夫とケンカになるのを避けて、あまり話さなかった片づけの部分を、話してみたいと思います。
●自分だけの価値観で生きていくのは窮屈なんだなぁ、と思えました。
●片づかない原因は人間関係にある、という内容にとても共感できる思いを抱きました。次回以降が楽しみです。
●グループで宣言したことを、みんなが応援してくれたのでしてくれたので、さっそく実行します!
●お話を聞いて、私一人で抱えるのではなく、家族みんなで取り組んでいきたいと思いました。
●1時間以上も机に向かうなんて・・と思って席に着きましたが、あっという間に時間が過ぎ楽しかったです。
●人にはいろいろな価値観があるという事をつくづく感じました。
●ずっと家が片づかない!と思っていましたが、私が「片づけ」と思っていたことには、6つもステップがあったのですね!ハッとしました。
●夫が本やゲームをたくさん買い込んでくる理由に納得です!
●普段感じていても口に出さずしまい込んでいた事を先生にポロっと言われて、自分だけじゃないんだって素直に思いました。
●やらなきゃと一人で焦っている感情が、子どもにイライラをぶつけていた原因でもあるので、まずは自分に声をかけてあげたいと思います。
●ダメ出しではなく「どうする?」「どうなりたいか?」と、自分にも子どもたちにも声をかけて、気持ちいい生活をしていきたいと思いました。

〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜

私の講座はグループワークが多いのですが
楽しんで参加してくださった方が多かったようでホッとしました。

講座では、片づけについて誰かと話せる体験、を大切にしています(*^^*)
「私だけじゃないんだ〜」と知るだけで、安心するし、やってみようとも思えるんですよね。


次回、2回目の講座タイトルは『自分の感情の仕組みとお片づけの方法』

片づけの概要から、自分の内面と向き合う時間へ・・
こちらもレポートします!


続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


posted by 丸山郁美00:16 | Comment(0) | お客様の声:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

039.gif「ジブンスキーライフ」のFacebookページ

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

私の活動のFacebookページがあります。

こちらでは、
お片づけサポートの予約状況や
直近の講座の連絡や
本を読んでくださった方感想なんかをアップしております。

(今後、もう少し頻度上げます〜♪)


今日、Facebookページのヘッダーを変えました。

さすが、ムック本!
『アドラー心理学で家じゅうスッキリ!片づける極意』
のタイトルが、ここまでピッタリハマりました〜♡

20180203.png
(↑クリックすると、ページに飛びます)


本のデザインって、本当によく考えられていますよね。
このタイトルの位置なので

本屋さんで書棚にこんな風に並ぶんですね♡
↓↓↓
20180203-2.jpg

本屋さんで見つけてみてください(*^-^*)


そして、
もしよければ
Facebookページのフォローよろしくお願いいたします!


丸山郁美個人のFbのフォローも大歓迎です♪
20180203-3.png
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004534380865


あっツイッターではFbで書かないようなことも書いてます。
短くて、仕事関係でつながる方が少ないことをいいことに・・。
続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


posted by 丸山郁美12:16 | Comment(0) | お知らせ・ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.