子どもたちは完璧なママがほしいのではありません

きれいな部屋が嬉しいのではありません

ただママに笑顔でいてほしいだけ

だから、もう一人で頑張らないで。力をぬいて。

家族を味方につけ楽しく片づける
「勇気づけのお片づけⓇ」の“コツ”学びませんか?


2017年04月10日

039.gif怖いことを、乗り越える体験を

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨晩、旦那さんと娘ちゃんが無事に帰宅しました。

玄関で出迎えた私と
「ぎゅ〜♡」

たった、2日間なのに感動の再開!みたいな(笑)

「旅行はどうだった?」
という問いかけに


「あのねー、怖かったの。
 すっっごく怖かったの。
 でも、できたよ!」

下の娘がそんな風に答えてくれました。


「そっか〜、怖かったんだねぇ。」
と頭をぐりぐり撫でながら

怖い体験をやりきった娘に
たくさんありがとう、を伝えました。



親はつい、「楽しかったよ!」という感想を
期待してしまったりするのですが

「怖かった」という言葉が
妙にリアルで、
ひとつ何かを乗り越えた、自信のようなものを感じました。

お風呂では、やることが遅い遅い・・
体験をしてきたことを、丁寧に教えてくれました♪




初めての体験って、
怖いと感じることありますよね?

この先、ほんとに大丈夫なんだろうか?
不安だなーという気持ち。


大人になっても、初めての体験や
久しぶりの体験は、怖い気持ちが湧いてきます。


でも、「怖い」なんて言ったらネガティブな人みたいで
悪い未来を引き寄せちゃうかも…なんて考えて

他の人はどうしてるんだろう?と
情報ばかりを追い求めてしまったり

自分の感情を認めずに、ポジティブに言い換えて
気持ちに気づかないフリをしてみたり。



それって、ありのままの自己受容とは違います。


自己受容とは
ポジティブもネガティブも、
そのままの自分を受け止めることです。





子育てをしていると
「結局、素直でいいんだよね」ということに
何度も気づかされますね。


怖い時は、「怖い」って言って大丈夫だよねと。

ただ、
「怖い」に留まってしまうのではなく

怖い気持ちを抱えたまま
チャレンジしていけば、自分の世界は広がる

そんなことを、今回教えてもらいました。





先週片づけに伺ったママは、
洋服の整理が苦手だそうで

いよいよ次回は、洋服に!というところで
表情が固くなりました。

表情から
「怖いよぉ・・向き合うの、怖いよぉ・・」というのが伝わる。


いいんですよ、怖くたって。


その気持ちを抱えながら
一緒に片づけしてみましょう!と伝えます。

お客様のドキドキを
“いい加減(良い加減)”にスルーしながら

物からお客様の頑張りや貢献・成長を読み取るのが
私の役割です。


「あっ、この服流行ってましたよね〜!!
 〇〇さん、流行を取り入れるのうまいんですね。」

「これは、確かに服が取り出しづらいですね〜。
 でも、靴下とタイツの列はちゃんと分かれてますよね。
 工夫の形跡はちゃんと見えますよ。」



あなたの家にある物を見て
私が何を発するかは未知数で

私だって、怖さが無い、とは言い切れません。

結果がどうなるかなんて
何軒片づけても、正確なところは読めません。

お客様の所有物とは、いつも初対面ですし
片づけは「ライブ!」ですから!



本気でやりたいことって

怖いんですよ、きっと。


という過去記事も読んでみてね。


あなたも、怖い気持ちを乗り越える体験を
してみてください!



片づけは、自分の気持ちを克服する
一番手軽で、身近な活動です。

パジャマ&すっぴん姿でできるんですもの♪♪

自分を成長させられる
そのくらい身近なものなのです。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

039.gif初めてのパパと娘が3人旅行!家族の在り方を考える

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨日から、
旦那さんと、娘ちゃんたち3人で
沖縄に旅行に行っています!

そう、私だけお留守番!

やった!(*^^)v
(これ、本音ね・・笑)



長女は2歳半までパパになつかなかったので
まさか、こんな日がやってくるとは
思ってもいませんでした。

家で、2日間一人っきりになるのは
出産後、初めてなんじゃないかと思います。


子育てが始まってから
「いい家庭」を作らないといけないような気がしていましたね〜。

誰に言われたわけでもないのですが
みんなが笑顔の円満な家庭を
作りたい思いがありましたし

旅行は4人で!
週末の買い物も4人で!
という考え方に縛られていたのだと、今なら思えます。


「勇気づけのお片づけ」で
相手を思いやりながら、
自分の気持ちを素直に伝える練習をしてきたら

それぞれが、家庭の中で満足しきれて

今度は、それぞれが、
好き勝手なことをやりたがるようになってきました。


我が家は、今この過程にいる気がします。



主人は、あちこち旅行にばかり出かけています。
しかも、一人で!!

私は「もっと、もっと仕事したーい!!」
と、そんなことばかり言ってます。

子どもたちは、まだ好き勝手の裁量が狭いので
親に比べたらどうしても我慢させているようにも見えがちですが

それでも、
ゲームばっかりしたり(←我が家は時間のルールはありません)
勝手にお菓子作ったり(←材料は欲しければ買ってあげます)

自分の裁量の範囲内で好きなことをしています。

そして、たまに
「もっとお母さんと一緒にいたいの〜」と泣きわめいています。

お互いの気持ちがぶつかることもありますが

こうやって
自分の気持ちを伝えられる関係であることが
大事なのではないか、と思います。





数年前までは、
私にとって、家族旅行も素直に楽しみだったのですが

最近は、自分の時間がほしい欲が高まり
我慢して、旅行に行ったこともありました。


だから、今回は
「お母さんは、旅行よりも仕事したり本を読みたいの」
と素直に伝えてみたのです。


するとー
「お母さんは、こなくてもだいじょうぶだよ〜♪」
娘たちが言ってのけてくれちゃったのです!!

大丈夫だよ、と言い切った後
姉が妹に向かって、
バリバリ聞こえるコソコソ話。

「いい?
お母さんがいないってことは
私たちは自分のことを、自分でやるってことになるからね。
お父さんの面倒もあるから、大変だよ!
どうする??」って。

「お父さんの面倒も・・」というくだりは
大笑いしまいたけれどねー。




何かやりたいこと
やらなければいけないことが溜まっていくのは
じわじわ自分の心を圧迫します・・。

その、あれやりたい、これやりたいという想いが
部屋の一角に「物」という形で溜まりはじめます。

あなたも、家の一角にありませんか?

「溜まっている場所」
「溜まっている物」


「本当は、本読みたーい!」
「本当は、服を整理したーい!」
「本当は、裁縫したーい!」
「本当は、料理したーい!」
「本当は、カフェめぐりしたーい!」

物はあなたの本当にやりたいことを教えてくれます。

ここに取り掛かるには、時間が必要。

今回は、旅行よりも
自分の時間を優先してみました。


子どもの月齢に左右される部分も多少ありますが

「いい家族」という幻想に
とらわれなくていいなーと
ようやく思えるようになってきました。


あなたは、どんな暮らしがしたい?

それだけでいいのでしょうね。


自由に好き勝手ばかりしていると、家族といたくなるし
家族と一緒にいてばかりいると、外に行きたくなる。

どっちにも偏らない
時と場合によって、自分の心に素直にあるのが
心地いいなぁと最近は思います。



沖縄にいる3人からは、
ちょこちょこメールがきます。

どうやら昨日は一万発の花火を見て
ビーチで楽しんでいる様子♪

20170409.jpg

昨晩は、夜遅くにどん兵衛の夜食ですって!笑
20170409-2.jpg

母といたら、こんな経験もできないのかもしれませんね♪



二日目の今日は、
私のもとに、両親が挽きたてのお米と
新鮮なお野菜を届けに来てくれる予定!


両親と私だけで過ごします。

こちらも、3人で…って、何年ぶりでしょう〜。


「旦那さんに子どもを任せて、あなた何やってるの!?」
と言われるかと思いきや

「あら〜、じゃぁ郁美ちゃんとゆっくり何か食べられるじゃない♪
 孫がいるとできない話もあるしねー」と。


両親にとっても
またとない好都合となったようです。



私の片づけは、家族関係がテーマなので
家族が内側を向いている、ぎゅーっと仲のいい家庭を
連想されがちです。

何かを一緒にしよう!とそれぞれが思う時は
ぎゅーっとなります。

洗面所に4人がいたりします(笑)
こたつで4人で寝てたりします(笑)
↑ほんと、ぎゅうぎゅうです。


でも、いつもぎゅーっと集まっている関係ではありません。

子どもが大きくなってきて
ようやく“いい家族”の幻想にとらわれない


全員が好き勝手するから
家族としてまとまることもできる



そんな家庭に移行しつつあるのかもしれません。

その時その時の心のバランスを見つつ、過ごしています。




p.s.昨日は、布団に大の字になって寝てみました(笑)

いつも娘2人に挟まれていて、キツイんですものー(^^ゞ

ゆーっくりと、目覚ましをかけずに
自然と目が覚めるまで寝ていたい!!

これも、私のやりたいことのひとつでした☆彡

続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家の子育てのぞき見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

039.gif新入園児保護者さまに講演〜羽生市とねの会子ども園〜

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

今日、娘と買い物に出かけると
近所の幼稚園の入園式が行われていました♪

ちょうど桜に入園&入学。
春、到来ですね〜。

春休みの間に

・子どもの学習教材を片づけ
・作品を片づけ
・家の大掃除を行い
・学校の防災頭巾カバーを新しく作って
・庭の植木を植え替え
今日はコート類をクリーニングに出しました。

作品の片づけと学習教材の片づけは
ブログにアップするので
夏休みの参考にでもしてみてください(^^ゞ

(なかなかタイムリーに発信できなくてすみません〜)

入園といえば・・・

3月末、埼玉県羽生市のとねの会保育園にて
この4月に入園された、新入園児の保護者さまに

「子どもがすくすく育つ勇気づけの子育て法」
と出して、講演を行いました。
20170403-2.jpg

子どもにとって初めての、保育園生活。

子どもたちもドキドキしていますが
親も、それ以上にドキドキしているのでは
ないでしょうか?

40名を超える、ママ、パパ、おばあちゃんが
真剣に耳を傾けてくださいました。

20170403.jpg

講演後は、パパから質問が!
20170403-3.jpg

育児フェスティバルのような場所で講演をしても
パパの参加率が増えてきています。

お母さんと、お父さんと、
近くにいればおじいちゃんおばあちゃんと

そして、園の先生方と一緒に

子どもたちの成長を発見し合いながら
楽しい園生活を送っていただきたいと思います(*^^*)



羽生市にある、とねの会保育園さまは
この4月から「とねの会こども園」へと名称変更し

保育園と幼稚園の機能を併せ持った園として
新しくスタートされました。

私は、こちらの園の評議員として
園の運営に少しだけ関わらせていただきながら

引き続き、保育士の先生方のフォローを
させていただく予定です♪


先生方と一緒に
園の片づけや、勇気づけの関わりについて
考えていきますよ!

続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

039.gif『幸せ親子になれる0歳からのアドラー流怒らない子育て』出版記念講演会&パーティー

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

4月1日(土)は、
アドラー心理学仲間である
三宅美絵子さん出版記念講演会&パーティー
開催されました!

20170401.jpg

私は盛り上げ隊の一人として
主にカメラマンとしてお手伝い。

私が写真撮影を得意としていないことを知って
「根つめて撮らなくていいからね〜」
と配慮してくださった、美絵子さん。

でもねー、数枚ってわけにはいきません!笑

だって〜

美絵子さんは、もちろんですが
会場中が、笑顔で溢れているんですもの♡

※たくさんの写真は、私のフェイスブックから
 ぜひ、ご覧くだくださいませ。

20170401-2.jpg

この笑顔は
今、この瞬間に、生まれているもの!

そう思いながら、パシャパシャとシャッター音を響かせ
撮影させていただきました。

参加者がワークをしている最中に、
それを眺めて微笑む美絵子さん♡↓↓
20170401-3.jpg

岩井先生も楽しそう〜♪↓↓
20170401-4.jpg



三宅美絵子さんの、出版記念講演会の様子は

盛り上げ隊、リーダーの、野口勢津子さんブログ&Fb
盛り上げ隊、司会進行役の、長谷静香さんブログ&Fb
盛り上げ隊、パーティー部門責任者の、阿部洋子さんブログ&Fb

で、会の様子を追ってみてください♡
20170401-8.jpg
(前列:岩井俊憲先生、三宅美絵子さん)
(後列:私、長谷静香さん、阿部洋子さん、野口勢津子さん)


美絵子さんのお人柄でしょうね

小学校からのご友人や、大学時代の恩師や同級生
ベビーサイン関係の方や、アドラー心理学を学ぶ仲間が

美絵子さんのお祝いに大勢かけつけてくださいました!

一緒に会を盛り上げてくださった参加者の皆さま
ありがとうございました!!


そして、サプライズも!

講演会では美絵子さんのお父様からのお手紙に
会場中がうるうる〜。

パーティーでは
ビジネス書作家、講演家、心理カウンセラーの
小倉広さんからは、大きな表紙が描かれたケーキ!
20170401-5.jpg

勇気づけ子育て専門家の原田綾子さんからはお手紙が!

祝電や、お祝いのお花、バルーン等も届きました♡
20170401-9.jpg


パーティーの最後にも、パチリ!
20170401-6.jpg


三宅美絵子さんの著書は
『0歳からのアドラー流怒らない子育て』とありますが

育児は、人間関係構築の基本のような面も
持ち合わせているので
幅広い年代の方に読んでいただけると思います。


共感・尊敬・信頼でつながる縁


親子も、夫婦も、恋人も、友人も、学び仲間も

誰かが何かをしてくれたからではなく
そこにいてくれることに

「ありがとう〜」と伝えていきたくなる

本当に、
勇気づけを体現した会となりました!


パーティーが終わり。発起人のみんなで集まって
ほっと一息♪
20170401-7.jpg


子育てを楽しみたいママ〜

たとえお子さんが小学校に入っていても
『幸せ親子になれる0歳からのアドラー流怒らない子育て』
は、役立ちますよ♪

ぜひ、購入して読んでみてください!


p.s.P66に、丸山郁美の名前を出していただきました。
 美絵子さん、本当にありがとうございます♡

20170401-10.jpg

幸せ親子を、ともに増やしていきましょう〜♪

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

039.gif手放すって、卒業すること。卒業するって、成長しているってこと。

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

桜の季節が、いよいよやってきましたね〜。

来週かな、桜が一斉に咲き始めるのは。

フェイスブックやSNSでは、
お子さんの卒園・卒業の様子をアップしている方が
多くいらっしゃって

「卒業」の季節を感じます。

20170326.jpg

今だから、理解していただけるかなぁと思って
今日は手放す話をしますね。

私は、モノは仲間だよーと伝えています。


アドラー心理学を知っている方は
「全体論」を思い出してもらえるとうれしいです。


いくら散らかっている物も、
「悪い物」という物は存在していなくて

何かしら必要があって、あなたの家にやってきた物。

必要があったということは
その時は「大切な物」だったはず。

たとえ衝動買いしたお洋服も
その時の自分の欲を満たすためには「大切だった物」

いただきものの引き出物も
不安で捨てられない処方薬も
大量の洗濯洗剤のストックも
その時の自分には「大切だった物」


その時自分には必要だったと、
認めてもいいんじゃないかな?


それをね、いつしか私たちは
散らかっている物とか
片づかない物とか
使わない物とか
あふれている物、という理由で

悪い物扱いしたり
自分の心の執着だ〜とかいって、騒いでしまう。


悪い物や執着という概念を作るから
逆に「良い物」「必要な物」や
「とらわれない」ことにとらわれることになるのね。


何が「必要」か「不要」か
〇×ゲームみたいに、
真ん中を紐で分けたくなってしまうの。

もとは
全て「大切なもの」だったのにも関わらず。



私は、世の中には必要なものしかない!
と思っているのです。


「悪」っぽい役を演じる物もあるし
「良」っぽい役を演じる物もあるし

時と場合によって、所有する人によって
「悪」も「良」も
ただの見方でしかないからねぇー。



小学校ではランドセルを毎日のように背負っていたけれど
中学校に入学すると、
さすがにランドセルでは恥ずかしいでしょ!?

そんな感じで、

自分のレベルが上がると
持ち物が変わっていいことを、
自分自身で認めて許してあげてほしいのです。


今必要なもの・・というよりも

これからの私にとって必要な物を
自分の意思をもって、選んでいく。

だから、
私にとって物を手放すことは
「卒業」することに似ています。



ただ、なりたい自分に向かって
「卒業」すればいい。

シンプルだと思いませんか?



結果として「捨てる」ことになる物もあるけれど

心の中に悪者を作らないマインド=卒業
の方が私にはしっくりきます。


手放す時は、卒業式の当日のような
センチメンタルな気持ちになることもあります。

手放す時に、悲しくて寂しいけれども
同時に、成長する自分にワクワクも感じるならば

あなたは、未来に向かった手放し方ができています。

ゆらゆらする感情、あっていいですからね!


寂しくなったり、希望が持てたり
ゆらゆらしている自分の感情をまるごと見つめて

それでも選ぶ!

自分の未来に向かいそうな道を!

なりたい自分に通じる気がする道を!

「えいっ!」って選ぶ!


片づけであなたの「意思」を鍛えるんですね。
これは、トレーニングだと思います。

自分の人生を、
自分自身で創造するトレーニングね!!



大丈夫、大丈夫。
選び間違ったって、いくらでも修正できます。

ちょっと遠回りして
見たことない景色を楽しんじゃう気分で、決めたらいい。



物を手放すのは「卒業」すること。

自分のステージを、1段階アップさせること。


執着だって、時には身を守ってくれるからね。
全ての執着を取り去ろうとなんてしなくてもいい。

誰だっていろんな執着抱えています。
それが「あなたらしさ」でもある。

ちょっとくらい執着あるくらいの方が
人間ぽくて、私には魅力的な人に見えます。


ただ、あなたが「卒業」したくなっているのならば
その気持ちにウソをつかずに、卒業していい。

「大切にとっておかなくちゃ・・」
なんて、成長したい〜とうずいている自分を止めなくてもいい。


手放せるってことは
成長しているってことだから。


手放すタイミングは自然にやってきます。
焦らない・・焦らない・・。


伝わったかなぁ?



私は、そんな風に考えています(*^^*)

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー(4か月連続講座)10/19スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整理はこうやって考える! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート