annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」わくわく入門セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


2017年12月25日

039.gif『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』台湾語翻訳本 プレゼントします♪

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

今年、10月のはじめ

『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本』(かんき出版)の台湾語の翻訳本が手元に届きました!

原書はこれです↓

今手元に、翻訳本が7冊余っております。

そこで、
どなたかもらっていただけないかしら?と思いブログを書いてみました。


・台湾出身の方
・台湾人のお友達がいるよーという方
・今ちょうど台湾語の勉強をしているんです、という方
等々

興味がある方は、
お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
送料含め、無料にてプレゼントさせていただきます。



本は、こんな表紙です♪

20171225.jpg

「阿徳勒」の部分が、「アドラー」です。
(徳…ちょっと違う字だけど)

勇気整理術!
なんか、タイトルだけで勇気がわいてきそう(^^)/


20171225-2.jpg

[前言]とは、まえがきってことでしょうかね。

最不勉強自己的整理法 って!!!笑笑

この文字を読んだ時に、思わず吹き出してしまいました。


勉強のいらない、整理法なんですね〜。
確かにそうだと思いますよー。

断捨離も、ときめきの片づけも出版されていない時代に
アドラー心理学と日常の試行錯誤から生まれた方法です。

理論より、実践が先だったので、
片づけのプロを意識し始めてから、ようやく整理収納アドバイザー等の資格を取得し、数々の片づけ本を読み込み、整理収納の理論を織り交ぜて分かりやすくまとめてみました。


翻訳本は、台湾のアドラー心理学会理事の方からも推薦文を頂戴しました。
台湾で活躍中の整理師の方にも推薦をいただいております。

びっくり!

こんな風に広げていただき、とてもうれしいです!



丸山郁美オリジナルの「年間掃除スケジュール」だって、載っていましたよ。
日常生活でリアルに使っている表が、なんだか違って見えます。

20171225-4.jpg

私の肩書き、勇気づけホームオーガナイザーは
「給人勇気的居家整理師」と書かれていました。

へ〜〜!!おもしろいですね(*^▽^*)

20171225-5.jpg

台湾語はわからないけれど
なんとなーく、雰囲気が伝わります。


検索していたら、翻訳本の紹介動画まで発見しちゃいました。


どうか、7冊もあるので、もらってあげてくださいませ。
よろしくお願いいたします。


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美23:00 | Comment(0) | お知らせ・ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

039.gif何を残すか手放すか、基準はブレていい

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

今日はクリスマスイブ。
近所のおうちからは窓掃除の音が聞こえています。

我が家は大掃除という気合いの入った掃除をしなくなったので
心は普通の週末のよう〜。

焦りがなく、実家から送られてきたつきたてのお餅を食べながら
じわじわと年末感を味わっています♡


前回のブログで

心のある人は、
「1年着ない服は捨てる」という感情のない軸は、ブレてしまうと書きました。

この話をすると
セミナーにいらした方は、うんうんと強くうなづいてくださいます。



例えば、何かの本や情報媒体で
「1年着なかった服は捨てましょう!」と誰かが言っていたとします。

とても分かりやすいですよね!
言い切ってくれているし、1年だったら納得できます。

片づけが課題だと思っているあなたは
「わー、いい基準を知っちゃったわ〜。それで分ければいいんだー!」と、自分が軸を持てたような気がしてうきうきして片づけ始めます。



まずは、1枚服を手にとり
「これは、着てる。残そうっ。」

また、1枚手にとり
「これ、1年着てないわー。捨て!」

また、1枚手にとり
「うわ〜、この服懐かしいー。1年着てないわー、これも捨て!」

だんだんスピードアップしてきて
「1年着なかったら捨てるって基準、いいわ〜これー♪」とどんどん捨てる服が決まってきます。


波にのってきたところで、ふとこんな服が登場します。
「あ”。。これ、1年着てない〜。着てないわー。でも、好きなんだよねーこのデザイン。色。どーしよう〜、捨てるべきか、残すべきか・・でも〜やっぱり捨てられないわぁ・・・まぁ1着くらいルール破ってもいいよね〜。残しちゃおう♪♪」

すると、またこんな服が出てきます。
「おっとー、これも好きなのよ〜。あの場所に着ていった思い出の服だもの♡これも残しちゃおうかなー。」


そんなことをしているうちに
「1年着てない服は捨てる」という基準はどこへやら・・

次第に
「私って。。せっかく基準を持てたと思ったのにー、結局捨てられない服があって捨てきれなかった・・・」

「あ”ぁ、、やっぱり軸が持てない人間なんだぁ。ダメだなぁ私って。だから片づかないんだ。。。」



そんな思考に陥りがちになるのです。

いかがですか?
体験したことありませんか?


ここでの問題は、「1年着なかった服は捨てる」という基準を自分の外から持ってきたことにあります。

「使うvs使わない」で分ける。
「いるvsいらない」で分ける。も似ています。

そして、基準はブレない方がいいというあなたの価値観が生み出した結果でもあります。



基準は、ブレていいんです。

一貫性がなくてもいいんです。


基準にはめようとすればするほど、選択の自由度は減ります。

一貫性のない基準の方が、選択の自由度が高まります。
ルールを守れない時の自分にダメ出しする場面が減ります。


「勇気づけのお片づけ」は、自分の感情「快」「不快」が基準ですから
はじめは本当にこれで片づくのですか?
なんでもいいになっちゃいませんか?と言われることもあります。

毎日揺れる感情は、動くものなので(特に女性はね)
基準になり得ないと感じられるのも無理はありません。



しかし、
「自分を信じる」という面においては一貫性が保たれている基準でもあるのです。



誰かのルールを信じる基準。
自分を信じる基準。

どちらを選ぼうかと迷い、私は「より自分を好きになれる方」を選びました。


あなたは、どちらを選びますか?


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美14:08 | Comment(0) | 整理はこうやって考える! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

039.gifモノを片づけようとして片づかないなら、感情を片づけてみたらいい

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

昨日は、2017年最後の「勇気づけのお片づけ」入門&実践セミナーを開催しました♪
20171224.jpg

私は、(当たり前ですが)人間社会で生きているので
「モノを片づける」ことをしています。

けれど、昨日講座をしてみて
「モノ」はただそこにある自分の感情に気づくツールであり、日々感情に片をつけているだけなのだと改めて自覚しました。


モノは自分へメッセージをくれる仲間


だから、それをとっておくことも捨てることもどっちでもよいという感じなので、捨てることへの罪悪感がないのです。

(じゃぁどれだけゴミを出してもいいのか…って話はまた別です)


正直、片づけブームはもう飽きられているほど情報が飽和しています。
物質面での片づけは、いくらでも本があります。

もし、あなたが今まで片づけ本を読んでも
なぜか心が動かなくてやる気になれなかったのであれば

あなたが片づけたいのは「モノ」ではないからです。


モノを片づけようとする視点をやめてみたらどうでしょうか?
そろそろ。。

表面的に捨てても、そういう方はスッキリしたと同時に罪悪感や疲れも背負ってしまいます。

同じように捨ててみても、ただスッキリして軽くなる人と
罪悪感や疲れまで背負い込んでしまう人がいるのです。

キーワードは「感情」です。


これだけ「捨てたほうがいい」という情報があふれているのに
捨てられないあなたは、心のある人です。

「1年使わなかったら捨てる」という感情のない軸は、あなたの軸になり得ずにブレてしまうんです。

で、やっぱり私には軸がないわ〜…などと自分を責めてしまう。

それ、もったいないです。本気で。



素敵じゃないですか♪

心のある人って♡



「モノ」に注目するのではなくて
感情を片づける視点を持ってみたらいかがでしょうか?

自分の感情に、片づけで対処するんです。


大丈夫。
感情を片づけることは、感情を捨てることではありません。
感情を大切にする生き方です。


ということは・・・
感情を片づける視点を発信し続けてみたらどうかな?
そろそろ…ねぇ、丸山さん、ってことですね・・( 一一)


「サンタさん、私のところに来てくれるのであれば
『覚悟をする力』をぜひくださいー!」とお願いしたい〜〜。

こんな意思の弱い私ができてるのですから
「勇気づけのお片づけ」は効果があると思うのですけれど。



今日いらしたHさまは、
「片づけが本当に苦手で今までいろいろな本を読んではきたけれど、直接話を聴いてみようと思った人は初めてでした!」
と言ってくださいました。

Hさんが読んでくださったのは、『あなたのお部屋がイライラしないで片づく本(かんき出版)』です。
あなたのお部屋がイライラしないで片づく本 -
あなたのお部屋がイライラしないで片づく本 -

私が、効率だけを求める部屋を作るのではなく、心豊かに暮らす部屋を目指しているところに共感してくださったようです。

うれしいです。


効率のよい暮らしも必要ですが、効率の良さは時に自分にとって窮屈になることがあるので

効率のよい暮らし < 心豊かな暮らし

を目指しています。



自分の感情を大切にできるようになると
毎日が穏やかになりますよ(*^-^*)

ついでに、片づきます。


心を大切に、片づけの課題を解決したい方は

1月以降のスケジュールは年内に公開します♪


続きを読む
annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美13:06 | Comment(0) | 活動報告:講座・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

039.gif1〜2か月に1度、家じゅうの不用品集め

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

な〜んかスッキリしたいなぁと思った時
私は、玄関から一番遠い部屋から順番に、家じゅうをまわって卒業できるモノを集めます。


今回は、今までに何度も見直しては残し、見直しては残してきた、中学・高校時代の卒業文集を手放しました。

深い理由はなくて、
「あぁ、そろそろいいかな。」と思えたので、ポイっと。


私がモノを整理する時、泣きながら捨てることはないですね。
お客様と片づけをしても、涙を流しながら「私の執着よ、さらばっ!」みたいに捨てることはないです。

大笑いしながら涙流して捨てたことは何度もありますけれど(笑)


私にとって、片づけは自分を大切にする時間♡
自分を癒す時間です。

心をリセットして癒していく過程で、新しく心に傷を作っても意味ないと思うので、無理には捨てません。
「捨てる」ということに、さほどこだわりません。

大切に向き合いたいのは、自分の「感情」です。

泣きたいくらい大切なモノや、判断に迷うモノならば、次の見直しまでしっかり保管しておきます。



今回は30リットルのごみ袋ひとつ、卒業できるモノが集まりました!

20171217.jpg


定期的な見直しをしていると毎回不思議に思うのですが、つい1か月前までは手元に残しておきたかったモノにでも、ふと「まぁ、これはもういいや」と思う瞬間が訪れるんですよね。

意見も感情も、どんどん変わる。
片づけは、自分の成長や変化に気づける時間でもあります♪


家じゅうのモノの総量が管理できる量になっていて、モノの定位置が記憶にあれば、一気に家じゅうの整理ができます。
サラ〜っと、指差し確認していく程度なので、30分〜1時間くらいかな。

1〜2か月に1度くらい整理したい衝動に駆られるので、その衝動に素直になって時間を作ります。


あなたの見直しの頻度は、どのくらいでしょうか?



今回は、重要書類の見直しもしました。
(これまた衝動で・・なんとなくやりたくなったので)

クレジットカードの説明書や、銀行の書類や、何かのサービスのパスワードが書いてあるような大切なハガキを、私はこんなところに入れています。

20171217-3.jpg
確か、小学生の頃、どこかの牧場に出かけた時に買った飴が入っていた袋、だったような・・・(;´∀`)

モノ持ちがいいんです。おほほ・・。

なぜか子どもの頃から手元にあるモノってありませんか?

特別高いモノでもオシャレなモノでもないのに、なぜか持っているもの。
こういうモノにその人らしさが出るなぁと、おもしろさを感じます♪

(バターあめの袋を大事にとってある人の「らしさ」なんて言われても、よくわかんないかもしれませんけど 笑)



これで、今、我が家に不用品は「ゼロ」になりました!

整理をすると、なんだか心までニュートラルに戻る気がします(*^-^*)


annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美00:08 | Comment(0) | 丸山家 日々のお片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

039.gif一番よくばりな片づけ法

「勇気づけのお片づけ」提唱者の丸山郁美です。

・完璧に片づけなくてもいい
・一気に捨てられなくてもいい
・親が片づけられなくても、子どもに伝えることができる
・がんばらないのにスルスル片づく
・シンクに皿がたまっていたって自分を責めなくていい


「勇気づけのお片づけ」は、一番よくばりな片づけ法じゃないかと思います。

というのもね、きっと、私がよくばりだからです…(^^ゞ


自分を犠牲にして何かをするのは苦しいし
かといって、誰かのために生きる人でもありたい。


その中間の、お互いにとって幸せであるレベルを探したい。



動画作成は、原賀 翠さんが行ってくださいました♡
インタビュアーは、土田 奈美枝さんです!


どうぞご覧ください♪

子育てママ向けイベント用に撮影したものなので

ママ対象に話しています(*^^*)



annai-kouza.jpg

yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」入門セミナー(1回完結講座)
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」サクッと実践セミナー
yaji02_10b.gif「勇気づけのお片づけ」めきめき上達セミナー
yaji02_10b.gifコミュニケーションを学ぶELM勇気づけ講座(3回講座)
yaji02_10b.gif月1わたし時間☆ジブスキランチ会☆


mailmagazine-small.png
mail bottom.jpg
posted by 丸山郁美07:44 | Comment(0) | お知らせ・ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
Copyright (C)ジブンスキーライフ All Rights Reserved.
☆アドラー心理学超解説☆↓
平本さん10DAYS.png

リビングくらしナビ サイトにて
主婦腕記事、掲載↓
shufu-1-bn_315-86.jpg


<片づけ関連リンク>
japo-logo-small.JPG

okatadukewomanabu.png