annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」わくわく入門セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


2018年01月28日

039.gif託児でも役に立つ。モノは共感のツールになる

「勇気づけ」のお片づけ提唱者の丸山郁美です。

私は片づけの活動をしながら、月にたった数回ではありますが、託児パートとしても働いています。

20180127-5.jpg
(写真撮ったのが夏でした・・右はスタッフのNさん☆)

新宿伊勢丹で、子どもの自立を促す託児施設があるのです♪

保育のスタッフはアドラー心理学の研修を受けた人ばかり。
ただ楽しませる遊びの時間ではなく、「その子の自立を促し、活動の様子を保護者さまにフィードバックする」ところまでを行うので、我が子の新しい面を知れた♪と評判なのです!


興味のある方は、伊勢丹ベビーパークで検索を!



自分自身、男の子を育てていないので男の子の活動を観察してみたいという希望と
今の育児を知って、それを子育てママ相手の講演で反映したいという意図があります。

もう自分の育児は10年前ですから‥
育児グッズもお母さん方の耳に入る情報も違うんですよ・・。
抱っこひもも、ベビーカーも形がぜんぜん違うっ!

気持ちはすでに「ばあば」です(^^ゞ



前回、一緒に勤務していたスタッフさんと話をしました。

20180127-3.jpg

「その子に合った方法で育てれば、子どもはすーっと伸びていくのでしょうね」と。


お預かりするのは、6か月〜6歳児まで。
アドラー心理学で言うと、子どもたちが自分自身のライフスタイルを作ろうとしている、真っただ中の年齢です。


・活発に動く子
・部屋にあるおもちゃを片っ端から遊んでみる子
・お気に入りのおもちゃで長い時間遊ぶ子
・丁寧にゆっくり動く子
・他のお友達を観察している子
・自分のやりたい!にどんどん挑戦する子

女の子と男の子の性質の違いも見えて、本当にさまざまです。

まだライフスタイルが決まる前ですから、急に違う行動をとって「どこまで許されるのか?」「大人がどんな反応をするのか?」と子どもたちだって私たちの行動を見ながら遊びます。

こちらは、その子の性格や好みを決めつけないように、「その日」「その時」「そのお子さん」を観察して対応。
臨機応変力を試される、なかなか頭を使う時間でもあります。


ママは毎日これをやっているのですものね!
育児は、本当に人間力総動員の活動だなぁと感じます。



片づけ目線で言うと、どんなおもちゃで遊ぶか、どんな音に反応するかによってその子の日常を推し量ることができます。


知っている音楽が聞こえると、子どもたちは教えてくれるんですね!

それが英語の曲メインだと「あぁ、英語やってるのかな♪」と思いますし
わらべうただと「日頃、手遊び歌で遊んでるのかな♪」と想像がつきます。

託児は一時的な接触ですけれど、子どもたちは言葉以外でたくさんの情報を私たちに届けてくれるんですよ(*^-^*)



先日、お預かりの最中に、何かとバウンサーに横たわりたがる2歳児を見て「あれ?もしかして?赤ちゃん返り?」と思ったことがあったんですね。
いつもと違った場所で、自分からバウンサーに乗り込む子は少ないですから。

そしたら、やはり、ママはお腹に二人目を宿した妊婦さんでした!

お兄ちゃんになる練習をするために、必死に心の照準を調整しているのでしょう。

そんな心の動きが「何で遊ぶか」に映し出されてくるので、お母さまにお子さまの成長段階の様子をお伝えしています。



モノは、子どもたちの心の動きや成長を観察するのに、分かりやすいツールとなってくれます。

もっと分かりやすい赤ちゃん返りは、おしゃぶりやガラガラなんかの赤ちゃん用おもちゃを捨てようとすると本気で怒ります。笑
(こういう時は、しばらく上の子に赤ちゃんおもちゃで遊ばせてあげてください♡
 しばらくしたら、ちゃんと自分からケリをつけて成長していきますので。)



ぜひ、モノを共感のツールにしてみてほしいのです。


●あなたのお子さんは、今、どんなおもちゃで遊んでいますか?
●何が好きですか?
●何に興味がありますか?
●親に何を分かってもらいたいと思っていますか?


「音が鳴るねー」
「これが気に入ったんだねぇ」
「ガタガタいっておもしろいねー」
「そのお人形好きなの?」
「大きな作品作ったね!」
「そのおもちゃ、何がおもしろかった?」

お子さんが手に持っているモノに、こちらが興味関心を示してあげると

「あ〜、お母さんがぼく(わたし)のことを分かってくれたー♪」
「あー、お母さんが見てくれて、うれしいなぁ♪」
というように、喜びの感情とともに相手への信頼感情が育ってきます。


誰かと成長過程を比べてしまいそうになったら
何で遊んでいるか?
いつ笑っているか?

その子の「今」を観察してみてほしい。


モノを共感のツールにすると
暮らしが新しい発見に満ちた時間になります☆彡

20180127-4.jpg

続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美08:44 | Comment(0) | アドラー心理学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

039.gif季節を味方に。自然に逆らわない暮らし。

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

22日の晩に降った雪のおかげで
昨日は、頼みの綱の路線バスも運休に。

雑誌の取材を受けた後に、近所の皆さんと雪かきをして
お礼に「たくあん」いただきました♪

この物々交換(笑)
きっと、超最先端の暮らしかも^_^


私は「暮らし」が好きなんです。
日々の味わいを楽しむのが。
地味ですけど・・

このブログでは、何度も紹介している年間掃除スケジュールは
その季節の天気、気温、湿度を使って
ラク〜に暮らしをまわすことを大切にしています。

※年間掃除スケジュールについては
『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』(かんき出版)
『アドラー心理学で家じゅうスッキリ!片づく極意』(マキノ出版ムック)で紹介しています!





自然の流れに逆らわない。
自然の流れの中で、生きていく。


だから、冬の乾燥に、着物の寒干しがあるのでしょう。

全く逆の夏には、油が自然とゆるむので換気扇の掃除をします。



で・・・
1年のうち、一番寒いこの時期は冷蔵庫のお掃除の季節♪

庫内と、キッチンが同じ気温になるから・・・笑


きれいな場所をきれいにしつつも
あきらめる場所もあります。

雪がふって、空気の汚れが下に落ちるので
この時期にベランダをきれいに保とうとするのは、無駄なエネルギーを消耗します。

もう少しすると花粉の季節にもなりますしね。

ベランダは、5月、花粉が落ち着くまで
汚れたままにしておきます(^^ゞ


同じ地面でも、玄関だけはエネルギー使って掃除してます(;´∀`)


季節を味方につける♪

その季節を楽しむ♪


あまりにも平凡で、奇をてらった行動ではないけれど
一番効率的で、一番家事がラクになる方法だと思います。


食べ物も、旬の食材がその時の人間の身体に必要な栄養素があって
スーパーで安く買えますよね。

同じじゃないかな〜。


というわけで、「寒さ」を楽しみたい私は
朝から広瀬香美さんの曲をかけながら家事をしているのでありました!



続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美08:39 | Comment(0) | 丸山家 日々のお片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

039.gifつぶしたように見える扉の裏には・・

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

私は、モノの定位置を決める時、平気で扉をつぶしたりします。


こんなところに机を置いたら、ドアの役目である「通過」することはできません。

20180121-2.jpg

でもね・・

扉を開けると〜


私の視線から、娘たちの勉強机が見えます。

まぁ、監視するようには見守らないですけれど、「ちょっとーお母さん、相談にのってほしいんだけどぉ〜」と
娘がこんな状態に(笑)

20180122.jpg

主人が言うには、門番みたい、だそうですが(笑)


家族が誰かテレビを見ていたとしても
こっそりお母さんと相談ができるスペースにもなったのでありました♡


個々のスペースをキープしつつも
こっそり話ができるつながるスペース(特別感を感じるスペース)を部屋に作るのも、好きです♪


「分ける」と「つなぐ」

 メリハリを!


あなたのお部屋と暮らしに合わせて
モノの定位置、行動する場所を提案します(*^^*)

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美18:50 | Comment(0) | 丸山家 日々のお片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

039.gif自分の気持ちに素直に。キッチンに仕事場完成!

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

ネットショッピングで買った机が届きました!

仮置きしていたこたつの場所がいい感じだったので、そのまま自分の場所と決めました。

20180121.jpg

うれいしものですね〜。
自分専用の空間があるのは。


自分だけの場所を作るなんてわがまま言っていいの?と思っていた時代もあったし
自分だけの空間なんていらなくて、居間のこたつがあれば十分♪と思っていた時代もありました。

必死に何かを我慢していたわけでもないのですが
ここ最近、ムクムクと湧き上がってきた「自分の場所がほしい!」という欲が抑えられないほど成長したので、今回、素直になってみました。

家がまた一段と心地いい場所になったかな(*^-^*)



家族も私を一人きりにさせてくれます。
これは、娘たちが成長したのも大きいのでしょうね。


勇気づけのお片づけは

1.自分の「快」「不快」に気づく
2.その気持ちにダメ出しせずに対処する
3.自分を勇気づける!

この3つのステップを何度も繰り返します。

肝は、「不快」「イライラ」「モヤモヤ」の感情。


自分がイライラしちゃうのはダメだーとか
モヤモヤの気持ちをポジティブに変換すればいいんだーとか考えずに
否定も、反転もせずに気持ちを受け止める。

「あ〜、わたし、ここが嫌だと思っているんだよねぇ」
「あ〜、わたし、こういうところが悲しいと感じるポイントなんだよねぇ」と受け止める。



まずは、感じる。


自分の感情を認める。


いいお母さんは、イヤーっなんて言わないはず・・とか考えない。

あなたの感情は、あなたの味方だから。
なりたい自分になるためのメッセージだから。

どんな感情も悪者扱いしなくて大丈夫!


イライラをヒントに、ただ、自分の望んでいることに気づけばいいんですよね♪

「あっ、そっか、集中できる場所がほしいんだー。」とね。



気持ちを受け止めたら、次に、自分のできることは何かな?と考え対処します。

とことん、自分に素直になる練習をしていくの。



自分に素直になると、「こうなったらいいなー♪」があっという間に現実になります。



とはいえ、素直になるって、時に勇気がいります。
自分の感情に蓋をしていたり、見ないフリしている方が、ラクな時もあるのは確か。


自分の「欲」を打ち明けても、家族がどう思っているかは話してみないと分からないから
お互いの気持ちや意見を聴き合う必要も出てきます。

ここを面倒がって進まないと、負の感情が少しずつたまっていって
ボーーンっ!と爆発しちゃう。

逆に、感情が出せないままの人は身体の症状として出てしまうことも・・。


だから、面倒でも
感情を伝え合える関係を育んでいきたいなぁ、と暮らしています。

※今回の気持ちを伝える経緯はこの記事で


イライラやモヤモヤが生まれると、そりゃーいい気にはならないですけれど
それでも、「きっと、またひとつ分かり合えるはず♪」と信じたい。

自分を否定される覚悟、
傷つく覚悟
嫌われるかもしれない覚悟
軽蔑されるかもしれない覚悟、なんかを持ちながらね・・。

20180121-2.jpg

この場に座って、発信していきますね!

続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美22:53 | Comment(0) | 丸山家 日々のお片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

039.gif川崎の小学校にてPTA講演をしました♪

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨日は、川崎市立旭町小学校のPTA家庭教育学級にて、勇気づけ+お片づけ講演をしました。

全校生徒は、決して多くないとのことでしたが
これだけの人数が集まってくださって感激!

20180117.jpg

参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

20180117-2.jpg
未就学児の子も一緒に参加。
静かに待っていてくれて、ありがとう〜!


私の講座は育児の正解を伝えたいわけではなくて、私の家庭やお客様の事例でうまくいったことなど「ヒント」をお伝えしています。

同じ世代の子育てをしているママたちに伝えるのが、一番素で臨めます。
なんてったって、日々感じる悩みや迷いが似ているから。
私の日常エピソードも、使いやすい( *´艸`)


講座はグループでの語り合いが多いので、参加者の皆さんの会話が止まらなくなることもしばしば。
「あ〜、話が止まらないみたいだなぁ‥」なんて、会場を眺めているのも好きな時間です。

写真を撮れるタイミングが決まってしまって、どの講座でも雰囲気が似ちゃいますね。


講座の中で、片づけ作業と思考の工程を6ステップでお伝えします。
そうすることで、自分がどのポイントでつまづいているのか一目瞭然。

講座が終わる頃には「これをやろう!」という目標が自分の中からピンポイントで湧き出てきます♪



「丸山さん、私はどこから片づけたらいいですか?」という質問もたまにいただきますが

あなたに決めてほしいのです。

そして、
自分で決めたことを、実行してみてほしいのです。


それだけで、「あっ、私にもできる!」と自己信頼が生まれるから・・・。

「できる!」「だいじょうぶ!」と思えたら、確実にあなたの片づけギアは軽くなっています。



私に声をかけてくださった、担当のIさん。
細かいご配慮を、本当にありがとうございました!!



講座終了後は、とある雑誌社さんで打ち合わせ。

3月に、2誌掲載されます♪

どこかで学んだテキストの言葉ではなく、なるべく「自分の言葉」で伝えることが今年のメディア掲載でのめあて。
自分の経験と学びと知識と勘を総動員の真剣勝負。
脳裏には、今まで担当したお客様の顔が次々と浮かびました。

家に帰ったらぐったり〜。夕飯にチャーハン作るのがやっと。笑

どんな特集になるか、楽しみにしていてください!


続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美23:28 | Comment(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png