子どもたちは完璧なママがほしいのではありません

きれいな部屋が嬉しいのではありません

ただママに笑顔でいてほしいだけ

だから、もう一人で頑張らないで。力をぬいて。

家族を味方につけ楽しく片づける
「勇気づけのお片づけⓇ」の“コツ”学びませんか?


2017年02月14日

039.gif片づけで、長年の夫婦のわだかまりが消えました♪

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

週末伺った片づけサポートで
とても興味深い発見がありました♪

洗面所のタオル収納にお困りで、
今回片づけの依頼を受けたのですが

週末だったこともあり
ちょうど、外出先から帰ってきた旦那さまも一緒に
奥さま、旦那さま、私の
3人での片づけを行いました。

(その間、パパママの会話を邪魔せずに
 待っていてくれたお子さんたちありがとう〜〜!)

Before
20170214.jpg


そのご夫婦は、大学生時代からのお付き合いで
ご結婚された方で

お付き合い期間も含めると
人生の半分を一緒に暮らしているようなお二人。


そのご夫婦と

「バスタオルを、何日に一度新しいものを出して
 何日に一度、誰が、どこにあるタオルを
 洗濯物に出すか」

「洗濯したバスタオルは、誰が、どこに
 どうやってしまうか」

家族のルールを決めました。



これまで長い年月一緒に暮らしているのですが
なかなか、こういう細かいルールを
決められないままに過ごしてしまったそうなのです。


というのも
夫には、夫のバスタオルの使い方にこだわりがあり
妻には、妻のこだわりがあったから・・。

夫婦で話をしても、いつも平行線で
解決まで至らなかったようなんですね。


今回、私がご夫婦の仲介役として
話し合いの間に入り
お互いの良さを確認。

すんなり、
「新しいバスタオルのルール」が決まりました!

After
20170214-2.jpg

20170214-3.jpg

奥さまは、自分の分と子どもと、旦那さまと
家族みんなのタオルが、昨日洗ったか、3日前だったか
考えて覚えておくのも億劫なほどに、お忙しかった。

旦那さまは、
自分のペースでバスタオルを洗濯に出しているので
全く不便さを感じず
奥さまが困っていることにも、気づいていなかった!



話し合いの結果、
洗濯のタイミングは、すべて旦那さまに
任せることになりました♪♪



ルールが決まった時の
奥さまのひと言がとっても印象的でしたね〜

「わかったわ。じゃぁ、私
 (あなたを)信じるからね!!」



今までだって、信じて無かったわけじゃないのでしょうけれど
「自分がやらなきゃ!」と頑張ってこられたのでしょうね。



昨晩、奥さまからこんなメールが来ました。

====================
タオル、うまく運用できています♪
旦那が今日ちゃんと洗濯機に要れてくれてました(笑)
マメな人ですよね、彼。
私にはもったいないわ(笑)
====================


あら・・!!♡♡
うれしい〜ことば!

カウンセリングをしている時に
旦那さまのこだわりに「ヨイだし」なんて
出てこなかったのですから(^^ゞ


お互いの良いところをすり合わせることで
家族にとって円滑なルールができて

その上、
相手を信じてルールを運用することで
相手の良さを再発見できるんです!!


お片づけで
そんなことをしちゃっているのが
「勇気づけのお片づけ」


「きれい」を押し付け合う片づけではありません。



家族で暮らしていると
思ったより、多くのルールが存在します。

あなたの家では、「暗黙のルール」にしないで
言葉で確認し合っているでしょうか??



片づけのプロを家に呼ぶのは気が引けるの・・・という方

2月24日(金)
を開催します♪

ぜひ、いらしてくださいね!


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png

2017年02月10日

039.gif北区教育委員会主催の片づけ講座で、課題の分離を学ぶ(2日目)

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

木曜夜のドラマ「嫌われる勇気」をご覧になった方は
どのくらいいらっしゃるでしょうか?

最初は、
ん?
んん??

と思っていた内容でしたが
じわじわと、アドラーが幸せの条件とする
「共同体感覚」が見え隠れするようになってきました♪


今回のドラマの中では
「課題の分離」という考え方がテーマでした。


私の課題と
相手の課題を、明確に分けて考えてみようという
アドラー心理学の考え方です。


相手の課題に土足で踏み入ることは
相手の勇気を奪うこと
という表現が、私は印象に残りました。



ちょうど火曜日に、
北区教育委員会主催の家庭教育学級
「勇気づけのお片づけ」講座2日目を開催したのですが

講座で参加者の皆さんにお伝えした“核”が
「課題の分離」についてだったのです。

20170210.jpg

講座後に、ドラマを見てくださった方は
「おー、これかー!!」と
気づいたかもしれません♪(そうだといいな〜!)



片づけも、
何を残して、何を捨てるかは、
モノの所有者、個人の課題。

お子さんの勉強机の上が散らかっていて
勉強する気になれないのは、お子さんの課題。

おもちゃを片づけずに
おもちゃが無くなったー!と
困るのも、お子さんの課題なのです。


それを、
まるで自分の課題かのように背負ってしまうのが
課題が分離できていない、親のやってしまうこと。


私も微妙なラインで迷うことも多々あるので
お気持ちは分かります。


勉強する気になれないグダグダの子どもを見て
「勉強しなさいっっ!」と怒るのは
決して気分がよいことではないので

ついつい、先回りして
「勉強しなさい。」という命令の言葉を使ってラクをします。


おもちゃが無くなった時に
「ママ〜、どこにあるか分かんないー。」と言われて
一緒に探す羽目になるのは、親。

だから、そうならないように先回りして
「片づけなさい!」と命令してしまう。
その方がラクなのです。


一度、その片づけが誰の課題なのか
考えてみてはいかがでしょうか?






まぁ、とはいっても・・・


片づけは、日常で起こっていること。

しかも、家族の片づけは、
一人ですべて完了できるわけではなく、チーム戦。



「課題の分離」を知っただけでは
コミュニケーションがいつまで経っても平行線で
一向に片づけが進まないこともあります。

そんな時、
ドラマには出てこなかった
「共同の課題」という考え方で対処します。



私の得意分野は
「家族を巻き込むこと」ですので

課題の分離後の、
「共同の課題」へのもっていきかたを
講座の中でお伝えしました!!

20170210-2.jpg

整理収納ノウハウを伝える講座ではカバーしきれない
家族を円滑に運営する
大切な技術です(^^)/

ぜひ、家庭の中で実践してみてほしいと思います。



講座後は、
会場のロビーで1時間弱も片づけ談義♪


自分と子ども
自分と夫
自分と両親
自分と義両親 等
主婦の本音がさく裂!笑

似たような迷いを抱えている人がいることを知るだけで
私たちはほっとしたりしますね(^^)

講座後の
こういった交流も、とても楽しく大好きです♪



参加者の皆さま
楽しい2日間を、ありがとうございました!!

まずは、母親業をがんばっている自分を
た〜っぷり勇気づけて

お片づけに楽しく取り組んでいただければと思います。


またどこかで
お会いできますように♡



続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

039.gifプロフィール

11195561_802837976466175_1506297843_n.jpg
 22MM文字大RGB.jpg
 ジブンスキーライフ 代表
 丸山 郁美 (まるやま いくみ)
  
 
 1979年2月生まれ。
 うお座。
 長野県出身。
 東京都中野区在住。
 家族は夫と娘2人

アドラー心理学をお片づけで実践する
アドラー流「勇気づけのお片づけ
」提唱者。
※「勇気づけのお片づけⓇ」と
 ジブンスキーの略「ジブスキⓇ」は丸山郁美の登録商標です。

「勇気づけホームオーガナイザー」

著書に「あなたのお部屋がイライラしないで片づく本」(かんき出版)
20151106-2.jpg
Amazonページへ↑↑↑↑↑


大学卒業後、ホテル業界に就職するが、妊娠と同時に退職。
里帰り中に当時保育士の母から、アドラー心理学の存在を
教えてもらう。

幸せな家庭を夢見たのも束の間、子育てが始まってから思うように
部屋を整えることができなくなり、イライラママに。

自分のイライラを何とかしたい一心でモノを捨て、
部屋を片づけ
始めるが、
今度は家族が協力してくれない!とイライラ。

通常の片づけノウハウだけでは幸せな家庭は築けない
ことを実感し、
自身が育ってきた環境を思い出して、
2008年から
アドラー心理学のコミュニケーション手法を
片づけに取り入れる。

2012年4月
毎日笑顔でいられる気持ちよさと、
家族を勇気づける大切さを伝えるため、
片づけのカウンセリングとサポートを行う
「勇気づけホームオーガナイザー」として活動を開始。

お客様ひとりひとりの価値観を基準にした、
常識にとらわれない、個々の生活に沿った定位置の提案と、
工夫しすぎないシンプルな収納方法が好評!

「自分にもできそう!」「自分を肯定してあげられた!」
「心が軽くなりました!」と片づけに悩む人々に勇気と自信を
届けている。

『ゆほびか』『CHANTO』『PHPくらしラク〜る』
『日経WOMAN』『サンキュ!』等、雑誌にて巻頭掲載多数。



誠実に健康に生きて幸せな家庭を作り、
人の役に立ちながら楽しくイキイキ
豊かな人生を歩むことが夢。

好きな食べ物はソフトクリーム♪
特に濃厚なバニラ味が大好き。

まわりの方からは、「笑顔がすてき」とよく言われます(笑)

ありがたい言葉ですが、そんなに笑っているかなぁ。
どうやら表情筋がよく動いているみたいです😃


【資格、受講履歴】
〇 JAPO認定ホームオーガナイザー
認定証書.jpgJAPOは、アメリカの整理収納ビジネス
「プロフェッショナル・オーガナイジング」の手法を参考に、
独自の「お片づけのプロ」養成プログラムを開発。
※「オーガナイズ」とは、
・住居、生活、仕事、人生等あらゆるコト&モノを
効果的に準備・計画・整理し整えること
・先のことや全体を考え、無理なくうまく進めていくこと。


〇 整理収納アドバイザー1級
AD1級.jpg

〇 ルームスタイリスト(模様替え資格)1級
ルームスタイリスト1.jpg








〇 勇気づけコミュニケーション講座ELM修了 
〇 子どもの潜在能力を引き出す心理学講座SHINE修了
〇 ELMリーダー養成講座修了

勇気づけリーダー.jpg
〇 愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE修了
SMILE.jpg
〇 アドラー心理学ベーシックコース修了
BASIC.jpg
〇 アドラー心理学カウンセラー養成講座修了
カウンセラー養成講座-small.jpg

2013年10月、サンケイリビング新聞社が行う
SHUFU-1(主婦腕)グランプリで、準グランプリを獲得
shufu-1small.png

2016年11月、
「勇気づけのお片づけ」と「ジブスキ」を商標登録
勇気づけのお片づけ商標登録証.jpg

ジブスキ商標登録証.jpg



【お片づけの仕事をしている理由】
7年間の専業主婦生活の中で、遊びにきたお友達から
「すっきりしてるー」「解放感がある〜」「暮らしやすそう!」
と言われることが多々あり、
2011年頃からようやく
家族で取り組む片づけができるようになってきたのかも!
勇気づけのお片づけっておもしろいかも!
アドラー心理学の実践方法を伝えられるかも!
ということに気づきました。


それまでは、何かで人の役にたちたい・・と
自分に合う職業を求めてウロウロ。
お片づけのプロになるまで・・はこちら

今は笑顔が印象に残る(らしい)私ですが、
かつては、超、超イライラママ

子どもの世話に追われて、
自分の思い描いたリズムで家事ができなくて。
部屋は散らかり、散らかっているモノを見てイライラ💢
思うように片づけられない自分に対して、またイライラ💢
片づけを手伝ってくれない家族に対して、またまたイライラ💢

部屋が散らかっているとイライラしやすいことに気づいた私は
「片づいている状態は、いい部屋だ」
とばかりに、モノを捨て、モノを減らしはじめました。

夫には
「ちょっとー、この服もう来てないでしょ!捨てなよ!」
「この靴、いつ履くの!?」と攻め立て

子どもの作品やおもちゃは
声もかけずに、「まだ分からないだろうし…」とポイっポイっ。


ようやく部屋にあるモノが少なくなり、
私一人で頑張れば、片づくようになってきました。


が・・・
私が頑張って片づけている部屋を
平気で散らかす子どもと夫に、またイライラ💢
どうして私だけが片づけしなくちゃいけないのよ!と
さらにイライラ💢



部屋が片づいても
結局イライラがとれなかった人なのです。


ここで私は気づきます。

モノを少なくしても、
片づけのノウハウを身につけても
それだけでは円満な家庭は築けない!!

と。


せっかく家を整えてもイライラしてしまう
自分のふがいなさを感じる日々が続き、

両親の優しい言葉さえも信じられなくなり、
気づけば自分のことが大キライになっていました・・・。


私が求めている暮らしはこんなものじゃない!
本当は、笑顔でもっと育児を楽しみたいのに!


イライラママを卒業しよう!と決意したのは、
忘れもしない、2008年9月のことです。

どこかにこのイライラを解消するヒントはないだろうか・・
そう求めていた時に思い出したのが
妊婦の頃に母から教えてもらった
「アドラー心理学」でした。

すっかりアドラー心理学とはどんなものか
頭から抜けていた私は、
図書館で本を借りて読みあさるように。

勇気づけのコミュニケーションを
家庭に取り入れてみることにしたのです。


それからは
家族みんなで片づけや家事ができるように、
家族目線でモノの定位置を再配置。

自分の気持ちと向き合い、
毎日感じる不便・不快・不満を
ひとつづつ消していきました。

褒める子育ての害に気づき、信頼し任せる子育てを心がけ、
娘たちが自分自身でモノの管理ができるように
「だいじなものBOX」を作りました!!


家族の大切なものを大切にし、
「尊敬」「信頼」「共感」の態度で
家族にムリのない片づけシステムを作ると〜

部屋が短時間で整うようになり、
子育てのイライラが激減〜。

また、勇気づけの態度で接することで
私のイライラに怯えて暮らしていた(苦笑)主人も
家事を手伝ってくれるようになり、
娘たちも自分のモノを自ら管理してくれるように!


現在は、当時のイライラがウソのように消え、
ひとりでがんばらくても
すっきりキレイな部屋をキープしています✨


気持ちよく暮らせることは、なんてすばらしい‼


自分の経験からそう感じている
私の整理収納のテーマは、

「家族みんなの感情が安定する住まいづくり!」


家庭を円滑に運営するためには、
決して収納に凝ったお片づけは必要ないと考えます。

私は断捨離も、こんまり流の片づけも知らない時代に
自分の「快」「不快」の感情だけを頼りに片づけができました。

もう、片づけに余分なノウハウはいりません!

必要なのは、
自分自身と、家族への
勇気づけのコミュニケーションです!


イライラママだった私が、笑顔のママになれた
親子でとりくむ「勇気づけのお片づけⓇ」を、
多くの子育てママに伝えたい!

そして、育児を楽しむお母さんを増やしたい!!

これが、私の切なる願いです。


あなたも、家族を味方につけるコツ
勇気づけのお片づけ知って
頑張って片づける毎日にサヨナラしませんか??


あなたと逢える日を楽しみにしています!



私を知る記事はこちらにもあります↓
はじめての方へ→ジブンスキーライフの理念
・「勇気づけのお片づけ」「ジブスキ」商標登録しました

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

039.gif2/24募集!「勇気づけのお片づけ」初心者セミナー

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

2月24日(金)
アドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」初心者セミナー
を、立川にて開催します!

20151219-2.jpg

物の捨て方、収納グッズの使い方など、
片づけノウハウがあちこちのメディアで発信され

今や、片づけに関する情報は
世の中にあふれています。


数々の片づけ法がブームになる中

実際には部屋が片づかずに
「こんな私はダメなんだ…」と
自分を責めている方は減りません。


捨てればよいのは、理解している。
物に定位置を設ければよいのも理解している。

けれども、
家が片づかない。


これまで私たちは、どれだけ
「捨てること」vs「捨てられないこと」
「しまうこと」vs「しまえないこと」に
注目してきたのでしょうか・・。


そんな方に見直していただきたいのは
ズバリ、自分と、家族とのコミュニケーション


もう自分を責めなくて、大丈夫!
家族に怒鳴り散らさなくても、大丈夫!


アドラー心理学を活用しながら片づけに取り組むと

自分自身を味方につけ、
家族が仲間になり、
あなたの家さえもあなたを応援してくれる。

そんな生活に、きっとなります♪


ーこんな方におススメしますー
●苦しいお片づけから卒業したい方
●家族を片づけに巻き込みたい方
●他の片づけ本を読んでも片づかず、自信を無くしている方
●“捨てる”を意識しない片づけを知りたい方
●アドラー心理学に興味のある方
●アドラー心理学を生活の中で実践したい方


―講座内容―
〇勇気づけのお片づけの特徴
〇これだけ覚えてほしい、3つの行動
〇生活を円滑にする、片づけの6ステップ
〇部屋が片づかない本当の理由を知る
〇あなたが求める、片づけ後の姿は?
〇片づけ宣言!


日時:2月24日(金)10時〜11時30分
場所:たましんRISURUホール 5階 第4会議室

参加費:3,000円(税込)


自分のイライラの感情を味方につけて、
家族を巻き込み、無理なく楽に片づく
アドラー流「勇気づけのお片づけ」
と出会ってください!


 あなたにお逢いできるのを楽しみにしています。


↓↓↓↓↓
mail6_4.png


20160303-3.jpg
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種講座スケジュール♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

039.gifお母さん、「ウリャー!」って怒らなくなったよね

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

たった今の出来事。

下の娘がレモンティーを飲んでいて
「あ”−−!お母さんっ!こぼしちゃったーーー!!!」

と慌てていました。


私は、
「ん??こぼしたっ?」(っと状況を確認)

「はいっ、まず、ティッシュでふいて〜!
シミができる前にカバーを洗うから、
机の上のものを、どかしてみよう〜。」
と、冷静に対処。

特に、大騒ぎするわけでもなく
娘を責めるわけでもなく・・。


すると、上の娘がぽつり。

「お母さんさ〜、「ウリャー!!」って怒らなくなったよね。」
とにこにこしているではありませんか!苦笑


さすが、
私のイライラ時代を知っている上の娘。

どっちが大人だか分かりません・・(^^ゞ



私は、アドラー心理学の考え方を学んで
自分の「イライラ」の感情に
冷静に対処できるようになりました。

決して、怒らなくなったわけではなくて

怒っている自分の“本当の感情”に気づいて
自分自身と怒りを向けた相手の
“ポジティブな目的”を考えられるようになって

自分の気持ちを感情に任せずに
「言葉で」伝えられるようになりました。

結果として
怒りを爆発させなくてもよくなってきたのです。



まぁ、たまに爆発した時も
変な母のプライドを持たずに
娘たちに素直に謝れるようにもなりました!



アドラーの本を独学で読み込みながら実践していた時は
もっともっと自分の感情に波があったんですよ〜。

ジェットコースター時代でしたねぇ。


けれど、

この講座
勇気づけELM講座を受講してから
自分の感情が
より強く、自分の味方でいてくれるようになりました♪

だからこそ、
イライラさえも自分の味方にして
お片づけもグングン進んだんですよ!



ELM講座は、(有)ヒューマン・ギルドにて
ELMリーダー/トレーナーの資格を有している人が
開催できる講座です。

片づけは関係なく
家族、会社、ママ友、学校関係、親、地域活動、等々・・。

様々な場所での人間関係を円滑にする
「勇気づけ」の理論と技術を学べます☆


「分かっちゃいるけど、感情に振り回されてしまう」
そんな方に、特におススメしたい講座です!


丸山郁美の講座に参加された方は
「勇気づけのコツ早見表」をもれなくプレゼント(^_-)-☆

子連れOKですので
お子様と一緒にいらしてください!


いずれも、新宿駅近くにて開催します。

mail6_4.png

20160705-2.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アドラー心理学を基礎に、体験学習で学びを深めるこの講座は、

30分を1つの単位とする12章が用意されており、

「体験学習」が最大の特徴です。


リズムよくアドラー心理学の「理論」と「コツ」を学び

仲間とワークやシェアを通して気づきを得るので

勇気づけ初心者の方も気軽に受講できます。


リーダーのガイドに従って、

まず「やってみること(Do)」

次にそこでどう感じたか「ふり返ってみること(Look)」

続いて

日常生活でどう生かしたらいいか

「考えてみること(Think)」

の 段階を追って学んでいきます。


【ELMの流れ】

自分自身を理解する
108.jpg
対人関係を円滑にする
108.jpg
自分自身を勇気づける
108.jpg
他者を勇気づける

【各章のタイトル】   

第1章 さまざまな見方・考え方の存在を意識する   

第2章 聴き上手になる   

第3章 言い方を工夫しよう   

第4章 感情と上手につきあう  

第5章 自分のスタイルを明確にする   

第6章 セルフ・トークを意識する   

第7章 目的を意識する   

第8章 自分の人生を引き受ける 

第9章 自分のよさを再発見する   

第10章 あたりまえの価値を再確認する   

第11章 物事を前向きに考える   

第12章 勇気づけをする


12章を3日間かけて学びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓↓↓↓↓
mail6_4.png

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」入門セミナー(1回完結講座)11/10,12/8,2017.1/12,2/9,3/9
yaji02_10b.gifアドラー流「勇気づけのお片づけⓇ」実践セミナー(4か月間集中講座)12月15日スタート!
yaji02_10b.gif勇気づけコミュニケーション講座ELM(3回講座)第11期11/11〜
yaji02_10b.gif☆ジブスキⓇランチ会☆11/6,12/6,2017.1/8,2/6,3/5


mailmagazine-small.png
posted by 丸山郁美19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種講座スケジュール♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu1_eye.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

収納アドバイザーnet.gif

okatadukewomanabu.png

@Jibunsuki_Life からのツイート