annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」わくわく入門セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


2017年05月09日

039.gif平凡な幸せに注目する家庭に育ちました

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

ゴールデンウィークがあっという間に
過ぎてしまいましたね。

我が家は、富山県立山にある
雪の壁を見に出かけてきました。
20170508-2.jpg

人もすごくて、トロッコやバスに乗るにも
並ぶ並ぶ、待つ待つ・・・。

そんな中、
娘の小学校の先生にばったりお逢いしたり!
もう〜びっくりです。


宿泊は長野県の実家へ。

20170508-4.jpg

お気に入りの山に出かけると
ギリギリ、しだれ桜に間に合いました。

20170508-5.jpg

うちの娘たちが田舎に来てしたいことNo1はー

軽トラックの荷台に乗って
畑や田んぼに行くこと♪
20170508-6.jpg

荷台にゴザまで敷いてもらって
娘&甥っ子&姪っ子は、おおはしゃぎ♪

子どもたちの前では、冷静を装っていますが
私も、荷台に乗って風を切るのが大好きです!



そんな田舎っこのわたし。

「郁美さんは、親からどんな教育を受けたんですか?」と
片づけを課題とするお客様に、聞かれることがあります。


実家は、来客が多い田舎の家なので
人が来る場所は、そこそこきれいにしています。

けれど、
整理収納雑誌を読んで、せっせと工夫したり
きれいを保つために必死になる家庭ではありませんでした。


子どもの頃も
「きれいにしなさい!」「整理しなさい!」と
言われた記憶は、ないですね。
(言われていたのかもしれませんが・・)


甥っ子のプラレールが、
茶の間に出しっぱなしだったり

年末に帰省した時に
娘が作った折り紙の野菜が
そのまま置いてあるような家庭です(*^^*)

20170508-7.jpg

人参を持ちながら
「お母さん、こんなの捨てていいのにー。」
と私がいうと、

「かわいいじゃないー。置いておいてよ〜♪」
なんて返事が返ってきました。笑


こんな、しわくちゃな人参やトマトを
かわいいと言ってくれる。


部屋をきれいに保とうとするよりも先に

作ったものや、興味あるモノに
興味関心を持ってくれる

そんな、親に育てられました。


だから、子育てが思うようにいかず
イライラママを卒業したくてアドラー心理学を学んだ時に

「これじゃん!私がこうやって育てられたんじゃん♪」
と、立ち返れたんですよね。




床の間に、
いつからか飾ってある額縁があります。

もう色褪せていますが
星野富弘さんの作品です。

20170508-8.jpg

以下、引用。
======================
今日も一つ
悲しいことがあった
今日もまた一つ
うれしいことがあった

笑ったり 泣いたり
望んだり あきらめたり
にくんだり 愛したり
・・・・・・・・

そして これらの一つ一つを
柔らかく包んでくれた
数え切れないほど沢山の
平凡なことがあった

======================



今日あったうれしいこと。
今日あった悲しいこと。

家族そろってこたつを囲んで、
あーだこーだと愚痴大会を開いたのを覚えています。


解散する前に、
母が笑いながら言うセリフがあったんです(笑)


「まぁさー、いろいろあるけど
 私たち、なかなか頑張ってるよねっ♪
 なかなか、いいよねっ!」

「はいっ、じゃぁーみんな、寝ましょ〜!解散ー♪」と。



このこたつ時間が大好きだったのは

もしかしたら
保育士をして、毎日忙しそうにバタバタしている母の
笑顔を見ることが嬉しかったのかもーと

今さらながら思います。



東京の刺激ある生活に比べると
若い娘にとっては、飛び出したくなるほど
退屈だった、田舎の暮らし。


飛び出したからこそ、
今、親になって

改めて平凡の良さに気づけたのでしょうね。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

039.gifだから、片づけには会話が大事!

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

5月に入って、気持ちのいい天気が続いていますね!
みなさん、ゴールデンウィーク楽しんでいらっしゃいますか?


今回は、
今日我が家で繰り広げられた
ゴミ箱エピソードを(笑)


ブログに紹介したこともあるように

我が家では、すきま収納タイプの
プラスチックの引き出しを、キッチンのゴミ箱にしています。
これが普段のゴミ箱の様子。
よーく見ておいてくださいね!
20170504.jpg

ゴミ箱のどの段に、何のゴミを入れるか
間違えないように

「プラスチック」と「可燃ごみ」など
ラベリングしてあります。

20170504-3.jpg

20170504-4.jpg


それが、最近、
どーしてか、プラスチックのゴミ箱に
鼻をかんだティッシュや紙ごみが入っているですよ…。

誰がプラスチックのゴミ箱に
間違って紙ごみを入れているのか分からずに

なんとなーく気づいた大人が直していたのですが


この現象を
旦那さんも不思議に思っていたようで

今日の昼
「誰?プラスチックのゴミ箱に、紙ごみ捨ててる人!?」
と、家族全員が聞かれました。


すると、誰も手をあげないんです。苦笑


確実に、ゴミを入れ間違っているので
誰かが間違っているはずなのですが
誰も自分が間違っているとは思っていない・・。


みんなできょろきょろ顔を見合わせていると
娘がひと言。

「だって、最近プラスチックが下になってるじゃん!」と。


私と旦那は、キョトン・・・(@_@)!?


よーく見てみると
ゴミ箱が、こうなっていたんです!!
20170504-2.jpg


一枚目の写真と、どこが違うか分かりますか?




引き出しが上下逆にセットされていたんですね〜。





大人二人は、「いつもの場所」にゴミを捨てていた。
子ども二人は、「ラベリングの場所」にゴミを捨てていた。

どちらも、言い分は間違っていなかったのです!


「あなたたちは、ちゃんとラベルを見ていたのね!」
「いつもの場所を当たり前にせずに、
 ラベリングを確認できるってすごいことだね〜。」
「大人の方が、ラベルを見て見ぬふりしてたのねー。」

家族で大笑いしながら、子どもの行動に感心しました。



あれー、ということは
この問題を引き起こしたのはーーー

ゴミ箱を、逆に設置した人ーーー。ですよね…?



あはは・・・想像通り、私でした〜(^▽^;)

少し前に、ゴミ箱の掃除をしたので
きっとその時、間違えたのでしょう。

「ごめんなさい、犯人は私でした。」と謝りました。





あれ??どうして??と思う行動には、
それぞれワケがあります。

何か理由があることに目を向けず
ただ「きれいに」「きちんと」だけを重視すると

「もう〜、きっと子どもが違う捨て方をしているんだ!!」
「叱らないと!!」
なんて、それこそ犯人捜しをして、
無駄に責めて叱ってしまいがちです。

犯人に仕立て上げられ、叱られた子は
勇気をくじかれます。

勝手に犯人にされちゃうわけですから
ゴミ問題に触れることも嫌になり

家族のルールを
自分事として考える勇気が欠けてしまいます。


こうやって、ルールを決める際に
一方の考えを押し付けることが続くと

家庭のルールに協力しようとする気持ちを
奪ってしまうことにもなりかねません。



「うちの子、協力してくれないの!!」
と言っているあなた。

もしかしたら、あなたの子は
勇気をくじかれているのかもしれません。



あれ!?と思うことがあったら
責める前に、本人に問いかけてみてください。

「どうして、そういう行動しているの?」と。


子どもたちには、
子どもなりの理由があります!

その理由を、否定せずに聴いてあげてください♪

思いもよらぬ、
おもしろい答えが返ってくるかもしれませんよ(*^-^*)




家庭の片づけがうまくいかないのは
コミュニケーションギャップが問題である
と私は伝えています。

片づけは、モノとの関係性だけでなく
@自分自身と
A家族や他人と
人との関係性が現れています。

ですから、
会話でお互いの認知のギャップを
すり合わせていく必要があるですね!


このように
コミュニケーションギャップを会話で埋めながら
家庭の協力体制を気持ちよく作り上げていく関わりが
「勇気づけのお片づけ」です☆彡



どんなにラベリングしていても
定位置を作っても
お互いの認知が違えば、片づけ問題は起きます。

片づけノウハウだけを
盲目的に信じるのは危険ですよ!


ゴールデンウィークのように
比較的時間がある時は

普段、見て見ぬふりしている問題について

お互いのモノの見方をすり合わせる
絶好の機会となりました☆彡

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山家 日々のお片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

039.gif≪募集≫5月12日(金)〜子連れOKのELM勇気づけ講座

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

5月12日、19日、26日(金)3週連続
毎回10時〜13時 in新宿

子連れで、アドラー心理学をベースにした
コミュニケーションが学べる講座

『ELM(えるむ)勇気づけ講座』
を開催いたします♪

20141006.jpg
私が、アドラー心理学を初めて学んだ講座は
このELM講座でした!

本でかいつまんできた
勇気づけのコツが、12章にまとまった
理解しやすく、実践にすぐつながる講座です!

しかも、私のELM講座は、子連れOK♪
その場にいるお子さま相手に、
学びながら実践できちゃうわけです!

加えて、
丸山郁美の講座に参加してくださった方のみ
特別特典として、
いつでも勇気づけのコツを振り返られる
「勇気づけのコツ早見表」をプレゼントします♫


前回ELM講座を受講した方の
声が届きました〜♪

======================
郁美さん、先日は発見連続の3日間、
ありがとうございました!!

Q1:勇気づけについて学んでみようと思ったきっかけは?

●郁美さんの本を読み、アドラーをもっとしっかり知りたいな!と思ったから


Q2:ELM講座を受講して、変化したことは?

●怒っている気持ちの時、自分のことを客観的に(実況中継のように)みるようになった
●『私メッセージ』で伝えることができるようになった
●自分のきもちに、素直になれて、その気持ちを周りの家族や身近な人に伝えることができるようになった!


Q3:印象に残った章はどれですか?

●第4章
→私は怒りへのスイッチは少ない分、ざわざわ、イライラ 、もやもや、 心がきゅーーーっと苦しくなる…
そんな陰性感情を、おし殺してきていたことに気づきました。
その気持ちに蓋をするのではなく、感情の真意を知って、気持ちをかみしめることで、自分のことをもっと大切に思えるようになった。

●第6章
→悪魔のささやきをパートナーの方に読んでもらったとき、毎日、何十年も、どれほど多く自分を苦しめることばを言ってきてしまったのだと衝撃をうけた。

→天使のささやきをパートナーの方に読んでもらったとき、
途中で思わず涙が溢れてきた。

いつも、自分の気持ちを、どれだけ我慢してきたのか。
自分が言われていちばん嬉しいことばで、自分を認めてもらったことが、とても嬉しかった。


●第11章
→私の短所を自分以外の人にリフレーミングしてもらった。

すると、自分では思いつかなかった言葉で、短所が長所にうまれかわり、
『私』にすごく親近感がわいた。ともだちになりたいタイプ!って。

その瞬間から、自分のことが大好きになった。
これは、ひとりではできない体験!
この講座を一緒に受けられた出会いに感謝です!


Q4:今後、この学びをどのように活かしていきたいですか?

●自分へのヨイだしを続けていきたい。
そして、身近な家族にも、おしつけでなく、教える、ではなく
自然な形で伝え続けていきたい。

======================


アドラー心理学を基礎に、体験学習で学びを深めるこの講座は、

30分を1つの単位とする12章が用意されており、

「体験学習」が最大の特徴です。


リズムよくアドラー心理学の「理論」と「コツ」を学び

仲間とワークやシェアを通して気づきを得るので

勇気づけ初心者の方も気軽に受講できます。


リーダーのガイドに従って、

まず「やってみること(Do)」

次にそこでどう感じたか「ふり返ってみること(Look)」

続いて日常生活でどう生かしたらいいか「考えてみること(Think)」

の 段階を追って学んでいきます。


【ELMの流れ】

自分自身を理解する
108.jpg
対人関係を円滑にする
108.jpg
自分自身を勇気づける
108.jpg
他者を勇気づける

【各章のタイトル】   

第1章 さまざまな見方・考え方の存在を意識する   

第2章 聴き上手になる   

第3章 言い方を工夫しよう   

第4章 感情と上手につきあう  

第5章 自分のスタイルを明確にする   

第6章 セルフ・トークを意識する   

第7章 目的を意識する   

第8章 自分の人生を引き受ける 

第9章 自分のよさを再発見する   

第10章 あたりまえの価値を再確認する   

第11章 物事を前向きに考える   

第12章 勇気づけをする


12章を3日間かけて学びます。


↓↓↓
mail6_2.gif

20170320.jpg

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種講座スケジュール♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

039.gif伊勢丹新宿店で成長と自立をサポートする託児(0歳〜2歳)やってます

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

ここのところ
子どもがらみの投稿が続きました。

我が家の娘たちは
ある程度大きくなってきたので

乳幼児の頃の育児を忘れつつあります・・(^^ゞ


昨日も、
幼稚園での講演のご依頼をいただきましたが

忘れた感覚で、誰かにお話しするのだけは避けたい。

片づけノウハウや
コミュニケーション方法を
机上の空論にしたら意味がないと思うんですね。

アドラー心理学は実践あっての
心理学ですから!


しかも、
私が赤ちゃん育児をしていた頃と
今育児をしている方では

抱っこひももベビーカーの形も、
子どもたちが興味を持つおもちゃも違います。


「今」を知っていることも必要だし
「男の子」の生体を観察したい気持ちもあって
(うちは女の子だから・・)

伊勢丹新宿店が行っている
ココイクベビーパークという託児施設で
託児のスタッフとして、働きながら研究をしています。

20170426.jpg

今日も、2歳の男の子と
本気で遊んできましたよ〜(^^)/

んー、かわいいっ♡

おもちゃを、
バシャ―ってカゴごとひっくり返すのとか
「やっぱり、やるよね〜。」って感じです(笑)

20170426-2.jpg

保育スタッフは、
子どもの行動に対して
アドラー心理学をベースに勇気づけのサポートをしています。


また、託児には珍しく

お迎えに来ていただいた際に
託児時間にあった出来事、お子様の成長等を
保育スタッフが説明するフィードバックの時間があります。


普段当たり前だと思っているお子様の行動も
保育スタッフに見てもらうことで

改めて成長に気づくこともありそうですね!



●たまには一人でゆっくり買い物したい
●どうせ子どもを預けるならば
 ただ遊ばせるだけではなくて
 子どもの成長と自立をサポートしてくれる託児なら安心♪

そう思う方は
ぜひ、利用してみてください。


ココイクベビーパークは、ご予約制です。

興味のある方は、


伊勢丹 新宿店では
0〜12歳を対象に、
遊びのプログラムが沢山開催されていますよ♪



これは、ココイクベビーパーク内にある、
今私が一番お気に入りのおもちゃです♡
20170426-3.jpg

子どもが手で握ると
「ふにゃ〜」と何とも気が抜ける音がして

舌がペロッと出ます(笑)

20170426-4.jpg

これ、ついイライラしがちなママにおススメ!

子どもというより
キッチンにでも置いて
イライラしたら、「ふにゃ〜」と凹ませてみてほしい!!

肩の力が抜けて
「まぁいいか!」と育児を楽しめそうです(#^.^#)


参考までに。

annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 丸山郁美がつながる人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

039.gif心が軽くなり、行動が変わるお片づけのカウンセリング

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

先日、片づけサポートのお試しプランを
体験いただいた方から
感想が届きました。


今回のお客様は、
2歳のお子様も一緒に体験!


カウンセリングで
日常の不便なこと、困っていることを洗い出し
性格や思考を分析させていただき

なんとなく「納戸っぽい」部屋に
役割を与えていきました。

次に、お片づけのお試しで
お客様がずーっとやりたいと思っていたという
タンス等の配置替えをし
今後の片づけの計画を一緒に立てました!

(大型家具の配置は承っておりません。ご了承ください。)


お客様の感想はこちら。


==================
丸山様

昨日はお世話になりました。

今朝、干した洗濯物を片付け、
新たに洗濯して干して〜の一連の動作が
凄くスムーズで感動しました(*^^*)

それと、昨日カウンセリングして頂いたおかげで
心が凄く軽いです。

こどもにキツく当たる回数がめっきり減り驚いてます。

片付けはまだ途中ですが、
凄く面倒に感じてた片付けがとても楽しみになってます!

ありがとうございました( *´︶`*)

==================

Rさん、こちらこそ楽しい時間をありがとうございました!


私のカウンセリングでは
一見片づけと全く関係ないような話をします。

子育ての迷いとか、子どもの好きなものとか
子どもの頃の性格とか
小さいころ親とどんな関係だったか 等

そこから、あなたの性格にあった思考はどれかな〜と
片づけに結びつけるのが私の役目です。


それとー
子連れで片づけ体験してくださる方が多いので
お子さんとお母さんの通訳もします(笑)

子どものおもちゃを見て、
子どもの好きなものやおもちゃの配置から
お母さんに伝えたい「子どもの目的」をお伝えします。

もちろん、私は子どもではありませんので
可能性をお伝えします。


先日も、人見知りで心配だ・・というお子さんが
ポロっと、お話しをしてくれました。

なぜ、このお母さんを選んだかって話を。


「ほかのおかあさんは みんなおこりんぼだったけど
 このおかあさんは、おこらないなーと思って
 おかあさんをえらんだんだ〜。」

「えらんだんだ〜」って。


下向きながら、おままごとしながら
「えっ!今!?」というタイミングで
ポロっっと子どもは話してくれます。

いろんなことを。

子どもたちは、あまりにも自然に
知ったようなことを話すので

妄想を話しているのか、胎内記憶を話しているのか
作り話なのか、考えたことなのか
確かに分かりづらい・・。


今回は、
私の娘たちが胎内記憶を語ってくれる様子と
ピンとリンクしたので
「もしかしたら、今話してくれたのかもしれませんね。」
とお伝えしました。

これは、私の育児体験から来る
通訳の仕方なのかもしれませんね。


カウンセリングというより
そうやって、「物」だけでなく
「子どもの言葉」さえも拾いながら
親子の通訳をして

その家庭に最適な片づけプランを一緒に立てます。


もうじき誕生日を迎えるらしく
お姉さんになりたい欲がめきめき湧いていた子を見て

即興で、お絵かきグッズの場所も
お子さんと一緒に決められましたよ♪



毎回ライブですね!



お試しプランは、
私のお片づけサービスを初めて受けていただく時に
通っていただく、
一番最初のプランです。

その後、お昼休憩をはさんで
2時間の、片づけお試し体験。
合計4時間のサービスになっております。




annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png